横浜スカイクルーズ、上空からの眺め

横浜スカイクルーズの離陸から、着陸までの空の様子を撮影しました。横浜スカイクルーズは、ヘリコプターで、高度450~600メートルの高さから時速200km/hで横浜港内を周遊するクルージングです。離陸するとベイブリッジ方面へと向い、大黒埠頭方面、本牧方面、大桟橋、赤レンガ方面、みなとみらい上空、富士山方面など横浜港上空を旋回しながら、臨時ヘリポートへと戻ってくるコースになります。一番短い5分コースで予約してもかなり楽しめます。長い時間のプランで楽しむよりも、5分のコースで、夕暮れと夜景を楽しむコースに分けて搭乗した方が個人的には楽しめると思いました。横浜港上空の様子をご紹介いたします。

なお、横浜スカイクルーズのヘリコプターから綺麗に写真撮影を行う際には、ヘリコプターの窓に映りこむ余計な光を排除できる、忍者レフがあると便利です。空撮となってくると、頻繁に撮影するチャンスが無いと思うので、事前の備えは十分に行っておいた方が安心して撮影当日を迎えられます。忍者レフは、窓越しの夜景撮影時に威力を発揮します。忍者レフについては、以下のページにまとめています。

ヘリコプターからの空撮や夜景撮影に便利な忍者レフ

離陸

臨時ヘリポートを離陸したヘリコプター

臨時ヘリポートを離陸したヘリコプター

臨時ヘリポートを離陸したヘリコプターは、まずは横浜ベイブリッジ方面へと向っていきます。

離陸

離陸

離陸直後は、横浜港を航行する船が目の前に見えますが、高度が上昇していくにつれて、船がどんどん小さくなっていきます。

横浜ベイブリッジ方面

ベイブリッジ方面

ベイブリッジ方面

ベイブリッジ方面へと向いながらヘリコプターは高度を上げていきます。ヘリコプターは旋回しながら上昇していくので、なかなか真っ直ぐな写真は撮影できません。でもこの方が臨場感が伝わってよいかもしれません。

ベイブリッジ方面

ベイブリッジ方面

離陸してからあっという間にベイブリッジ上空へとやってきまいた。

ベイブリッジ上空

ベイブリッジ上空

横浜ベイブリッジの見所、行き方、夕暮れ、ライトアップ時間、夜景

横浜ベイブリッジの見所、行き方、夕暮れ、ライトアップ時間、夜景については、以下のページでご紹介しています。

大黒埠頭方面

大黒埠頭方面

大黒埠頭方面

ベイブリッジ上空からは、大黒埠頭方面へと旋回します。鶴見つばさ橋、大黒大橋、ベイブリッジ上空を旋回します。

大黒埠頭方面

大黒埠頭方面

普段車で走ることしかなかった首都高湾岸線が眼下にあります。

ヘリコプターの旋回

ヘリコプターの旋回

ここでグオッとヘリコプターが旋回し、本牧埠頭方面へと向きを変えます。

大黒大橋の行き方、夕暮れ、夜景

大黒埠頭にある大黒大橋の行き方、夕暮れ、夜景については、以下のページでご紹介しています。

本牧埠頭方面

本牧埠頭方面

本牧埠頭方面

本牧埠頭方面へと旋回したヘリコプターは、富士山と夕暮れが見える西側へと旋回していきながら、みなとみらい方面へと向きを変えます。

横浜マリンタワーの割引クーポン、見所、夕暮れ、夜景

横浜で本牧埠頭方面の景色を眺めるのであれば、横浜マリンタワーがおすすめです。横浜マリンタワーの割引クーポン、見所、夕暮れ、夜景については、以下のページでご紹介しています。

