雪の鶴岡八幡宮

雪が降る冬の鶴岡八幡宮の様子です。雪の日の鶴岡八幡宮はほとんど人がいない状態です。ただ中には雪化粧した鶴岡八幡宮を撮影しにきているカメラを持った人がチラホラといる状態でした。雪の日の鶴岡八幡宮は、雪が酷くなってきてしまうと、本殿前の階段が閉鎖されてしまいます。雪の日に鶴岡八幡宮を訪れる人の数は、1月1日初詣の深夜よりも少ない状態でした。

段葛

二の鳥居方面から見た段葛の様子です。ほとんど人も車も通っていない状態です。

二の鳥居方面から見た段葛の様子

二の鳥居方面から見た段葛の様子

三の鳥居方面から見た段葛の様子です。雪化粧した一本の道筋がとても綺麗でした。

三の鳥居方面から見た段葛の様子

三の鳥居方面から見た段葛の様子

鎌倉ではほとんど雪が積もることがないので、道行く車はとっても慎重に安全運転で走行していました。チェーンを付けた車はほとんど見かけなかったので、スタッドレスタイヤでは無く、ノーマルタイヤで走行しているのだと思います。

雪の日に走行する車

雪の日に走行する車

三の鳥居

こちらは雪降る三の鳥居の様子です。遠足に来ていた小学生の団体が一組いましたが、海外の観光客の姿はほとんどみかけませんでした。

雪降る三の鳥居の様子

雪降る三の鳥居の様子

普段車が渋滞している三の鳥居前は人も車もほとんどいない状態です。

普段車が渋滞している三の鳥居前は人も車もほとんどいない状態

普段車が渋滞している三の鳥居前は人も車もほとんどいない状態

参道

舞殿、本殿へと向う参道の様子です。晴れた日には沢山の人で賑わっている参道も、ほとんど人を見かけることはありませんでした。

舞殿、本殿へと向う参道の様子

舞殿、本殿へと向う参道の様子

舞殿、本殿へと向う参道の様子

舞殿、本殿へと向う参道の様子

舞殿、本殿へと向う参道の様子

舞殿、本殿へと向う参道の様子

舞殿、本殿へと向う参道の様子

舞殿、本殿へと向う参道の様子

舞殿、本殿へと向う参道の様子

舞殿、本殿へと向う参道の様子

太鼓橋

雪の日の太鼓橋です。人が立ち入ることができないので、雪が沢山積もりとっても綺麗でした。

太鼓橋

太鼓橋

太鼓橋

太鼓橋

源平池

雪降る日の源平池です。普段は水鳥や鳩が沢山元気に飛び回っている池も雪降る日は静まりかえっていました。

源平池

源平池

柳原神池

雪が降る日の柳原神池です。雪の日の鶴岡八幡宮は、木々の枝々に雪が降り積もる柳原神池が一番綺麗に感じました。

雪が降る日の柳原神池

雪が降る日の柳原神池

舞殿

雪降る鶴岡八幡宮の舞殿です。雪の鶴岡八幡宮はとても珍しいので、鶴岡八幡宮を訪れる人はほとんど雪降る本殿を撮影している状況でした。

雪降る中の舞殿

雪降る中の舞殿

雪降る中の舞殿もなかなか綺麗でした。

雪降る中の舞殿

雪降る中の舞殿

大石段

雪降る日に撮影した大石段です。まだこのタイミングでは、それほど雪が積もっていないので、まだ閉鎖されていませんが、この後閉鎖されてしまいます。

雪降る大石段

雪降る大石段

閉鎖された大石段

こちらは雪で閉鎖されてしまった大石段です。柵がかかってしまっているので、登ることができません。「大石段の上から、雪化粧した鎌倉の街がみたかったのに…」とあきらめて帰って行く人が多かったのですが、正面の大石段は閉鎖されていても、左右にある階段は閉鎖されていないような…と思って確認したところ、案の定、雪の日であっても本殿まで上ることができました。

