鎌倉長勝寺は日蓮聖人と四天王像がある厄除け開運のお寺

鎌倉長勝寺は、日蓮聖人と四天王像が特徴的なお寺

鎌倉長勝寺は、日蓮聖人と四天王像が特徴的なお寺

鎌倉材木座にある長勝寺は、境内に日蓮聖人と四天王像が祀られたお寺です。観光で訪れるというよりは、参拝を主体に訪れるお寺というような印象を私は受けました。長勝寺の境内に入る際には、特に拝観料はありません。



長勝寺とは

長勝寺は、伊豆に配流されていた日蓮が鎌倉に戻った際に、この地にあった石井長勝の邸内に庵を結んだことが発祥とされています。創建は弘長3年(1263年)です。境内にある室町時代末期に造営されたと推定されている法華堂は、神奈川県指定の重要文化財になっています。毎年2月11日には、國祷会といわれる厳しい寒さの中で冷水を浴びる荒行が行われているお寺でもあります。

長勝寺への行き方

鎌倉長勝寺は、鎌倉駅から徒歩25分ぐらいの場所にあります。

徒歩での行き方

鎌倉駅から徒歩で25分ぐらいの場所にあります。最寄にある安国論寺からは、徒歩5分ほどの場所にあります。

バスでの行き方

鎌倉駅からはバスで6分ほどの場所にあるバス停、長勝寺で下車します。

長勝寺の見所

長勝寺の境内には、日蓮聖人と四天王像が祀られています。このあたり一体は、日蓮に縁のあるお寺が多く存在していて、苔寺として有名な妙法寺や、紅葉、サザンカ、カイドウ、妙法桜として有名な安国論寺なども、日蓮と深く関連があるお寺です。

日蓮聖人と四天王像

長勝寺の山門

長勝寺の山門


山門をくぐると左側に六地蔵が祀られており、正面に日蓮聖人と四天王像が見えてきます。四天王とは、仏教の世界観を示す際に祀られる4鬼神で、東に持国天、西に広目天、南に増長天、北に多聞天(毘沙門天)が配置されます。

長勝寺の六地蔵

長勝寺の六地蔵

仏教において重要な仏像が祀られる際には、その仏像を中心として、守護神が取り囲みます。鎌倉のお寺に祀られている仏像でそれが分かりやすいのが、覚園寺に祀られている薬師如来像です。

鎌倉に限らず、他の地域においても共通の配置で、仏像安置形式と呼ばれ、訳詩如来像であれば、中尊に薬師如来、左脇侍に日光菩薩、右脇侍に月光菩薩を配置した三尊形式となり、その周辺に十二神将が祀られます。

これは、中尊の薬師如来を昼と夜守るのが日光菩薩と月光菩薩の役目であり、365日守るのが十二神将の役目という意味合いがあります。仏像は、見た目の美しさとあわせて、その由来や配置の意味合いなども知ると、仏教の奥深さを知る事ができます。

彫刻家高村行雲作の日蓮聖人の銅像

彫刻家高村行雲作の日蓮聖人の銅像

彫刻家高村行雲作の日蓮聖人の銅像


日蓮の像は、長勝寺以外にも、妙法寺でも見ることができますが、リアルに再現された日蓮聖人ということであれば、長勝寺の像が一番似ている?のかもしれません。

大持国天王像とは

大持国天王像は東の方角を守る神

大持国天王像は東の方角を守る神


大持国天王像は東の方角を守る神です。右手に刀を持ち、仏敵を常に威嚇しています。

大広目天王像とは

大広目天王像とは西の方角を守る神

大広目天王像とは西の方角を守る神


大広目天王像とは西の方角を守る神です。左手に持った三鈷戟を邪鬼の上に付き立て仁王立ちする姿が象徴的です。

大増長天王像とは

大増長天王像とは南の方角を守る神

大増長天王像とは南の方角を守る神


大増長天王像とは南の方角を守る神です。左手に持った三鈷戟と、振りかざした右手で南方からの仏敵の侵入を許さんとしている勢いを感じます。

大毘沙門天王像とは

大毘沙門天王像とは北の方角を守る神

大毘沙門天王像とは北の方角を守る神


大毘沙門天王像とは北の方角を守る神です。日本において、四天王の一尊として造像安置される場合は、多聞天として表現される事が多いと思うのですが、長勝寺においては毘沙門天として祀られています。毘沙門天といえば、江戸時代以降は、勝負事に利益があるとされていますが、福の神としても崇められる存在です。

毘沙門天の前の六角堂

毘沙門天の前の六角堂


毘沙門天の前には六角堂があります。

本堂(帝釈堂)

長勝寺の本堂

長勝寺の本堂


日蓮聖人と四天王像の背後には、本堂である帝釈堂があります。

本師堂

長勝寺の本師堂

長勝寺の本師堂


本師堂の内部には、タイ国渡来金色釈迦尊像が祀られています。本師堂と法華堂の間には鐘があります。

法華堂

長勝寺の法華堂

長勝寺の法華堂


法華堂は、神奈川県指定の重要文化財にもなっており、普段内部に入ることができないのですが、この日は法華堂の内部に入ることができました。法華堂の入り口には、法華堂内部の仏殿から紅白の帯が伸びていて、参拝者の方々は、この帯を掴んでお参りをしたり、実際に法華堂の内部に入ってお参りをしていました。