大さん橋、赤レンガ方面

大さん橋、赤レンガ方面

大さん橋、赤レンガ方面

普段、地上からしか眺めることが無かった大さん橋や赤レンガ倉庫が小さく見えます。

赤レンガ倉庫の見所、雨の日の様子、夜景、イルミネーション

赤レンガ倉庫の見所、雨の日の様子、夜景、イルミネーションについては、以下のページでご紹介しています。

横浜大さん橋の見所、夕暮れ、夜景

横浜大さん橋の見所、夜景については、以下のページでご紹介しています。

みなとみらい上空

みなとみらい上空

みなとみらい上空

そして、みなとみらい上空へ。

みなとみらい上空

みなとみらい上空

横浜でランドマークタワーよりも高い場所に来たの、人生初です。

横浜ランドマークタワー展望台の割引クーポン、見所、クリスマスツリー、夕暮れ、夜景

横浜ランドマークタワー展望台の割引クーポン、見所、クリスマスツリー、夕暮れ、夜景については、以下のページでご紹介しています。

富士山方面

富士山側へ旋回するヘリコプター

富士山側へ旋回するヘリコプター

富士山側へ旋回するヘリコプター

富士山側へ旋回するヘリコプター

そして、富士山が見える夕暮れのみなとみらい方面へとヘリコプターが旋回します。

夕暮れの富士山とみなとみらいの夜景

夕暮れの富士山とみなとみらいの夜景

この時間帯は、日没直後でオレンジとブルーの空が混ざるマジックアワーと呼ばれる貴重な時間帯です。

夕暮れの富士山とみなとみらいの夜景

夕暮れの富士山とみなとみらいの夜景

刻々と空の色が変わっていく姿を楽しむことができる時間帯でもあります。

夕暮れの富士山とみなとみらいの夜景

夕暮れの富士山とみなとみらいの夜景

辺り一体が青く輝くブルーアワーと呼ばれる時間帯でもあります。

ブルーアワーを迎えた横浜上空

ブルーアワーを迎えた横浜上空

そしてヘリコプターは、富士山を正面に、横浜港上空から着陸態勢へと入っていきます。

夕暮れの横浜港上空から眺める富士山

夕暮れの横浜港上空から眺める富士山

横浜スカイクルーズで、一番のベストポジションは、正面に富士山とみなとみらいの街並みを見ることができるこの場所のような気がします。

夕暮れの横浜港上空

夕暮れの横浜港上空

夕暮れの横浜港上空

夕暮れの横浜港上空

夕暮れの横浜港上空

夕暮れの横浜港上空

夕暮れの横浜港上空

夕暮れの横浜港上空

ヘリコプターはじょしょに高度を下げ、着陸態勢へと入ります。

着陸

臨時ヘリポートへの着陸

臨時ヘリポートへの着陸

臨時ヘリポートへの着陸

臨時ヘリポートへの着陸

臨時ヘリポートへの着陸

臨時ヘリポートへの着陸

臨時ヘリポートへの着陸です。
いかがでしたか?横浜港上空からの景色。私は常にファインダー越しにしか見ていなかったので、肉眼で直接景色を確認するのを忘れてしまいました。。。

インスタ映え

横浜港上空からの写真は、インスタ映えする写真にもピッタリです。上空から撮影した写真をインスタグラムに投稿してみました。

横浜スカイクルーズのおすすめプラン

横浜スカイクルーズには、夕暮れのプランと、夜景のプランがあります。どちらのプランにしようか悩むかと思うのですが、夜景は空が曇っていたとしても見ることができる景色なので、空が晴れて雲が少ない日を狙ってフライトする場合は、夕暮れのプランの方がおすすめだと思います。夕暮れは一日の中でわずかな時間帯しかないのと、晴れて富士山が見える横浜の夕暮れは、夜景よりも貴重な時間帯だと思います。

そして、夕暮れプランの方が、夜景プランよりも料金が安く、一万円以下の料金でフライトできてしまいます。

横浜スカイクルーズの料金と予約については、以下のページでまとめています。

横浜スカイクルーズの料金と安い予約プラン

体験の流れ

横浜スカイクルーズ当日の流れは、事前予約確認、現地での受付、注意事項説明、救命胴衣の着用、クルージングへの出発、横浜上空から景色を眺めるという順番になってきます。それぞれの内容について、以下のページで順番に解説しています。



横浜スカイクルーズ関連情報