鎌倉で人気の絶景夕日スポット

鎌倉で夕日が綺麗に見えるインスタ映えする場所は、稲村ヶ崎、七里ヶ浜、鎌倉高校前駅、腰越海岸の4箇所です。由比ヶ浜の夕暮れも綺麗なのですが、東側の海のため、夕日が完全に沈むところまで見ることができません。鎌倉で夕日を見る場合は、稲村ヶ崎よりも西側の海がおすすめです。日没の時刻は、365日毎日変化するので、今日の鎌倉の夕暮れ時刻は何時か?を事前に把握して、デートプランを決めるのがおすすめです。本日の夕日情報とあわせて、鎌倉周辺からの綺麗な夕日スポットをご紹介していきます。鎌倉へ訪れる際に役立つ情報として、鎌倉へのアクセス方法、コインロッカー、サイクリングコース、駐車場について、以下のページでまとめています。



鎌倉の本日(2018年11月18日)の日没時間

本日の鎌倉の日没時間は以下の通りとなります。日没時間の前に鎌倉に訪れると、綺麗な夕日を眺めることができます。もちろん、晴れた日でなくては、夕日を眺めることはできませんので、お天気情報とあわせて、本日の日没時刻をチェックしてみてください。

2018年11月18日、本日の鎌倉の日没時刻は16:31です。本日、鎌倉の夕日を楽しむのであれば、この時間帯の前を目指して訪れるのがおすすめです。

鎌倉の夕日スポット

鎌倉の夕日スポットは、稲村ヶ崎から西側にある七里ヶ浜、鎌倉高校前駅、腰越海岸などが夕日のスポットとなります。夕暮れ時の国道134号線は、平日であってもとても混雑します。鎌倉で夕日を眺めたいと思う方は、日没時刻よりも早めに現地へ訪れるのがおすすめです。鎌倉の夕日スポットについて、実際に現地へ撮影に行った写真とあわせてご紹介いたします。

材木座海岸

材木座海岸からの夕暮れ

材木座海岸からの夕暮れ

鎌倉材木座海岸は、鎌倉にある海の中で、もっとも東側(逗子側)にある海です。潮が引いた干潮時には、鎌倉時代の港、和賀江島まで歩いて渡る事ができる面白い海岸でもあります。毎年7月1日から8月31日までは、海の家も設営されます。夏の季節は、太陽が沈む西側にある稲村ヶ崎に夕日が隠れてしまい日が沈むところまで確認することができませんが、秋から春先の夕暮れには、夕日を眺めることができます。材木座海岸で実際に撮影した夕日をご紹介いたします。

関連記事:材木座海岸の夕暮れの夕日

由比ヶ浜海水浴場

由比ヶ浜海水浴場の夕暮れの夕日

由比ヶ浜海水浴場の夕暮れの夕日

由比ヶ浜海水浴場は、鎌倉にある海で、材木座海岸稲村ヶ崎の間にある海です。鎌倉にある海の中では一番訪れる人の数が多く、夏の由比ヶ浜海水浴場海の家に訪れる人で賑わいます。夏の季節は、太陽が沈む西側にある稲村ヶ崎に夕日が隠れてしまい日が沈むところまで確認することができませんが、秋から春先の夕暮れには、夕日を眺めることができます。由比ヶ浜海水浴場で実際に撮影した夕日をご紹介いたします。

関連記事:由比ヶ浜海水浴場の夕暮れの夕日

稲村ヶ崎

稲村ケ崎から眺めた夕日と江ノ島

稲村ケ崎から眺めた夕日と江ノ島

稲村ヶ崎は、鎌倉で海岸線にある海岸では一番高台にあり、空気が澄んだ晴れた日には、富士山、江ノ島と綺麗な夕日を眺めることができる絶景スポットです。鎌倉の由比ヶ浜や材木座海岸と異なり、砂浜の幅が小さく、潮が満潮となるタイミングでは、場所によって砂浜が浸水し無くなってしまう場所もあります。日中の時間帯の海は、サーフィンを楽しむ人が数名いるぐらいです。夕暮れになると、三脚をカメラを持った人たちが稲村ヶ崎に集まりはじめます。

関連記事:稲村ヶ崎の夕暮れの夕日

七里ヶ浜

鎌倉七里ヶ浜からの夕日と江ノ島

鎌倉七里ヶ浜からの夕日と江ノ島

七里ヶ浜は、鎌倉にある海の中では、サーフィンで人気の海です。夕暮れになると、サンセットサーフィンを楽しむサーファーが平日でも多く訪れます。太陽が沈む夕暮れの西側には夕暮れの江ノ島や冬の季節であれば、富士山も眺めることができる場所です。鎌倉にある海の中では、稲村ヶ崎で夕日が隠れてしまう材木座海岸の夕暮れの夕日由比ヶ浜海水浴場の夕暮れの夕日よりも綺麗な夕日を眺めることができます。

関連記事:七里ヶ浜の夕暮れの夕日

鎌倉高校前駅

鎌倉高校前駅から撮影した日没後の夕焼け空

鎌倉高校前駅から撮影した日没後の夕焼け空

海外の観光客にも人気が高い鎌倉高校前駅は、平日でも夕暮れの時間帯になるととても多くの人々がやってくる場所です。江ノ電と鎌倉高校前駅のレトロな雰囲気、目の前を走り抜ける国道134号線の車、海と夕日が沈む先に見える江ノ島など、カメラを構えて写真を撮影するだけでも絵になる鎌倉高校前駅から撮影した夕暮れの夕日についてご紹介いたします。

