東慶寺の桜について

一年を通じて、鎌倉の様々な季節の草花を楽しむことができる東慶寺では、本堂前のしだれ桜が有名です。しだれ桜が咲く季節の東慶寺の境内には、彼岸桜、八重桜、ウコン桜、金花茶、海棠、スズラン、白木蓮、三椏、ラッパ水仙などといった花も楽しむことができます。東慶寺の拝観料、拝観時間、ご利益、見所については、以下のページで詳しく解説しています。

関連記事:東慶寺の拝観料、拝観時間、ご利益、見所について

茶室「寒雲亭」前の桜

茶室「寒雲亭」前の桜

茶室「寒雲亭」前の桜

茶室「寒雲亭」前の桜

茶室「寒雲亭」前の桜

茶室「寒雲亭」前の桜

茶室「寒雲亭」前の桜

茶室「寒雲亭」前の桜

茶室「寒雲亭」前の桜

茶室「寒雲亭」前の桜

茶室「寒雲亭」前の桜

東慶寺の境内に入ってまず目に付くのが、茶室「寒雲亭」前のしだれ桜です。

茶室「寒雲亭」前の桜

茶室「寒雲亭」前の桜

茶室「寒雲亭」前の桜

茶室「寒雲亭」前の桜

少しアップ気味でも撮影してみました。

本堂前のしだれ桜と比較すると、ピンクの色が濃いのが特徴です。

苔生す屋根

苔生す屋根

茶室の前に来ると、いつもこの苔生す屋根が気になってしまいます。

本堂前の桜

本堂前の桜

本堂前の桜

本堂前の桜

本堂前の桜

こちらは本堂前のしだれ桜です。美しい宝形造の屋根がより一層美しく見えます。

立礼茶室「白蓮舎」の桜

立礼茶室「白蓮舎」の桜

立礼茶室「白蓮舎」の桜

立礼茶室「白蓮舎」の桜です。近づくことはできないので、遠くから桜を眺めています。

春の草花

東慶寺の春の草花

東慶寺の春の草花

東慶寺の春の草花

東慶寺の春の草花

東慶寺の春の草花

東慶寺の春の草花

東慶寺の春の草花

東慶寺の春の草花

東慶寺の境内では、桜以外の春の草花を楽しむことができます。

ミズゴケ

ミズゴケ

春の暖かい陽気に、ミズゴケも沢山芽を伸ばしていました。

東慶寺の桜のご紹介は以上となります。次は、東慶寺の直ぐ近くにある浄智寺の桜について、あわせてご紹介したいと思います。

関連記事:浄智寺の桜について

鎌倉桜散策おすすめコース

鎌倉にあるお寺や神社は、朝8時か9時に開園し、夕方17時前に門が閉められてしまう場所がほとんどです。鎌倉で桜を見ながら散策する際に、一日で全ての場所を巡るのは、とても大変です。二日間に分ければ、北鎌倉駅周辺から鎌倉駅周辺を巡るコースと、鎌倉駅周辺から長谷駅周辺を巡るコースに分けられるので、午前中の早い時間帯から行動すれば、以下の順序で、それぞれのお寺を巡ることができます。鎌倉でお寺や神社の桜を見ながら散策する際の参考情報としてご活用ください。

現在参照しているページのお寺や神社は、「青」色で網掛けしています。



桜に関する豆知識

知っておくと得をする?桜に関する豆知識をまとめてみました。

4月に遅く咲く桜の見分け方

4月に遅く咲く桜の見分け方

4月に遅く咲く桜の見分け方

桜は気温が高いと咲くのが早く、散るタイミングも早くなってしまいます。温暖化の影響で早いタイミングで咲く桜が増えてきていますが、4月に遅く咲く桜の見分け方についてまとめてみました。

4月に遅く咲く桜の見分け方

満開と散り時の桜の見分け方

満開と散り時の桜の見分け方

満開と散り時の桜の見分け方

満開のタイミングを迎えた桜と、散り時を迎えた桜には実は花びらの特徴に違いがあります。桜の花びらが舞う桜の下で花見をしたい場合は、以下の方法で桜を見つけるのがおすすめです。

満開と散り時の桜の見分け方

なぜお花見の花は桜なのか?

なぜお花見の花は桜なのか?

なぜお花見の花は桜なのか?

春に咲く花は、桜に限らず、様々な種類があります。お花見するのなら梅の花でもよいのでは?と思う事があります。なぜ花見は桜の花なのでしょうか?その答えをまとめてみました。

なぜお花見の花は桜なのか?

鎌倉で桜筏が見れる場所は?

鎌倉で桜筏が見れる場所

鎌倉で桜筏が見れる場所

桜筏とは、桜の花びらがイカダのように川を流れる姿の事を呼びます。鎌倉で桜筏を見るのにとてもおすすめのスポットが一箇所あります。その場所について、以下にまとめてみました。

鎌倉で桜筏が見れる場所

鎌倉で桜を見るのにおすすめなお寺と神社

重要文化財の三門前

重要文化財の三門前

鎌倉で桜が見頃となる3月末から4月の上旬にかけて、各お寺や神社へ実際に足を運び境内の様子を撮影してきました。各お寺の拝観料や拝観時間が確認できるように一覧でまとめています。鎌倉へお花見に出かける際に、参考情報としてお役立てください。

関連記事:鎌倉で桜を見るのにおすすめなお寺と神社