葛原岡神社の拝観料、拝観時間、ご利益、見所について

縁結び恋愛成就ならハート形の絵馬が特徴的な鎌倉葛原岡神社

縁結び恋愛成就ならハート形の絵馬が特徴的な鎌倉葛原岡神社

鎌倉駅と北鎌倉駅のちょうど中間地点にある葛原岡神社は、厄除け、縁結び、恋愛成就の神社です。源氏山公園内にある神社のため、鎌倉駅であっても、北鎌倉駅であっても過酷な上り坂を登らなくては到達できない場所にあります。たどりつくまでの道のりが過酷な分、祈願後の願いが叶いやすいのか、絵馬の数を見るとかなり多くの人々が訪れている神社でもあります。鎌倉のお寺巡りは、鎌倉駅のロッカーに荷物を預け、自転車をレンタルして巡ると、時間と体力の節約になり、おすすめです。鎌倉駅のロッカーと、レンタサイクルの情報については、以下のページで詳しくまとめています。



葛原岡神社とは

葛原岡神社は、後醍醐天皇の忠臣として、鎌倉幕府時代に活躍した日野俊基卿をお祀りする神社です。敷地内には、良縁を望む人々の願いを叶えるための御霊として、「男石」と「女石」があり、「縁結び石」として祀られています。「縁結び石」の背後には、願いに思いを込めたハート型の絵馬が沢山お供えされています。

葛原岡神社への行き方

葛原岡神社は、銭洗弁財天として有名な宇賀福神社のすぐ近くにあるため、行き方は宇賀福神社とほぼ同じです。

葛原岡神社への行き方は、大きく分けて以下の5つがあります。

  • 鎌倉駅西口から徒歩で向う。
  • 大船駅からバスで「源氏山入口」へ向い下車し徒歩で向う。
  • 鎌倉駅からタクシー(車)で向う。
  • 鎌倉の大仏(高徳院)から山道を経由して徒歩で向う。
  • 北鎌倉駅から山道(葛原岡ハイキングコース)を経由して徒歩で向う。

鎌倉駅西口から徒歩で向う行き方

鎌倉駅西口から徒歩で向うと30分ほどで到着できます。途中急な上り坂があるので、かなり疲れます。

大船駅からバスで「源氏山入口」へ向い下車し徒歩で向う行き方

バスで宇賀福神社へ直接行くことはできないため、最寄の「源氏山入口」バス停までバスで行き、その後徒歩で葛原岡神社へ向うルートです。「源氏山入口」行きのバスは、鎌倉駅からは出ていないため、大船駅東口にあるルミネ下のバスターミナルから「船50」のバスに乗車して向います。バスの本数は、平日は1時間に約3本、土日は1時間に約2本なので、事前に

鎌倉駅からタクシーで向う行き方

鎌倉駅から葛原岡神社へタクシーで向うと、交通状況にもよりますが大体10分ぐらいで到着できます。費用は2000円以下です。

鎌倉の大仏(高徳院)から山道を経由して徒歩で向う行き方

鎌倉の大仏(高徳院)から山道を経由して徒歩で向うルートです。山道はかなり過酷なので、足腰が弱い方は絶対に控えた方がよいルートです。所要時間は20分ほどになります。

北鎌倉駅から徒歩で向う行き方

もっとも過酷で時間がかかるルートです。北鎌倉の浄智寺の脇にある葛原岡ハイキングコースを抜けて源氏山公園を経由し、葛原岡神社へと向うルートがあります。山道は細くとても険しく滑りやすいため、自信がない方は控えた方がよいルートです。北鎌倉駅から葛原岡神社までは、徒歩で30分ほどかかります。

葛原岡神社の拝観時間

葛原岡神社の社務所は、9時から16時までとなります。源氏山公園内にある鳥居をくぐって、内部に入れるため拝観料金はありません。

葛原岡神社の見所

葛原岡神社の石鳥居

葛原岡神社の石鳥居

源氏山公園内にある葛原岡神社の石鳥居の横には、「魔去ル石」と呼ばれる幸せを勝ち取るための魔よけの石があります。

葛原岡神社の「魔去ル石」

葛原岡神社の「魔去ル石」

葛原岡神社の「魔去ル石」

葛原岡神社の「魔去ル石」

葛原岡神社の「魔去ル石」

葛原岡神社の「魔去ル石」

初穂料100円で、盃に願いを込めて石に向って投げつけるというものです。これと同じ方法で厄除けを行う場所としては、鎌倉宮の「厄割り石」があります。

境内には、池があり金魚が泳いでいたり、亀が甲羅干しをしたりとのどかな風景があります。縁結び石は、ちょうどこの池の前にあります。

甲羅干しをする亀

甲羅干しをする亀

表参道にある鳥居を越えて、境内の奥へと進むと別の鳥居が現れます。

境内の鳥居

境内の鳥居

更に奥へと進むと、本殿があります。本殿に向って右側に昇運の神龍があり、左側にご終焉(しゅうえん)の地碑があります。

葛原岡神社の本殿

葛原岡神社の本殿

本殿の周辺にも沢山のハート型をした絵馬がお供えされており、恋愛成就や縁結びのお参りで葛原岡神社を訪れる人が沢山いることが分かります。

次は化粧坂切通しを抜けて、海蔵寺に向いたいと思います。

化粧坂切通しを抜けて海蔵寺へ

化粧坂切通しの入口

化粧坂切通しの入口

鎌倉葛原岡神社から、海蔵寺へと向う際には、化粧坂切通しを抜けなくてはなりません。化粧坂とは鎌倉七口の一つで、鋭い岩肌が出ている急勾配な箇所が存在するので、足腰の悪い方やご年配の方は、通行は難しいと思います。実際私が訪れた時も、途中で立ち往生してしまい動かなくなってしまったご老人がいたため、手を差し伸べて補助をしながら下りました。

