Instagramに無断転載された写真は通報で削除できました

本ブログの写真がインスタグラムに無断転載されました。

Google検索でヒットする記事の中には、「インスタグラムに通報しても、相手に通知がいかないので削除されない。」っとの記載がありますが、それは間違いです。ちゃんとインスタグラムは「違法な無断転載」と判断できる内容については、相手への連絡と削除対応を行ってくれます。

もしも、写真が無断でインスタグラムに投稿されていて、相手の投稿の削除を行いたい場合は以下の内容をご確認いただき、お試しください。

無断転載されていることが判明した経緯

インスタグラムのビジネスアカウントの「連絡する」ボタン

インスタグラムのビジネスアカウントの「連絡する」ボタン

私のインスタグラムは、個人アカウントからビジネスアカウントに切り替えているため、プロフィール欄に「連絡する」ボタンが付いています。ビジネスアカウントへの切り替えは、企業だからできるのでは無く、Facebookページを立ち上げている人であればどなたでも対応可能です。詳細な切替方法は、またいつか時間があったら記載します。

なんで個人なのにインスタグラムのビジネスアカウントにしているかというと、写真赤枠箇所の「連絡する」ボタンが欲しかったためです。

っというのも、ダイレクトメッセージに「金儲け?」やら「誘い?」みたいなおかしなメッセージが沢山来るので、メッセージを送信した相手に「未読」「既読」ステイタスも把握できない連絡手段が欲しいなっと思ったのがビジネスアカウントに切り替えた経緯です。※ちゃんとしたメッセージを送ってくれる方もいらっしゃるのですが、メッセージは1対1の非公開な対応になってしまうので、極力インスタグラムの公開ステイタス(投稿)でのやり取りを行っています。

この「連絡する」ボタンから、外部の方が「クレジット(写真右下に記載している私の写真を証明する記述)が外されて、インスタグラムに写真をアップされていますよ!」っとご連絡いただけたのが無断転載が判明した経緯です。

「連絡する」ボタンを付けておいてよかった…と思いました。



インスタグラムへの通報から削除までの経緯

ここからが本題。無断違法転用の連絡を受けて以下の方法が脳裏に浮かびあがりました。

  1. 相手のインスタグラムのコメント欄に警告する。
  2. 拡散力があるTwitterで無断転載されているインスタグラムのアカウントを広める。
  3. インスタグラムに通報して削除してもらう。

相手のインスタグラムのコメント欄に警告する

この方法は、相手が無断転載されている事に罪の意識がある場合は少しは効果があると思いますが、罪の意識が無い人に対してはまったくもって無効です。

っというのも、私の写真を違法に無断転載しているインスタグラムのアカウントは、私以外の写真も無断転載しているのが丸わかりなアカウントだったためです。

しかもクレジットが見えなくなるように、意図的に画像編集ソフトでトリミングしていたので(ありえない)。

ソーシャル(Twitter、Facebook等)で無断転載されているインスタグラムのアカウントを広める

この方法は、拡散はされるかもしれませんが、拡散されても最終的に無段転載の削除につながるか断定できないのと、例え無断転載されているアカウントであってもTwitterで拡散させるという行為は、どうも気が引けたので試みませんでした。

インスタグラムに通報して削除してもらう

本来あるべき姿はこの対応です。写真を堂々とインスタグラムに無断転載して投稿している人は、自身が悪いことをしているという意識が無い人、もしくは意識しているんだけど平然と対応している人がほとんどです。このような人に対して、直接本人に伝えたとしても削除はほとんど行わないと思います。

そんな時は、インスタグラムを運営している会社自体に通報して、会社側から無断転載している相手にコンタクトを行い削除させるのが一番有効な方法です。



インスタグラムへの通報の方法

以下の方法は、スマートフォンからも対応可能かもしれませんが、私はパソコンから対応を行ったのでパソコン操作時の内容について記載しています。

無断掲載された問題があるアカウントにアクセス

まずは普通にインスタグラムにアクセスを行います。パソコン版のインスタグラムは、画面最上部に「検索窓」がありますので、写真の無断転載を行っているアカウントを検索してアクセスします。

インスタグラムの検索窓

インスタグラムの検索窓

相手のインスタグラムのアカウントにアクセスしたら、以下赤枠の「・・・」部分をクリックします。

不正な無断転載を行っているアカウントにアクセス

不正な無断転載を行っているアカウントにアクセス

以下のウィンドウがポップアップで立ち上がりますので、「利用者を報告」をクリックします。

インスタグラム利用者を報告ウィンドウ

インスタグラム利用者を報告ウィンドウ

以下の画面が立ち上がりますので、「知的所有権」のリンクをクリックします。

「知的所有権」のリンクをクリック

「知的所有権」のリンクをクリック

知的所有権の画面が開きますので、今回の場合は無断で写真がインスタグラム上にアップされていることから、著作権侵害に該当するため、「詳しくは、著作権侵害の報告をご覧ください。」のリンクをクリックします。

