入場料が無料、500円、700円の日もある横浜ランドマークタワースカイガーデンの魅力20!

横浜はもちろん、東京、千葉までもが一望できてしまうランドマークタワーのスカイガーデンは、夕方から夜にかけて足を運ぶと、昼間の雰囲気とは異なり、夜景が広がる更に魅力的な空間を楽しむことができます。

実際に夕方から夜にかけて足を運んだ際に撮影したスカイガーデンからの景色をご紹介いたします。



スカイガーデンからの景色

日没前の西側の風景

日没前の西側の風景


日没前の西側の風景。冬の晴れた日には、遠くに富士山を眺めることもできます。夕日に照らされながら、昼から夜へと移っていく横浜の街の景色は、どこか妖艶さも漂う幻想的な雰囲気です。

インスタにも夕暮れの横浜の写真をアップしてみました。

マジックアワーに突入した横浜駅方面の景色

マジックアワーに突入した横浜駅方面の景色


マジックアワーに突入した横浜駅方面の景色。点々と灯り始めた横浜の街並みと、首都高速を流れる車のヘッドライト、テールランプの灯りがとっても綺麗に見える時間帯です。日が沈んだ日没から夜になるまえの数十分間は、マジックアワーと呼ばれ、薄明かりが残るとっても素敵な時間帯です。マジックアワーを狙って、写真撮影をされる方々も沢山展望台にはいます。

マジックアワーから更に夜の時間帯に突入してきたみなとみらい方面

マジックアワーから更に夜の時間帯に突入してきたみなとみらい方面


マジックアワーから更に夜の時間帯に突入してきたみなとみらい方面。まだ横浜メディアタワーや、ジャックモールの照明は点灯していません。みなとみらいのマンション群の灯りが点々と灯りはじめ、夜の横浜の街へと変化する直前の風景です。

横浜港から桜木町駅まで伸びる国道133号線の景色

横浜港から桜木町駅まで伸びる国道133号線の景色


横浜港から桜木町駅まで伸びる国道133号線の景色。長時間露光で車や船の光跡を撮影できるスポットです。この場所からは、遠くに横浜スタジアム、山下公園、氷川丸などの夜景も眺めることができます。

スカイガーデンからみなとみらいの夜景

スカイガーデンからみなとみらいの夜景


スカイガーデンからみなとみらいの夜景と言えば、コスモクロックが見えるこの場所ですね。コスモクロックを見ると、横浜博覧会(YOKOHAMA EXOTIC SHOWCASE ’89)で祖母と一緒に観覧車に乗った事を思い出します。私が幼少期に過ごした1970年代~80年代の横浜の姿とはまったく変わった景色になりました。

この場所からは、コスモクロックはもちろんのこと、遠くには横浜ベイブリッジや鶴見大橋も眺めることができます。横浜ベイブリッジは、日没後、毎20分から30分までの各々10分間、主塔の先端部約40メートルが青く輝きます。ちょうどこの写真は、ベイブリッジが青くライトアップされた時間帯を狙って撮影しました。鶴見大橋はグリーンにライトアップされています。

ちなみに、上記の写真を見た瞬間に、何曜日か分かった方はかなりの横浜通です。

スカイガーデンの内部

スカイガーデンの内部の写真

スカイガーデンの内部の写真


スカイガーデンの内部の写真です。展望フロアは360度巡回できるような作りになっています。写真を一眼レフなどで本格的に撮影する場合は、ミニ三脚を窓際に固定させて撮影することができます。窓ガラスに光がとっても反射しますので、コートや上着などで、周りの光が写り込まないようにガードする必要があります。また混雑時は、周りの観光客の方々の邪魔にならないように注意も必要です。

スカイカフェ専用ソファー

スカイカフェ専用ソファー


スカイカフェ専用ソファー。予約を入れると横浜の夜景を楽しみながらお酒を飲んだり、食事を楽しんだりすることもできます。ソファーがあるのは、西側の窓になりますので、海の夜景では無く、横浜の街の夜景を楽しむ席になります。

本日のスカイガーデンの日没時刻

スカイガーデンを訪れるなら、日没直前の夕方から夜にかけてのマジックアワーの時間帯に足を運ぶのがおすすめです。理由は、綺麗な夕日と、綺麗な夜景を同じ入場料で楽しむことができるからです。

以下は、本日のランドマークタワーからの日没時間をピンポイントで正確にプログラムに計算させた時間を示しています。日没時間の情報は、毎日プログラムが自動計算して表示しますので、「今日のランドマークタワーの日没時間は?」っと気になる方はいつでもチェックすることができます。

2017年12月17日 日没時刻 16:27

スカイガーデンの割引

ランドマークタワーの展望台スカイガーデン。通常時の入場料は大人1000円ですが、以下の場合は割引サービスを受けられる場合があります。

  • こどもの日は小学生以下が無料
  • 視界不良時は700円
  • 「横浜開港記念日特別割引」の日は500円
  • JAFに入会していると700円
  • みなとみらいカードの提示で500円

