鶴岡八幡宮深夜の初詣

鶴岡八幡宮、初詣の混雑状況

鶴岡八幡宮、初詣の混雑状況

鎌倉で初詣といえば鶴岡八幡宮。初詣だけでも約250万人もの人が訪れる人気の神社です。なぜ鶴岡八幡宮が人気なのか?というと、鶴岡八幡宮は、おみくじで凶を引いたとしても、凶を強運に変えてしまう強いパワーがある神社であることと、境内がとても広く、勝負運、仕事運、出世運、安産、縁結び、良縁、交通安全、商売繁盛、学業成就など様々な幅広いご利益が得られる神社であるという点です。



鶴岡八幡宮が空いている時間帯

「一年の計は元旦にあり」という言葉がある通り、毎年1日1日に初詣を行う人がとても多くいます。鶴岡八幡宮の1月1日の初詣は大混雑することで有名ですが、日の出前に初詣に行くと、参拝時に並ぶことなく初詣を行うことができます。

1日1日は、電車が24時間動いているので、日の出前に鶴岡八幡宮を参拝する事ができます。1日1日の鶴岡八幡宮周辺の日の出は、7時前になります。日の出前の4時30分ぐらいに、鶴岡八幡宮に訪れた際の様子をご紹介いたします。

鎌倉駅の混雑状況

日の出前の鎌倉駅は、都内から向う方面、横須賀方面から向う方面両方とも電車内は空いています。都内から向う下り線であっても、椅子に座れるぐらい空いています。

1月1日4時30分すぎのJR鎌倉駅の様子です。人の流れがあるぐらいの様子で、大混雑しているというような状況ではありません。

1月1日4時30分すぎのJR鎌倉駅の様子

1月1日4時30分すぎのJR鎌倉駅の様子

鎌倉駅周辺の交通規制

鎌倉駅周辺は、初詣の期間中、交通規制がされています。交通規制期間中は、鎌倉駅周辺から鶴岡八幡宮周辺は、歩行者天国状態になるため、車で近づくことができません。鶴岡八幡宮を訪れる際には、車ではなく電車やバス等の公共交通機関を利用するのがおすすめです。

交通規制中の鶴岡八幡宮周辺の様子

交通規制中の鶴岡八幡宮周辺の様子

交通規制中の鶴岡八幡宮周辺の様子

交通規制中の鶴岡八幡宮周辺の様子

初詣期間の鎌倉駅周辺の交通規制

  • 12月31日23時から1月1日17時まで
  • 1月3日9時から17時まで
交通規制中の鎌倉駅周辺の様子

交通規制中の鎌倉駅周辺の様子

交通規制中の鎌倉駅周辺の様子

交通規制中の鎌倉駅周辺の様子

交通規制中の鎌倉駅周辺の様子

交通規制中の鎌倉駅周辺の様子

鎌倉小町通りの様子

4時30分ぐらいの小町通りの様子

4時30分ぐらいの小町通りの様子

深夜や早朝に初詣に訪れた際に、小町通りはやっているの?と気になる方がいると思うので、4時30分ぐらいの小町通りの様子をご紹介いたします。

鎌倉駅方面からの小町通りの入口です。ルノアール、マクドナルド、ワタミ、不二家は営業しています。

小町通りの入口

小町通りの入口

小町通り商店街の店舗はほとんどが閉まっていますが、一部営業している店舗もあります。

早朝営業している小町通りの店舗

早朝営業している小町通りの店舗

早朝営業している小町通りの店舗

早朝営業している小町通りの店舗

早朝営業している小町通りの店舗

早朝営業している小町通りの店舗

鶴岡八幡宮付近に近くなると、屋台の数が増えてきます。

鶴岡八幡宮付近の屋台

鶴岡八幡宮付近の屋台

鶴岡八幡宮初詣の境内の様子

鶴岡八幡宮初詣の境内の様子

鶴岡八幡宮初詣の境内の様子

日の出前の鶴岡八幡宮境内の様子です。人の流れはありますが、参拝規制や参拝に行列ができているというような状態ではありません。

鶴岡八幡宮初詣の境内の様子

鶴岡八幡宮初詣の境内の様子

鶴岡八幡宮初詣の境内の様子

鶴岡八幡宮初詣の境内の様子

本殿前の御祈願受付所も比較的空いています。

鶴岡八幡宮初詣の境内の様子

鶴岡八幡宮初詣の境内の様子

本殿に向う石段も写真の通り、空いています。

鶴岡八幡宮初詣の境内の様子

鶴岡八幡宮初詣の境内の様子

鶴岡八幡宮初詣の境内の様子

鶴岡八幡宮初詣の境内の様子

本殿前になると、参拝の行列がありますが、並ぶほどの状況ではありません。本殿に向って右側よりも左側の方が混雑します。少しでも空いている方を狙うのであれば、右側に並ぶのがベストです。