「詳しくは、著作権侵害の報告をご覧ください。」のリンク

「詳しくは、著作権侵害の報告をご覧ください。」のリンク

すると以下のように著作権に関する一般的な考え方や、インスタグラムの方針が記載されている画面が立ち上がります。明らかに写真をインスタグラム上で無断転載されている場合は、赤枠で囲った「著作権侵害の申し立てを行うには、こちらのフォームに記入してください。」のリンク箇所をクリックします。

「著作権侵害の申し立てを行うには、こちらのフォームに記入してください。」のリンク箇所をクリック

「著作権侵害の申し立てを行うには、こちらのフォームに記入してください。」のリンク箇所をクリック

すると「著作権報告フォーム」画面が起動します。



著作権報告フォームの記載方法

著作権違反該当項目の選択

著作権違反を報告する項目にチェックを行う

著作権違反を報告する項目にチェックを行う


「著作権報告フォーム」画面が起動したら、まずは問題が該当する項目のラジオボタンにチェックを入れます。今回の場合は、写真の無段転載による著作権侵害に該当しますので、以下の項目にチェックが入っています。

  • 著作権の報告を進める。
  • 自分の著作権を侵害している可能性があるコンテンツを見つけた
  • ここをクリックして、著作権に関する報告の次のステップに進んでください。

連絡先情報の入力

連絡先情報を記入

連絡先情報を記入


続いて連絡先情報を記入します。画面上(当てはまる場合)となっている箇所は、必須では無く任意入力項目になりますので、未記入でも大丈夫です。

著作権所有者欄の入力

著作権所有者欄

著作権所有者欄


著作権所有者欄については、今回は著作権違反をされた写真の所有者自身の私が申告を行っているため、「自分」のラジオボタンにチェックを入れて、個人の場合は、自分自身の名前を入力します。

報告するコンテンツ欄の入力

報告するコンテンツ欄

報告するコンテンツ欄

報告するコンテンツタイプの選択

報告するコンテンツ欄については、著作権違反されている相手のインスタグラムの情報を入力する欄になります。報告するコンテンツのタイプのリストボックスを開くと以下の項目が出てきます。

  • 写真、動画
  • キャプション、コメント
  • アカウントのすべてのコンテンツ
  • ユーザーネーム
  • その他

報告するコンテンツのURLの入力

無断転載を行っている相手のインスタグラム投稿のURLを入力します。パソコンからですと、以下のように個別の投稿に対して固有のURLがあるので、著作権違に該当する投稿をブラウザで開いて、その際表示されるURLを入力します。

インスタグラム個別投稿のURL例(これはサンプルで私自身の投稿になります。)

https://www.instagram.com/p/BS6pUB4DHgY/?taken-by=baystylenet&hl=ja

「I want to report additional links (URLs) or broadcast IDs」箇所は、不正に無断転載を行っている投稿のURLが4つ以上ある場合などにチェックを入れると、申告用の入力フォームが開くので、問題事項を更に追記することができます。

コンテンツの報告理由を選択

コンテンツの報告理由を以下から選択します。

  • 写真、動画
  • このコンテンツは私の作品をコピーしている
  • このコンテンツに自分が含まれている
  • このコンテンツは私の名前を使用している
  • その他

自分の著作物欄の入力

自分の著作物欄の入力

自分の著作物欄の入力

自分の著作物に一番よく当てはまるのはどれですか?のリストボックスに以下の内容が含まれていますので、該当する項目を選択します。

  • 自分が撮影した写真
  • 自分が作成した動画
  • 自分が作成したロゴ
  • 自分が作成した作品
  • 自分の名前
  • 自分が作成したキャラクター
  • 自分が作成したソフトウェア
  • その他

そして一番重要なのが、「あなたの著作物が適法に掲載されている例を確認できる場所」の入力です。

例となるコンテンツがあるウェブサイト、Instagramアカウント、またはその他のウェブコンテンツへのリンク(URL)を入力することができます。著作コンテンツがオンラインではない場合、そのコンテンツの詳細を入力してください(例: 緑の野原にある黄色の花の写真)。

