妙本寺の桜と海棠について

妙本寺の桜と海棠は、総門付近、本堂、祖師堂の前に多くあります。今回妙本寺を訪れた時は、桜と海棠が満開の時期で、結婚式をあげられたカップルが、祖師堂の前で記念撮影をしていました。桜と海棠が咲く季節に、妙本寺の歴史ある巨大な祖師堂前での記念撮影は、良き想い出になりそうな雰囲気が漂っていました。妙本寺の拝観料、拝観時間、ご利益、見所については、以下のページで解説しています。

関連記事:妙本寺の拝観料、拝観時間、ご利益、見所について

総門付近の桜

総門付近の桜

総門付近の桜

総門付近の桜

総門付近の桜

妙本寺の総門前には、一本の桜があります。

本堂前の桜

本堂前の桜

本堂前の桜

万丈門の先にある本堂前にも綺麗な桜があります。

本堂前の三葉躑躅

本堂前の三葉躑躅

本堂には、鎌倉宮明月院などでもこの季節にみかける三葉躑躅が咲いていました。

祖師堂付近の桜

二天門

二天門

祖師堂前の桜

祖師堂前の桜

祖師堂前の桜

祖師堂前の桜

祖師堂前の桜

祖師堂前の桜

二天門をくぐり、桜が咲く祖師堂前へと進んでいきます。

祖師堂前の海棠

祖師堂

祖師堂

二天門の先に祖師堂があります。訪れた日は、満開の海棠の前で、結婚式の記念撮影が行われていました。

祖師堂前の桜

祖師堂前の海棠

祖師堂前の桜

祖師堂前の海棠

祖師堂前の桜

祖師堂前の海棠

祖師堂前の桜

祖師堂前の海棠

祖師堂前の桜

祖師堂前の海棠

祖師堂前の桜

祖師堂前の海棠

妙本寺の桜のご紹介は以上となります。妙本寺から八雲神社の前を通過して、鎌倉で苔寺として有名な妙法寺へと向いたいと思います。途中、とても綺麗な桃の花が咲いていたので、撮影してみました。

妙本寺から、八雲神社の途中で見つけた桃の花

妙本寺から、八雲神社の途中で見つけた桃の花

妙本寺から、八雲神社の途中で見つけた桃の花

妙本寺から、八雲神社の途中で見つけた桃の花

鎌倉桜散策おすすめコース

鎌倉にあるお寺や神社は、朝8時か9時に開園し、夕方17時前に門が閉められてしまう場所がほとんどです。鎌倉で桜を見ながら散策する際に、一日で全ての場所を巡るのは、とても大変です。二日間に分ければ、北鎌倉駅周辺から鎌倉駅周辺を巡るコースと、鎌倉駅周辺から長谷駅周辺を巡るコースに分けられるので、午前中の早い時間帯から行動すれば、以下の順序で、それぞれのお寺を巡ることができます。鎌倉でお寺や神社の桜を見ながら散策する際の参考情報としてご活用ください。

現在参照しているページのお寺や神社は、「青」色で網掛けしています。



桜に関する豆知識

知っておくと得をする?桜に関する豆知識をまとめてみました。

4月に遅く咲く桜の見分け方

4月に遅く咲く桜の見分け方

4月に遅く咲く桜の見分け方

桜は気温が高いと咲くのが早く、散るタイミングも早くなってしまいます。温暖化の影響で早いタイミングで咲く桜が増えてきていますが、4月に遅く咲く桜の見分け方についてまとめてみました。

4月に遅く咲く桜の見分け方

満開と散り時の桜の見分け方

満開と散り時の桜の見分け方

満開と散り時の桜の見分け方

満開のタイミングを迎えた桜と、散り時を迎えた桜には実は花びらの特徴に違いがあります。桜の花びらが舞う桜の下で花見をしたい場合は、以下の方法で桜を見つけるのがおすすめです。

満開と散り時の桜の見分け方

なぜお花見の花は桜なのか?

なぜお花見の花は桜なのか?

なぜお花見の花は桜なのか?

春に咲く花は、桜に限らず、様々な種類があります。お花見するのなら梅の花でもよいのでは?と思う事があります。なぜ花見は桜の花なのでしょうか?その答えをまとめてみました。

なぜお花見の花は桜なのか?

鎌倉で桜筏が見れる場所は?

鎌倉で桜筏が見れる場所

鎌倉で桜筏が見れる場所

桜筏とは、桜の花びらがイカダのように川を流れる姿の事を呼びます。鎌倉で桜筏を見るのにとてもおすすめのスポットが一箇所あります。その場所について、以下にまとめてみました。

鎌倉で桜筏が見れる場所

鎌倉で桜を見るのにおすすめなお寺と神社

重要文化財の三門前

重要文化財の三門前

鎌倉で桜が見頃となる3月末から4月の上旬にかけて、各お寺や神社へ実際に足を運び境内の様子を撮影してきました。各お寺の拝観料や拝観時間が確認できるように一覧でまとめています。鎌倉へお花見に出かける際に、参考情報としてお役立てください。

関連記事:鎌倉で桜を見るのにおすすめなお寺と神社