関連記事:鎌倉高校前駅と踏切付近の夕日と夕焼け空

腰越海岸

腰越海岸からの夕暮れ

腰越海岸からの夕暮れ

腰越海岸は、鎌倉にある海の中では、もっとも西側にある海で、片瀬東浜海水浴場と隣り合う海です。太陽が沈む夕暮れの西側には夕暮れの江ノ島を見ることができます。ただし、目の前に江ノ島弁天橋があるため、富士山を見ることはできません。腰越海岸で見る夕日よりも、更に綺麗な夕日を眺めたい場合は、江ノ島の夕暮れの夕日鎌倉高校前駅の夕暮れの夕日七里ヶ浜の夕暮れの夕日の方がおすすめです。

関連記事:腰越海岸の夕暮れの夕日

秘密の夕日スポット

京都とは違う鎌倉の一番の魅力は、古都と綺麗な海がセットで楽しめるというところです。鎌倉のお寺には、ハイキングコースがセットになっている場所があり、お寺の拝観とあわせて高台からは綺麗な海、鎌倉の町並み、富士山や紅葉を眺めることができます。ただし綺麗な景色と引き換えに、かなり過酷な山道を登ることになるので、訪れる場合は転んでも脱げないスニーカーが必須となります。

こちらは、鎌倉にあるハイキングコースから撮影した鎌倉の町の夕暮れです。この場所からは、鎌倉の町並み、材木座海岸、由比ガ浜、晴れた日には富士山も眺めることができる絶景ポイントです。雲の切れ目から綺麗な天使の梯子、薄明光線がのびています。

でも、この場所を知る人は実はあまり多くありません。この日もこの絶景を独り占めしてしまいました。詳しくは、以下の鎌倉のハイキングコースページでご紹介しています。

鎌倉のハイキングコース

鎌倉のハイキングコース

鎌倉のハイキングコース

鎌倉には大きく分けて、天園ハイキングコース葛原岡・大仏ハイキングコース祇園山ハイキングコースの3つのハイキングコースが存在します。鎌倉はお寺や海が有名ですが、ハイキングコースも人気です。ハイキングというとちょっと楽しげな雰囲気がありますが、鎌倉のハイキングコースは、場所によってはかなり険しい山道が続くような場所があり、転んでも脱げないようなスニーカーが必須となってきます。また雨が降った翌日は、特に地面が滑りやすくなるので、梅雨の時期などはとても注意が必要です。それぞれのハイキングコースの主な魅力は以下の通りとなります。

関連記事:鎌倉のハイキングコースについて

以上が、鎌倉の夕日スポットのご紹介となります。続いて、鎌倉の隣にある逗子の夕日や夕暮れの様子についてご紹介いたします。

関連記事:逗子で人気の絶景夕日スポット

湘南エリアで人気の夕日スポット、江ノ島、鎌倉、逗子、葉山で撮影した夕日や夕暮れの様子については、以下のページでもご紹介しています。

湘南で人気の夕日スポット

湘南で人気の夕日スポットといえば、江ノ島、鎌倉、逗子、葉山のエリアになります。インスタグラムでもインスタ映えを狙った湘南の夕暮れの夕日を撮影した写真を沢山みかけます。湘南の海は、場所によって東側の入り江に位置しているところがあり、夕日が地平線に最後まで沈むところまで眺めることができない場所もあります。自ら足を運び撮影し、インスタグラムに投稿した情報をもとに、「えっ?こんな場所があったの?」と思うような穴場的な場所も交えながら、地元に住んでいる利点を生かしてまとめてみたいと思います。

関連記事:湘南で人気の夕日スポット

鎌倉の観光、デート情報

鎌倉の海の雰囲気や鎌倉の海の家、お寺、神社、レンタサイクル、ホテル情報などをまとめています。鎌倉について更に詳しく知りたい場合は、以下のページもあわせてご覧ください。

関連記事:鎌倉のおすすめ人気観光、デートスポット

鎌倉のホテル比較

鎌倉七里ヶ浜からの夕日と江ノ島

鎌倉観光の際に利用するのにおすすめのホテルは、JRだと藤沢駅、大船駅、鎌倉駅周辺。湘南モノレールだと、湘南深沢駅周辺。江ノ電だと腰越駅、七里ヶ浜駅、極楽寺駅、長谷駅、由比ヶ浜駅、和田塚駅周辺になります。それぞれの駅周辺にあるホテルを一覧にして比較できるようにしました。比較表では、それぞれの最寄駅からの徒歩時間、簡単な特徴、参考宿泊料金、じゃらん、楽天、エクスペディア、Yahoo!トラベル、JTB、ヨヤキュードットコム、一休の各宿泊施設への予約一覧へのURLを記載しています。参考価格は、行楽シーズン外での価格を参考情報として記載しています。初詣がある年末年始や、桜のお花見、あじさい、海水浴、紅葉シーズンなどは、ホテルの価格が高くなる傾向があります。あらかじめ前もって予約をすると安く済む場合や、希望する宿泊施設の予約がし易いので、鎌倉へ宿泊で旅行に訪れる際には、早めに予約をするのがおすすめです。

関連記事:鎌倉のホテル比較