次は少し距離がありますが、長勝寺と同じ材木座にある九品寺に向いたいと思います。

長勝寺のスポット情報

住所

神奈川県鎌倉市材木座2丁目12-17

電話

0467-25-4300

地図

ストリートビュー

鎌倉のお寺、神社の散策一覧マップ

デートや観光に役立つ鎌倉周辺のお寺、神社の一覧です。オレンジ色は北鎌倉周辺、青色は鎌倉駅周辺、緑色は長谷駅周辺、紫色は腰越駅周辺のお寺、神社になります。

紅葉時期、夏の海水浴シーズン、年末年始など鎌倉周辺の駐車場はとっても混雑します。駐車場渋滞にはまったり、駐車場待ちを避けるためにも、事前に駐車場の予約ができる駐車場シェアサービスのakippaや、軒先パーキングで、事前に予約してしまうのがおすすめです。

365日ハワイを愛する方へ

ハワイラブカード
ハワイラブカード(ゴールド)は、ハワイを365日愛する人のために誕生したハワイ専用のクレジットカードです。国内(84箇所)、ハワイ(38箇所)で利用できる特典プラス11種類の独自の特典がある他に、ハワイの140箇所もの店舗でJCBカードの特典も得られるハワイ旅行でもっとも利用価値があるおすすめのクレジットカードです。

ハワイラブカード(ゴールド)のお申込みはこちら

鎌倉のお寺・神社デート、観光めぐりに関する記事一覧

鎌倉のお寺・神社に関する記事一覧

鎌倉で絶対行きたい!報国寺は縁結びにおすすめなパワースポット 妙本寺は鎌倉で巨大な建造物と紅葉が楽しめるお寺 縁結び恋愛成就ならハート形の絵馬が特徴的な鎌倉葛原岡神社 鎌倉で受験合格祈願、就職成就なら荏柄天神社(日本三大天神) 浄光明寺は国の重要文化財、阿弥陀三尊像を拝観できるお寺 明王院は鎌倉で五大明王を拝観できる唯一のお寺 苔寺、妙法寺は鎌倉の自然豊かなパワースポット 八雲神社は富士山と鎌倉の海が一望できる絶景スポット 鎌倉安国論寺は紅葉、サザンカ、カイドウ、藤棚、妙法桜が見所 小動神社は江ノ島が一望できる隠れ穴場 鎌倉長勝寺は日蓮聖人と四天王像がある厄除け開運のお寺 鎌倉で人気の竹林といえば、報国寺だけでなく英勝寺もおすすめ 鎌倉満福寺は牛若丸源義経と縁があるお寺 光触寺は鎌倉の東側奥地にある静かなお寺 鎌倉九品寺の九品は上品、中品、下品と上生、中生、下生の意味 紅葉が美しい鎌倉覚園寺は、恋愛成就、病気や苦悩完治にご利益があるお寺 宝戒寺は聖德太子が祀られた美しい萩の寺 光則寺の手書き山野草、茶花マップがすごい 鎌倉海蔵寺は雰囲気がよい紅葉が綺麗なおすすめのお寺 寿福寺は日本で最初にお茶を飲む習慣を伝えたお寺 御霊神社は鎌倉江ノ島七福神面掛福禄寿がある江ノ電沿いの神社 浄妙寺は枯山水の庭でお茶が楽しめる休憩場所に最適なお寺 瑞泉寺は錦屏風のように美しい紅葉に囲まれる美しいお寺 極楽寺は駅前の赤いポストと山門の綺麗なアジサイが目印 室町時代に過去、現在、未来の神が祀られた浄智寺は禅宗発展の地 鎌倉最古の杉本寺は最も訪れるべきおすすめのお寺 鎌倉で離婚、離縁のお願いは東慶寺がおすすめ 鎌倉で就職、学業、良縁、子授かり、安産なら成就院 お正月は福娘とえびす様で商売繁盛祈願、鎌倉本覚寺 鎌倉宮の見所は厄払いと撫で身代わり 鎌倉安養院は、北条政子の法名が付いたお寺 お金を洗ってお金持ちになれる?鎌倉銭洗弁財天宇賀福神社 建長寺の見所は、法堂と半僧坊からの紅葉、鎌倉の海、富士山の景色 鎌倉の大仏(高徳院)のみどころや紅葉時期、おすすめ参拝時間 大仏のすぐ側にある長谷寺12の魅力!紅葉、アジサイ、ランチが楽しめるお寺 あじさい寺明月院、混雑を避けて空いてる7月に行ってみた状況 あじさいも咲く鎌倉円覚寺は坐禅ができる歴史あるお寺 鎌倉といえば鶴岡八幡宮。紅葉時期、御利益、魅力って何なの?

鎌倉でおすすめ人気のお寺、神社とおすすめコース

鎌倉由比ヶ浜の景色鎌倉は、鶴岡八幡宮鎌倉の大仏以外にもあじさい寺として有名な明月院苔寺として有名な妙法寺竹寺として有名な報国寺から、仏像マニアにおすすめな覚園寺など見所満載。秋には紅葉、梅雨には綺麗なアジサイの花が満開に咲く鎌倉の四季とおすすめのお寺、神社や参拝におすすめのコースをご紹介いたします。

鎌倉で人気のお寺、神社の一覧とおすすめコースを確認する

鎌倉のおすすめ人気ホテルの最新格安プラン

鎌倉由比ヶ浜の景色鎌倉は鶴岡八幡宮への参拝や、鎌倉の大仏由比ヶ浜、稲村ケ崎、七里ヶ浜などといった見どころ満載の人気観光スポット。遠方から鎌倉に訪れる際には、宿泊前提で訪れた方が満喫できます。デートや観光でカップルや家族連れにも人気の格安プランがついたおすすめホテルをご紹介いたします。

鎌倉で人気のあるホテルの最新格安プランを確認する