ここをシッカリと入力しないとインスタグラム側が著作権違反と認めてくれるのに、時間を要してしまいます。

私の場合は、元写真が掲載されている本ブログのURLと、該当ページの上から何番目の写真で、海に夕日が写っている写真というように具体的に記載しました。

そして最後に「同意する」のラジオボタンにチェックを入れると、「送信」ボタンが有効になりますので、電子著名欄に連絡先情報の氏名欄で入力した同じ名前を入力して「送信」ボタンをクリックしたら、インスタグラム側への通報は完了です。



著作権侵害報告後にやってくるインスタグラムからのメール

著作権侵害の申告が完了すると、申告時に入力したメールアドレス宛てに以下のメールがインスタグラムから送信されてきます。

著作権侵害報告後にやってくるインスタグラムからのメール

著作権侵害報告後にやってくるインスタグラムからのメール

このメールで注目するのは以下の文章。

Note that we regularly provide your contact information, including your name and email address, the name of your organization or client who owns the right in question, and/or the contents of your report to the person who posted the content you are reporting. You may wish to provide a professional or business email address for contact by users.

ポイントだけ記載すると、問題がある相手とコンタクトを取った結果をインスタグラム側が報告してくれるという内容になっています。



無断転載されている相手の投稿が削除された後の確認

そして、著作権侵害をされていたインスタグラムの削除完了後に、インスタグラム側から送信されてきたメールが以下になります。

インスタグラム側から送信されてきたメール

インスタグラム側から送信されてきたメール

シッカリ著作権侵害された相手の投稿削除が完了した旨、報告が送信されてきました。
ここで注目の文書は、以下の部分です。

If this content is reposted, please let us know by submitting a new claim:

もしコンテンツが再度掲載された場合は、再び私たちに連絡して!っという内容になります。

もしも不正利用の相手がアカウントを非公開状態にした場合の対処

非公開アカウントでも以下の方法で不正利用を確認することができます。

  1. 不正利用がされていないか確認用のアカウントを忍び込ませる。
  2. 不正利用している該当アカウントのフォロワーに知り合いがいれば調査報告させる。
  3. 不正利用者が公開ステイタスの間に、相手のフォロワーを確認し、数名とつながっておいてしまう。
  4. 既に確認用に忍び込ませている不正利用確認アカウントで検知する。

画像の著作権違反が発覚した場合、すぐに対処したいという気持ちが働きますが、通告後相手のアカウントが非公開状態になる確率が高いので、慌てずしばらく間を置いてる間に、気が付かれないように別アカウントで、相手の懐に入り込んでおいてしまうというのが4点目の方法です。

最後に

著作権侵害されていることを私に報告してくれた方、そしてインスタグラム側の問題あるコンテンツの削除対応の速さに感謝です。

大変ありがとうございました。

もし私と同じ問題に遭遇されている方がいらっしゃった場合に役立つよう、詳細にまとめてみました。

著作権問題の自己解決に困ったら、インターネットから簡単に無料相談できる法律の専門家の無料サポートサービスなどを活用するのも解決手段の一つかもしれません。

私の新着インスタグラムはこんな感じ。



Instagramに無断転載された写真は通報で削除できました” に対して 8 件のコメントがあります

  1. みか より:

    初めまして。
    インスタで無断転載されているのに気づき
    最初はコメント欄に削除依頼をお願いしたのですが返事貰えず。
    通報して削除して貰おうと色々調べていたら
    このブログに辿り着きました。
    質問なのですが連絡先として名前や住所、電話番号、アドレスを
    記入する欄がありますが相手に知らされると書かれています。
    必ず記入すべきなのでしょうか?
    こちらの連絡先だけ相手に知られるのは怖くて
    記入せずに送信したら502 Bad Gatewayとエラーが出ました。
    連絡先やその下の名前&署名の記入も全部されて削除依頼されましたか?
    私の場合、複数枚投稿の2枚目に無断転載されていて
    なかなか気づきにくいのですが
    お気に入りの写真が勝手に自分が撮ったかのように載せられていて悲しくて早く削除して欲しくてたまりません。
    夜遅くに長文失礼しました。

  2. baystyle より:

    はじめまして。

    私の場合、(あてはまる場合)以外の以下項目については全て正確に記入を行い削除依頼を行いました。

    1. 名前
    2. 住所
    3. 電話番号
    4. メールアドレス
    5. 権利者の名前(1番目と同様)
    6. 電子署名(1番目と同様)