初詣の鶴岡八幡宮本殿前

初詣の鶴岡八幡宮本殿前

参拝を終えると、新しいお守りを購入する人や、おみくじをする人で境内が賑わっています。本殿に向って左側にあるお守り売り場や、おみくじ売り場は混雑しているのですが、本殿に向って右側にあるお守り売り場や、おみくじ売り場は空いています。販売されているお守りやおみくじは同じなので、混雑を避けたい場合は、本殿参拝時から本殿に向って右側のポジションを取り、参拝が済んだらそのまま右に進むのが、少しでも混雑を避ける方法です。

本殿に向って左側は混雑している

本殿に向って左側は混雑している

本殿に向って左側は混雑している

本殿に向って左側は混雑している

本殿に向って右側は空いている

本殿に向って右側は空いている

本殿に向って右側は空いている

本殿に向って右側は空いている

鳩みくじで凶、大凶を引いてしまったら?

鶴岡八幡宮で人気の鳩みくじ

鶴岡八幡宮で人気の鳩みくじ

鶴岡八幡宮で人気の鳩みくじ。鳩みくじで凶、大凶を引いてしまった場合、木の枝などに結びつけるのでは無く、境内にある赤い箱に入れる必要があります。

鳩みくじで凶、大凶を引いてしまった場合

鳩みくじで凶、大凶を引いてしまった場合

境内にある赤い箱

境内にある赤い箱

鶴岡八幡宮は鎌倉の中で最も強いパワースポットです。凶、大凶を引いてしまったとしても、それを強運に変えてくれる場所でもあります。

鶴岡八幡宮の屋台

鶴岡八幡宮の屋台

鶴岡八幡宮の屋台

初詣期間中は、鶴岡八幡宮の境内には沢山の屋台が出ています。鶴岡八幡宮の初詣が出来る時間帯は、常に屋台も営業しています。

鶴岡八幡宮の屋台

鶴岡八幡宮の屋台

鶴岡八幡宮の屋台

鶴岡八幡宮の屋台

鶴岡八幡宮の屋台

鶴岡八幡宮の屋台

鶴岡八幡宮の歴史やご利益の詳細などについては、以下でご紹介しています。

関連記事:鶴岡八幡宮の詳細を確認する

鶴岡八幡宮とあわせて初詣ができる神社、お寺

鶴岡八幡宮の周辺にも神社やお寺があります。早朝の時間帯だと、初詣の参拝ができるところとできないところがあるので、注意が必要です。日の出前の早朝の時間帯で、鶴岡八幡宮とあわせて初詣ができる場所は以下の通りとなります。

荏柄天神社

荏柄天神社の初詣

荏柄天神社の初詣

荏柄天神社の初詣

荏柄天神社の初詣

日本三大天神の一つである荏柄天神社は、日の出前の早朝の時間帯でも初詣の参拝を行うことができます。特に受験を控えている学生さんは、鶴岡八幡宮とあわせて、荏柄天神社の初詣を行っておくのがおすすめです。

関連記事:荏柄天神社の詳細を確認する

鎌倉宮

鎌倉宮の初詣

鎌倉宮の初詣

鎌倉宮の初詣

鎌倉宮の初詣

入念に厄払いをしておきたいと思う方は、鎌倉宮もあわせて初詣に訪れるのがおすすめです。鎌倉宮は日の出前の早朝の時間帯でも、初詣の参拝ができます。

関連記事:鎌倉宮の詳細を確認する

覚園寺

覚園寺の初詣

覚園寺の初詣

覚園寺の初詣

覚園寺の初詣

個人的に鎌倉の中で一番好きなお寺、覚園寺です。覚園寺も日の出前の早朝の時間帯であっても初詣の参拝を行うことができます。日の出前の早朝や、深夜に鶴岡八幡宮から覚園寺へ向う際には、周囲の道がとても暗いので、女性一人だと少し不安になってしまうかもしれません。

また、覚園寺の有料拝観については、12月20日から1月7日までは、毎年休止となるので、覚園寺の有料拝観で訪れる際には注意が必要です。

関連記事:覚園寺の詳細を確認する

荏柄天神社、鎌倉宮、覚園寺は早朝であっても初詣の参拝を行う事ができたのですが、鎌倉最古のお寺である大好きな杉本寺や、鶴岡八幡宮から最も近い本覚寺は、入口が閉まっており、境内に入ることができませんでした。

鶴岡八幡宮関連情報

鶴岡八幡宮に関してまとめた記事になります。