ヘリコプターからの空撮や夜景撮影に便利な忍者レフ

横浜スカイクルーズで、横浜港の上空からヘリコプターからの空撮を行ってきました。実際に撮影してきた写真は、以下の「横浜スカイクルーズ、上空からの眺め」ページにまとめています。ちなみに私は単に趣味でカメラをやっているだけなので、写真の良し悪しについては、スルーでお願いいたします。

横浜スカイクルーズ、上空からの眺め

ヘリコプターからの空撮を行う際のベストなポジションと、撮影時にあると便利な忍者レフについてご紹介いたします。

横浜スカイクルーズのヘリコプターの紹介ページでヘリコプターの外観をご紹介していますが、横浜スカイクルーズのヘリコプターの窓の形状は以下の通りとなります。

ヘリコプターの窓の形状

フロント側の窓の形状

フロント側の窓の形状

フロント側の窓の形状

フロントサイド側の窓の形状

フロント側の窓の形状

フロントサイド側の窓の形状

リア側の窓の形状

リア側の窓の形状

普段一眼レフで撮影している人はお気づきかと思いますが、フロントサイドの窓は窓枠が邪魔をしてしまい撮影には使えません。一眼レフカメラで撮影に適しているのは、フロントであれば正面。リア側の席だとサイドの窓になります。横浜スカイクルーズのヘリコプターは5人乗りになります。カップルが二人組みで来るケースが多いので、二人組みが後ろのリアシートに座り、一人で予約した際には、操縦席の隣の助手席となってきます。後ろのリア側の席となる場合は、窓側の席で無いと一眼レフでの撮影は難しいのと、フロントの助手席だとサイドの窓は、窓枠が邪魔をして撮影できないので、前を向いてフロントの窓越しに撮影を行うことになります。

フロント窓からの撮影

一人で横浜スカイクルーズに予約をすると、ほぼ100%の確立で操縦席隣の助手席となってきます。リア側と比較すると、場所が広く前方の視界がとてもよいので、撮影はフロント側の方が、リアサイドの窓よりも撮影し易いと個人的には感じました。ただし、フロントはレンズを上に向けすぎたり、ヘリコプターの旋回のタイミングによっては、プロペラが写りこんできてしまいます。実際にヘリコプターのプロペラが写りこんでしまった写真も掲載しておきます。

ヘリコプターのプロペラの映り込み

ヘリコプターのプロペラの映り込み

ヘリコプターのプロペラの映り込み

ヘリコプターのプロペラの映り込み

また、ヘリコプターの向きによっては、光が窓に反射してしまうため、忍者レフを持参しておいた方が綺麗な写真が撮影できる確立が高まります。

忍者レフ

忍者レフは、夜景や水族館の水槽、窓越しに外の景色を撮影する際に、窓の反射を排除して外の景色を撮影することができる撮影アイテムです。特にヘリコプターのフロント窓から外の景色を撮影する際には、窓に光が反射するので、忍者レフを利用した方が綺麗に外の景色を撮影することができます。忍者レフには、通常タイプ(開平時:50cm、収納時:20cm)とミニタイプ(開平時:35cm、収納時:12cm)の2種類があります。機内で使用する際には、忍者レフミニで十分対応できますが、ランドマークタワー展望台からの夜景撮影などにも忍者レフを利用したいという場合は、通常の忍者レフにしておいた方が、窓の光の映り込みが排除し易く便利です。また、一眼レフカメラではなく、コンパクトカメラで忍者レフを利用する際には、忍者レフミニを利用します。

忍者レフを利用して撮影した景色

実際に忍者レフを利用して撮影した景色については、以下のページでまとめています。

横浜スカイクルーズ、上空からの眺め

体験の流れ

横浜スカイクルーズ当日の流れは、事前予約確認、現地での受付、注意事項説明、救命胴衣の着用、クルージングへの出発、横浜上空から景色を眺めるという順番になってきます。それぞれの内容について、以下のページで順番に解説しています。



横浜スカイクルーズ関連情報