    インスタグラム側の注釈を確認すると、法律で定められているという以下の内容があります。

    著作権侵害の申し立てを提出する場合、法律により、次の項目を記載する必要がある場合があります。

    連絡先情報(氏名、住所、電話番号)。通常、申立人の連絡先情報(氏名やメールアドレスなど)、権利所有者である所属団体やクライアントの名称、報告の内容を、報告対象となっているコンテンツを投稿した人に提供します。当事者同士で連絡を取る必要がある場合にそなえて、ビジネス用のメールアドレスを記載することをおすすめします。

    万が一、相手が「いやいや、これは私の写真」というように逆に異議申し立てをしてきた際には、当事者同士でのやりとりが発生するのかも?しれません。

    そうならないためにも、自分自身が撮影した写真(著作物)であることをインスタグラム経由で相手に伝達してもらう際にシッカリ根拠を示す必要があり、「自分の著作物欄」の入力がとても大切になってくるかと思います。

    私の場合、元写真にクレジット(写真の所有を示す本サイトのURLと名前)を入れておいたので(相手はクレジットを意図的に削除してインスタグラムにアップを行っていました)、削除依頼送信後、インスタグラム経由での通知により削除が実行されました。

    2枚目とはひどいですね。。。もし引き続きご不明な点などございましたら、お答えできる範囲になってしまいますがご遠慮なく、ご質問ください。

  3. みか より:

    お返事ありがとうございます。
    著作権の侵害の申し立てをする場合、
    法律によりこちらの連絡先を知らせるとの事ですが
    向こうの連絡先は教えてもらえないんですよね?
    なんだか一方的だし個人情報流失が怖くて
    まだ通報できてません。
    私が撮った写真はプロのサッカー選手なのですが
    今回の転載の通報にあたり肖像権は大丈夫かな?と
    心配になってきました。
    写真はトリミングされているので
    (または複数枚投稿で写真が大きくなっています)
    私の写真と向こうの写真を見比べたら明らかに無断転載だと分かります。
    写真に名前など入れていません。
    私はその写真を試合当日に撮ってインスタに載せましたが
    向こうは次の日に写真を複数枚で載せています。
    これだけで転載の証拠になるかどうか不安で。
    同じ試合で撮った写真を何枚かインスタに載せているので
    写真を詳しく見れば分かると思うんですけど
    (ISOとかシャッタースピードとか)
    インスタ側がそこまでしてくれるかどうか。
    もしも削除されなかったら個人情報が相手に知らされるだけで
    嫌だなと思ってしまいなかなか決断できません。

    1. baystyle より:

      ご返信遅くなりました。

      もしも削除されなかったら個人情報が相手に知らされるだけで
      嫌だなと思ってしまいなかなか決断できません。

      そうなんです。肝心なポイントが最後に記載いただいた上記の部分だと思っておりまして、個人情報部分については、”当事者同士で連絡を取る必要がある場合にそなえて”というインスタグラムの記載内容なので、無断転載された写真が確実に自分自身のものであると実証できるのであれば、本名等は伏せて(正確には偽って)申告しても、通報による削除はできるのではないかと思っております。

      また、やりとりはメールベースになってくる気もするので、連絡が取れるメールアドレスを記載すれば、あとの項目については正確に記載しなくてもやりとり自体には支障が出ない気もしております。

      確かにサッカー選手でどの人物か特定できるお写真だとした場合は、肖像権の問題が発生してきますね。

      ただ、これも推測なのですが、著作権違反の通知をしたところで、インスタグラム側は転載されている写真に人物が写っていて、その人物の肖像権についての使用許諾がなされているかについてまでは突っ込んでこないと思います。

      肖像権についてインスタグラム側が動くのは、そのサッカー選手本人(もしくは第三者…スイマセンここは曖昧です)が、該当写真に対して肖像権侵害の申告をしてきた場合のみな気がいたします。

      結論として、メールアドレスについては連絡が取れるものを記入して、あとの必須項目についてはダミーの状態でもやりとり自体には支障が無い気がしております。

      自身の個人情報を守り、かつ正当な通報手段として、第3者申し立てという手段もありそうなのですが、インスタグラムに記載があるやり方を少し確認したら、なんとなく手間がかかりそうな内容でした。。。

      推測の内容が多くなってしまい確実に削除までたどり着けるか未知な部分がありますが、いただいたコメントで私が感じた範囲でご回答を記させていただきました。

  4. みか より:

    肖像権の件も詳しく教えていただきありがとうございます。

    個人情報流失怖くてメルアド以外をダミー状態にした場合、スムーズに本人だと証明出来れば良いんですけど、私の写真にはクレジット入れていないので向こうが自分の写真だと言い張ってどうにもならない場合もあると思いますし。
    もしダミーバレたらと思うと危険にさらしてまで通報しなくてもよいのかな?って思ってしまいました。
    メールアドレスも売る世の中なので転載した相手に個人情報知られるのが怖いです。
    無断転載されて凄く悔しいですけどいつかは終わらせないといけないですし。

    無断転載しておいて鍵もかけないなんて複数枚投稿でバレないと思ってるんでしょうけど甘過ぎます。
    今後はブロックで対応します。

    このブログを見る前に転載されたページで報告する→不適切であるまで行ってその後は
    著作権侵害の申し立てになるのでその手前でキャンセルしたらありがとうございました。今後の参考にさせていただきます。
    みたいな表示が出たんです。
    それを何回か繰り返しちゃったんですけどそれだけじゃインスタ側は動いてくれないですよね。
    ちゃんと写真確認して私のコメント読んでくれたら転載してるってわかると思うんですけどこれで通報になってるかも不明ですし。

    写真も個人情報も自分で守らないといけないですね。

    1. baystyle より:

      いえいえ。推測ばかりのご回答で申し訳ございません。

      著作権侵害の申し立てになるのでその手前でキャンセルしたらありがとうございました。今後の参考にさせていただきます。みたいな表示が出たんです。それを何回か繰り返しちゃったんですけどそれだけじゃインスタ側は動いてくれないですよね。ちゃんと写真確認して私のコメント読んでくれたら転載してるってわかると思うんですけどこれで通報になってるかも不明ですし。

      そうですね。ソーシャル系のサービスって、世界中からアップされる毎日数えきれないほどの投稿をプログラムも駆使しながら限られたリソースで管理しなくてはならないので、インスタグラム側は通報かつ、自らの写真であることを確実に証明できないとなかなか動かないのが実情だと思います。

      写真も個人情報も自分で守らないといけないですね。

      最後にご記載いただいた上記の部分がまさに一番大切なところだと私も感じております。

      どんなに防衛したとしても、盗む人は盗むのと、一度インターネット上に流れた情報は、どんどん一人歩きをするので、万が一盗まれた際に「自分自身の写真であること」を第三者が見ても断定できる事が一番大切だと思います。

      • クレジットを入れる
      • 元画像を保持しておく(解像度が高い元データ、もしくはデジカメの場合はRAWデータがあるとベスト)

      この2点だけでも、万が一被害にあったとしても、元写真の所有者は自らであることを十分証明できるのではないかと思います。

  5. カトラス より:

    こんばんは
    当方も自分のページの画像が無断盗用されていると閲覧者の方から連絡があり、削除申請の方法を調べてこちらへ辿り着きました。
    こちらを参考にさせて頂き、おかげさまで申請受理から1時間15分で画像は削除されました。ありがとうございます。
    前でコメントされている方が、住所・氏名・電話番号・メールアドレスが盗用犯に伝わってしまう事を心配していらっしゃいますが、元画像が本当に申請者のものであることを示すために、これらの情報をインスタ側に提示することは避けられない模様です。
    但し、記入した情報が即、盗用犯に筒抜けになってしまう訳ではなく、運営が申請内容から明らかに盗用していると判定した場合、まず画像を削除してしまう様子です。
    併せて盗用犯に、不服があるならこちらから手続きしてくれと手続き方法を提示する模様です。
    ここで盗用犯が不服を申し立てて初めてメールアドレス等の情報が伝えられるのだと思われます。
    当方が以前YouTubeで著作権侵害の通知があり、動画が削除された際、通知には削除の申請者の名称のみ記載されていたので、インスタでも盗用犯宛に「○○さんから著作権侵害の通知があり、画像は削除しました。不服がある場合…」と通知が行くのだと思われます。
    なので、当方の場合、インスタの氏名記入欄に、本名でなくハンドルネームを記載しました。
    役職や所属欄も必須だったので、○○ブログ・○○のページ・管理人と記載しました。
    住所・電話番号は偽らずに記載しました。
    盗用された画像を含む元ページのURL
    画像直リンクのURL
    写メの元画像を添付しました。
    これで申請は受理され、本名を盗用犯に明かす事無く盗用画像は1時間15分後に削除されました。
    以上、ご参考までに…
    長文失礼しました。

    1. baystyle より:

      ご返信が遅くなってしまいゴメンナサイ。。。詳細にありがとうございます!!

      なるほど~そんな段取りなんですね。

      きっと困っている方がこの先も出てくると思うので、とっても参考になりました。

      ありがとうございますm(__)m

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です