化粧坂切通しの入口

化粧坂切通しの入口

鎌倉は、化粧坂切通し近くにある葛原岡ハイキングコース天園ハイキングコースなどかなり険しい山道が数多く存在します。途中まで上り詰めたものの、引き返そうにも険しい道が続いて戻れなくなる場合もあるので、注意が必要です。

化粧坂切通しを抜けると、舗装されたアスファルトの道路になるため、楽に海蔵寺へと向うことができます。

拝観料

無し

拝観時間

9時から16時(社務所)

ご利益

恋愛成就、学問成就

鎌倉葛原岡神社のスポット情報

住所

〒247-0062 神奈川県鎌倉市山ノ内1157

電話

0467-45-9002

地図

ストリートビュー

鎌倉で合格祈願ができる神社、お寺の参拝順序

鎌倉で合格祈願なら成就院もおすすめ

鎌倉で合格祈願なら成就院もおすすめ

鎌倉で合格祈願ができるのは葛原岡神社以外にも、荏柄天神社、宝戒寺、鶴岡八幡宮、成就院があります。より合格祈願を念入りに行っておきたい場合は、全ての神社やお寺に参拝するのがおすすめです。ただ、鎌倉に土地勘が無いとなかなかどの順序で巡ってよいのかが把握できないと思います。そんな方のために、鎌倉で受験合格、合格祈願ができるパワースポットを巡る順序をご紹介いたします。

関連記事:鎌倉で受験合格、合格祈願ができるパワースポット巡り

葛原岡神社のご紹介は以上となります。次は、銭洗弁財天宇賀福神社についてご紹介いたします。
関連記事:銭洗弁財天宇賀福神社について



鎌倉のお寺、神社

鎌倉覚園寺の水がめに反射するもみじの木

鎌倉の魅力といえば、今から800年以上前の鎌倉時代の雰囲気を残しつつ、綺麗な鎌倉の海や自然が楽しめるという点です。お寺の境内から海を眺められる場所は、日本国内の中でもなかなか無いのではないかと思います。鎌倉のお寺や神社といえば、鶴岡八幡宮高徳院(鎌倉大仏)長谷寺円覚寺建長寺などメジャーどころばかりが紹介されがちですが、おすすめという観点には、有名なメジャーどころ、古きよき鎌倉の歴史を心の底から感じられる場所。そして、京都とは違う鎌倉の一番の魅力は、古きよき歴史を感じながら、鎌倉由比ガ浜、材木座といった湘南の海を一望できるという景色の良さという3つの点に大きく分類されてきます。でもメジャーどころでないと、なかなか足を運んでみないとどこがよいのかが分からないというのが実情です。実際に鎌倉の各スポットへ足を運び、写真を撮影しながら、鎌倉にあるお寺や神社で感じた魅了について、以下のページで詳しくまとめています。

関連記事:鎌倉のお寺、神社どこが人気?おすすめ比較

鎌倉の観光、デート情報

鎌倉の海の雰囲気や鎌倉の海の家、お寺、神社、レンタサイクル、ホテル情報などをまとめています。鎌倉について更に詳しく知りたい場合は、以下のページもあわせてご覧ください。

関連記事:鎌倉のおすすめ人気観光、デートスポット

鎌倉のホテル比較

鎌倉七里ヶ浜からの夕日と江ノ島

鎌倉観光の際に利用するのにおすすめのホテルは、JRだと藤沢駅、大船駅、鎌倉駅周辺。湘南モノレールだと、湘南深沢駅周辺。江ノ電だと腰越駅、七里ヶ浜駅、極楽寺駅、長谷駅、由比ヶ浜駅、和田塚駅周辺になります。それぞれの駅周辺にあるホテルを一覧にして比較できるようにしました。比較表では、それぞれの最寄駅からの徒歩時間、簡単な特徴、参考宿泊料金、じゃらん、楽天、エクスペディア、Yahoo!トラベル、JTB、ヨヤキュードットコム、一休の各宿泊施設への予約一覧へのURLを記載しています。参考価格は、行楽シーズン外での価格を参考情報として記載しています。初詣がある年末年始や、桜のお花見、あじさい、海水浴、紅葉シーズンなどは、ホテルの価格が高くなる傾向があります。あらかじめ前もって予約をすると安く済む場合や、希望する宿泊施設の予約がし易いので、鎌倉へ宿泊で旅行に訪れる際には、早めに予約をするのがおすすめです。

関連記事:鎌倉のホテル比較