葉山でセレブ感に浸るデートをするなら一色海岸!その魅力を24個ご紹介!

神奈川県立近代美術館と、葉山しおさい公園の間にある一色海岸へと抜ける小道

神奈川県立近代美術館と、葉山しおさい公園の間にある一色海岸へと抜ける小道

湘南といえば、江ノ島、鎌倉、逗子の名前がまず最初にあがってきますが、葉山にある森戸海岸や一色海岸、長者ヶ崎もとってもおすすめです。

おすすめの理由は、私の中ではメジャーどころよりも、混雑していなくて空いていることです。

海の水も江ノ島や鎌倉などと比較すると、透き通っていて綺麗です。

逗子の海岸から森戸海岸を経由して一色海岸へと延びる国道207号線沿いには、古くからのお店や、新しいお洒落なカフェなども沢山あります。



国道207号線の様子

森戸海岸株式会社ラーの表札

森戸海岸株式会社ラーの表札

株式会社ラーの表札。もう18年ぐらい前だったと思うのですが、森戸海岸の近くにあるLAHがクラブのようなイベントスペースになっていた頃、葉山で一人暮らしをしていたのでよく遊びに行きました。今は不動産会社さん?になっているみたいですね。

森戸海岸のデニーズ

森戸海岸のデニーズ

森戸海岸のデニーズ

森戸海岸のデニーズ

森戸海岸のデニーズ。以前は、なぎさ橋にも逗子のデニーズがあり、逗子海岸前にロイヤルホストがありました。

葉山で一人暮らしをしていた時、店員さんに毎日夕飯を食べに来ているのを気が付かれるのが嫌だったので、この3店舗でローテーションしながら食べていました。

でも、森戸海岸と逗子のデニーズは、従業員さんがローテーションしていて、自分のローテーションにあわせて、結局従業員さんに毎日会ってしまう…っという、あまり意味をなさないことをやっていました。

「デニーズだから空いているだろう!」なんて思ったら大間違い。夏場はまずなかなか入れません。

国道207号線、途中にある「やじま酒店」

国道207号線、途中にある「やじま酒店」

国道207号線、途中にある「やじま酒店」。この辺一体は「矢島」という名字の方が沢山いらっしゃって、実はみなさん未だに「屋号」で呼び合ったりもするんですよ。

何で詳しいかというと、このあたりの矢島さんと一緒にお仕事をしていてお知り合いのためです。

この国道207号線、とっても細い道にも関わらず、路線バスも往来していますので渋滞します。

冬場はまだましな方なのですが、夏場は、国道134号線と国道207号線が交差するなぎさ橋付近は、いつも大渋滞です。特に海に日が沈む夕暮れ時は、まったく動かなくなることもありますので、お車の方は混むことを覚悟して訪れた方がよいです。

バスですと、逗子駅の22番乗り場で一色海岸方面行きになります。

一色海岸付近の駐車場

一色海岸付近のコインパーキング

一色海岸付近のコインパーキング


一色海岸付近には昔と比べてコインパーキングの数が増え、場所も広くなっています。夏場になると、フィット一台がギリギリ通れるぐらいの民家の間の道を通り、砂利の上に停められる駐車場も登場してきます。神奈川県立近代美術館の駐車場も利用できます。

ただ、メジャーな海水浴場と比較すると、駐車場の数は少ない方です。

もしもJR逗子駅、京急逗子駅からバスを利用して一色海岸に向かう場合は、こちらで詳しく解説しています

美しい一色海岸へと続く一本道

今回ご紹介する場所は、葉山御用邸のすぐ近くで、神奈川県立近代美術館と、葉山しおさい公園の間にある一色海岸へと抜ける小道です。

緑が生い茂る先には青い海が広がるこの通路は、きっと私だけでなくファンが多い場所ではないかと思います。

一色海岸へ抜ける道の入り口

一色海岸へ抜ける道の入り口

一色海岸へ抜ける道の入り口はこちら。コインパーキング前の道を挟んだカフェの隣にひっそりと入口があります。

一色海岸へ抜ける道の入り口

一色海岸へ抜ける道の入り口

道は海へ向かいずーっと奥に伸びています。

神奈川県立近代美術館と、葉山しおさい公園の間にある一色海岸へと抜ける小道

神奈川県立近代美術館と、葉山しおさい公園の間にある一色海岸へと抜ける小道

周りには緑が生い茂り、奥行がある通路の先には海が見える…最高のシュツエーションの場所です。

目の前に広がる一色海岸

目の前に広がる一色海岸

真っ直ぐ進むと目の前に海が現れます。ここでふっと気になるのが、こんな細くて海に続く道なのに交通標識が…。この標識一体なんだと思います?