2回、3回とスカイガーデンを訪れる方は割引を利用した方がお得です。

スカイガーデンを訪れた人々の声20

  • 大人1000円の入場料がかかる。
  • こどもの日は小学生以下の入場料が無料。
  • 晴れた日は富士山、スカイツリー、東京タワーまで一望できる。
  • 冬の晴れた日なら秩父など遠くの山々も眺めることができる。
  • 日本最高速度(秒速12.5m)!高速エレベーターで273メートルの高さまで40秒で到着。
  • みなとみらい側の夜景がとっても綺麗。
  • ゆっくりと街並みを眺めながらの珈琲が美味しい。
  • 夕方から夜にかけての夜景がロマンチック。
  • 富士山、都心、羽田空港など360度見渡せることができる。
  • 天気が良ければ羽田空港を離陸する飛行機も見える。
  • 視界不良時は入場料の割引がある。
  • デートスポットとしておすすめの場所。
  • JAFに入会していると入場料が1000円から700円に割引になる。
  • みなとみらいカードを持っていれば半額で入場可能。ランドマークプラザ内のポイントカウンターですぐに発行できる。
  • 「横浜開港記念日特別割引」の日は入場料が半額の500円になる。
  • 視界不良時は入場料が700円になり、ワンドリンクサービスも付いてくる。
  • 入場料と飲み放題付きで2000円のイベントをやっていることもあった。
  • 予約すればスカイデッキでゆっくりとソファーに座りながらお酒が飲める。
  • 展望フロアーには、喫茶店や自販機もあるのでゆったりと過ごすことができる。

横浜スカイガーデンスポット情報

住所

〒220-0012 神奈川県横浜市西区みなとみらい2−1−1

電話

045-222-5030

営業時間

10:00~21:00

横浜ランドマークタワー付近の地図

横浜ランドマークタワー付近のストリートビュー

みなとみらいのおすすめデートスポットを確認する

鎌倉、みなとみらい横断デートおすすめ観光スポットを確認する

みなとみらい周辺の海が見える格安ホテルプラン

横浜のデート・観光スポットに関する記事一覧

シリウスはみなとみらいでクリスマスやデートでおすすめのレストラン みなとみらいでクリスマスツリーとイルミネーションが見れる場所 ムード満点、みなとみらいのキス、愛の告白スポット 台風一過の夕暮れとトランスバースライン クイーンズスクエア横浜はショッピングとグルメが中心のスポット 大黒大橋からのみなとみらいの夕暮れと夜景 横浜ベイブリッジへの行き方と夕暮れ、夜景ライトアップ みなとみらいのオブジェ、モクモクワクワクヨコハマヨーヨーの夜景とインスタの反応 みなとみらいの夜景が綺麗な日没時間を毎日配信中 海が見えるホテルビスタプレミオ横浜はジムが無料!格安プランのご紹介 山下公園だけじゃない臨港パークは夜景デートスポット みなとみらいで海が見えるおすすめ格安ホテル 大人な夜のみなとみらいデートスポットめぐり LOVE AFFAIR 秘密のデート、横浜不倫デート場所をイメージ再現 入場料が無料、500円、700円の日もある横浜ランドマークタワースカイガーデンの魅力20! 横浜ランドマークタワーを訪れた人の声30!観光で訪れるなら夕方から夜の展望がおすすめ! 日本丸の29枚の帆は一年に12回広げられます。その日時とは? 赤レンガ倉庫の魅力30個!観光、デート、一人散歩にもおすすめ。 海岸通り四丁目付近から捉えたランドマークタワー、夜景撮影に三脚は不要! 万国橋の夜景は一生の思い出に残るみなとみらいのおすすめデートスポット 横浜関内馬車道のアクアリウムバー「18BAR」は朝まで飲めてカラオケができる貴重なスポット デートで訪れたい像の鼻パーククリスマスイブの絶景夜景! メロウクラブ (Bar Mellow Club)関内で30年以上の歴史を持つ港町横浜を感じる老舗バー ディープブルー横浜は、デート、一人飲みにもおすすめのレストランバー デートで横浜の歴史を知るなら横浜市開港記念会館 横浜大さん橋はインスタにおすすめなサイバー空間! 夜景デートにおすすめNo.1横浜大さん橋からの夜景が超絶美しすぎる!

海が見えるみなとみらいのおすすめ人気ホテル

みなとみらいで海が見えるおすすめ格安ホテルみなとみらいといえば、オーシャンビュー。みなとみらいへ宿泊で訪れるなら、海側のホテルで眺めがよい場所がおすすめです。デート、観光、ビジネスでの宿泊にも活用できるみなとみらい周辺でおすすめの格安プランがついたホテルをご紹介いたします

みなとみらいで人気のあるホテルの最新格安プランを確認する