閉鎖された大石段

閉鎖された大石段

大石段前の狛犬は、ほとんど雪で顔が見えない状態となってしまっていました。

大石段前の狛犬

大石段前の狛犬

大石段の向って左側にある階段から本殿まで登ってみました。人は私だけでした。

本殿前の様子

本殿前の様子

沢山の絵馬が雪降る風に揺れていました。

本殿前の絵馬

本殿前の絵馬

大石段上からの鎌倉の景色

本殿前の石階段上から見た雪の日の鎌倉の景色です。雪の日は綺麗な鎌倉が見れると思いきや、ほとんど何も景色は見えない状態でした。

大石段上からの鎌倉の景色

大石段上からの鎌倉の景色

晴れている日はとても綺麗に鎌倉の街並みを眺めることができます。

関連記事:初詣といえば鎌倉鶴岡八幡宮

本殿

雪の日の本殿です。雪の日であっても、鶴岡厄除大祈祷は開催されていました。

雪の日の鶴岡八幡宮本殿

雪の日の鶴岡八幡宮本殿

雪降る日の鶴岡八幡宮の本殿です。

雪の日の鶴岡八幡宮本殿

雪の日の鶴岡八幡宮本殿



鶴岡八幡宮関連情報

鶴岡八幡宮に関してまとめた記事になります。

鎌倉のお寺、神社

鎌倉覚園寺の水がめに反射するもみじの木

鎌倉の魅力といえば、今から800年以上前の鎌倉時代の雰囲気を残しつつ、綺麗な鎌倉の海や自然が楽しめるという点です。お寺の境内から海を眺められる場所は、日本国内の中でもなかなか無いのではないかと思います。鎌倉のお寺や神社といえば、鶴岡八幡宮高徳院(鎌倉大仏)長谷寺円覚寺建長寺などメジャーどころばかりが紹介されがちですが、おすすめという観点には、有名なメジャーどころ、古きよき鎌倉の歴史を心の底から感じられる場所。そして、京都とは違う鎌倉の一番の魅力は、古きよき歴史を感じながら、鎌倉由比ガ浜、材木座といった湘南の海を一望できるという景色の良さという3つの点に大きく分類されてきます。でもメジャーどころでないと、なかなか足を運んでみないとどこがよいのかが分からないというのが実情です。実際に鎌倉の各スポットへ足を運び、写真を撮影しながら、鎌倉にあるお寺や神社で感じた魅了について、以下のページで詳しくまとめています。

関連記事:鎌倉のお寺、神社どこが人気?おすすめ比較

鎌倉の観光、デート情報

鎌倉の海の雰囲気や鎌倉の海の家、お寺、神社、レンタサイクル、ホテル情報などをまとめています。鎌倉について更に詳しく知りたい場合は、以下のページもあわせてご覧ください。

関連記事:鎌倉のおすすめ人気観光、デートスポット

鎌倉のホテル比較

鎌倉七里ヶ浜からの夕日と江ノ島

鎌倉観光の際に利用するのにおすすめのホテルは、JRだと藤沢駅、大船駅、鎌倉駅周辺。湘南モノレールだと、湘南深沢駅周辺。江ノ電だと腰越駅、七里ヶ浜駅、極楽寺駅、長谷駅、由比ヶ浜駅、和田塚駅周辺になります。それぞれの駅周辺にあるホテルを一覧にして比較できるようにしました。比較表では、それぞれの最寄駅からの徒歩時間、簡単な特徴、参考宿泊料金、じゃらん、楽天、エクスペディア、Yahoo!トラベル、JTB、ヨヤキュードットコム、一休の各宿泊施設への予約一覧へのURLを記載しています。参考価格は、行楽シーズン外での価格を参考情報として記載しています。初詣がある年末年始や、桜のお花見、あじさい、海水浴、紅葉シーズンなどは、ホテルの価格が高くなる傾向があります。あらかじめ前もって予約をすると安く済む場合や、希望する宿泊施設の予約がし易いので、鎌倉へ宿泊で旅行に訪れる際には、早めに予約をするのがおすすめです。

関連記事:鎌倉のホテル比較