このブログを読んでいただいた方で、一色海岸へ初めて足を運ばれる方、もしくは何度も行っていたけれどこの交通標識に気が付いていなかった方は、この場所を訪れた際に隣にいる彼女や彼氏、ご家族にクイズを出されても面白いかもしれないですね。

一色海岸の交通標識

一色海岸の交通標識

答えはこちら。「歩行者と自転車は、通行可能。」のマークでした。

一色海岸の美しい眺め

いよいよ一色海岸にたどり着きました。この日訪れた時は雲が多めだったのですが、それもまた魅力の一つ。一色海岸の素敵な海をご覧ください。

葉山一色海岸からの眺め

葉山一色海岸からの眺め

SUPで沖へ向かう彼の背中と見守る彼女の背中

SUPで沖へ向かう彼の背中と見守る彼女の背中

SUPで沖へ向かう彼の背中と見守る彼女の背中と波打ち際にカラス

SUPで沖へ向かう彼の背中と見守る彼女の背中と波打ち際にカラス

一色海岸の眺め

一色海岸の眺め

一色海岸の眺め

一色海岸の眺め

一色海岸を訪れたことがある人たちの主な声をインターネット上( インスタグラムのフォロワーなみなさんの声など)から収集して、ポイントを絞って箇条書きでまとめてみました。

一色海岸に足を運ぶ際に、参考にしていただければと思います。

一色海岸を訪れた人が語る24個の魅力

  • 皇族も散策する綺麗な海岸。
  • 遠浅で小さい子連れには最適の海水浴場。
  • 家族連れや大人なカップルが多くて素敵な場所。
  • 岩場で磯遊びも楽しめる。
  • 落ち着いて小さな子供を連れて家族で楽しめる海岸。
  • 海の家は陽が沈んだ後も営業していている。
  • 四季を通じて楽しめるところ。
  • 砂浜の美しさは逗子葉山で一番。
  • 静かで美しい砂浜。
  • 神奈川県立近代美術館葉山館、しおさい公園、葉山御用邸前まで続く海岸
  • 緑の芝生の先に遠浅ビーチが広がりすっごい綺麗。
  • 相模湾の水平線に富士山、江ノ島が絶景。
  • 駐車場の確保が困難な場合がある。
  • 警備が厳重なため?駅から離れているため?かなり空いていておすすめ。
  • 景色も良く、犬の散歩をしているとセレブな気分を味わえる。
  • ゴミが落ちていない綺麗な海岸。
  • 天皇陛下の御用邸が近くにあるため警備が厳重。
  • 「CNNが選ぶ世界100の海岸」に選ばれた一色海岸。
  • 夕暮れ時は砂浜がキラキラしてとってもおすすめ。
  • 夏場もいいけれど、冬場の空気が澄んだ日は伊豆半島や伊豆大島、富士山、江ノ島まで見えておすすめ。
  • 江ノ島や富士山まで見渡すことができる場所。
  • 夏場は海の家が4件ぐらいある砂浜の海水浴場。
  • 葉山でバーベーキューが出来る海岸

一色海岸の日の出・日没時刻

一色海岸の魅力を楽しむのであれば、日の出と夕暮れです。

本日の一色海岸の日の出と日没時刻をプログラムがピンポイントで自動計算して表示しています。情報は毎日更新されますので、「一色海岸の日の出や夕日を楽しみたいんだけれど、今日の日の出・日没時間は?」っと気になった方は、以下で毎日日没時間を正確に確認することができます。お出かけの際の情報としてお役立てください。

2017年12月14日: 日の出時刻 06:45 日没時刻 16:25

一色海岸スポット情報

一色海岸付近の地図

一色海岸付近のストリートビュー

一色海岸に訪れた際の食事は、秋谷にある海が見える穴場の地中海レストラン、プラージュ・スッドがおすすめです。

夏の時期は、一色海岸の海の家「Blue Moon」からの夕暮れデートがとっても幻想的でおすすめです。

逗子・葉山のデート・観光スポットに関する記事一覧

逗子・葉山のおすすめ人気ホテル

逗子マリーナの夕暮れ逗子、葉山は、セレブな雰囲気も漂うおしゃれな観光スポットです。綺麗なビーチでの海水浴からバーベキュー、現地の新鮮で美味しい魚介類の食事、海岸線のドライブなどカップルにも大人気のエリアです。遠方から逗子、葉山に訪れる際には、宿泊前提で訪れた方が満喫できます。人気の格安プランがついた逗子、葉山のおすすめホテルをご紹介いたします。