浄妙寺の拝観料、拝観時間、ご利益、見所について

浄妙寺は枯山水の庭でお茶が楽しめる休憩場所に最適なお寺

浄妙寺は枯山水の庭でお茶が楽しめる休憩場所に最適なお寺

浄妙寺は国道204号線をはさんで、竹寺で有名な報国寺のちょうど真向かいにあるお寺です。境内には茶室喜泉庵や、石釜ガーデンテラスが最寄に隣接しているので、鎌倉散策の休憩場所としても最適なお寺です。鎌倉のお寺巡りは、鎌倉駅のロッカーに荷物を預け、自転車をレンタルして巡ると、時間と体力の節約になり、おすすめです。鎌倉駅のロッカーと、レンタサイクルの情報については、以下のページで詳しくまとめています。



浄妙寺とは

浄妙寺は、文治4年、1188年に重臣足利義兼が、退耕行勇を開山として建立したお寺です。退耕行勇は源頼朝や北条政子が帰依した高僧です。浄妙寺は、鎌倉五山第5位にあたる禅宗のお寺です。室町時代には、境内に二十三の塔頭を持つ大寺院でした。本堂の奥にある鎌足稲荷神社は鎌倉の地名の由来にもなったとされている場所です。

鎌倉五山とは

鎌倉五山とは、臨済宗の寺院を格付けをする制度の事です。鎌倉幕府が任命した住職を順位付けされた寺に配置することで、コントロールさせるための組織管理の制度で、鎌倉五山の順位は以下の通りとなります。

浄妙寺への行き方

浄妙寺は鎌倉駅東口から徒歩で25分ぐらいの場所にあります。バスで向う場合は、鎌倉駅のバスロータリー(5番線)から乗車し、15分ほどの場所にある浄妙寺のバス停で下車し、徒歩5分ほどの場所にあります。

浄妙寺の拝観時間

浄妙寺の拝観時間は、9時から16時30分までです。拝観料は大人が100円で、小学生以下が50円です。

浄妙寺の見所

浄妙寺の山門を入ると、すぐ左側に受付があるので、参拝料を払うと浄妙寺の略記をもらえます。

浄妙寺の山門

浄妙寺の山門

浄妙寺の山門

浄妙寺の山門

山門をくぐると、左側に受付がります。

浄妙寺の受付

浄妙寺の受付

山門の前には、本堂へと参道が続きます。

本堂へ続く参道

本堂へ続く参道

参道の途中には、綺麗な草花を楽しむことができます。

浄妙寺の自然

浄妙寺の自然

浄妙寺の花塚

浄妙寺の花塚

訪れた日は11月上旬だったのですが、紅葉がだいぶ進んでいる木もありました。

浄妙寺の紅葉

浄妙寺の紅葉

本堂の上空には綺麗な秋の青空が広がります。

浄妙寺の秋晴れ空

浄妙寺の秋晴れ空

参道の突き当たりが本堂です。

浄妙寺の本堂

浄妙寺の本堂

本堂の左側に進むと、枯山水庭園の前に茶室喜泉庵があります。鎌倉散策の休憩場所としても活用できます。

茶室喜泉庵

茶室喜泉庵

茶室喜泉庵

茶室喜泉庵

茶室喜泉庵

茶室喜泉庵

枯山水庭園

枯山水庭園

周辺には綺麗なボタンの花が咲いていました。

浄妙寺のボタン

浄妙寺のボタン

枯山水庭園の脇にある階段を登ると、石釜ガーデンテラスがあります。

枯山水庭園の脇にある階段

枯山水庭園の脇にある階段

石釜ガーデンテラスでは、鎌倉で採れた新鮮な地野菜や、ガーデンテラスで育てたハーブ等をふんだんに使ったお料理を楽しむことができるので、ランチの時間を目指して訪れてみるのもおすすめです。

石釜ガーデンテラス

石釜ガーデンテラス

途中、足利直義の公墓へと続く道が出てきます。

足利直義の公墓へと続く道

足利直義の公墓へと続く道

道順に沿って進んでいくと、やぐらの中にある足利直義の公墓へとたどり着きます。

足利直義の公墓

足利直義の公墓

周辺の散策路からは、布張山が一望できる開けた場所へと抜ける道が出てきます。

浄妙寺の散策路

浄妙寺の散策路

散策路には季節の自然が生い茂っています。訪れた時は11月上旬のため、じょじょに鎌倉の紅葉が始まっていました。

布張山が一望できる開けた場所

布張山が一望できる開けた場所

空も秋晴れです。

散策路からの秋空

散策路からの秋空

浄妙寺から見た秋空

浄妙寺から見た秋空

ご利益

女性病気

浄妙寺のスポット情報

住所

神奈川県鎌倉市浄明寺3-8-31

電話

0467-22-0806

地図

浄妙寺のご紹介は以上となります。次は、報国寺(竹寺)についてご紹介いたします。
関連記事:報国寺(竹寺)について



鎌倉のお寺、神社

鎌倉覚園寺の水がめに反射するもみじの木

鎌倉の魅力といえば、今から800年以上前の鎌倉時代の雰囲気を残しつつ、綺麗な鎌倉の海や自然が楽しめるという点です。お寺の境内から海を眺められる場所は、日本国内の中でもなかなか無いのではないかと思います。鎌倉のお寺や神社といえば、鶴岡八幡宮高徳院(鎌倉大仏)長谷寺円覚寺建長寺などメジャーどころばかりが紹介されがちですが、おすすめという観点には、有名なメジャーどころ、古きよき鎌倉の歴史を心の底から感じられる場所。そして、京都とは違う鎌倉の一番の魅力は、古きよき歴史を感じながら、鎌倉由比ガ浜、材木座といった湘南の海を一望できるという景色の良さという3つの点に大きく分類されてきます。でもメジャーどころでないと、なかなか足を運んでみないとどこがよいのかが分からないというのが実情です。実際に鎌倉の各スポットへ足を運び、写真を撮影しながら、鎌倉にあるお寺や神社で感じた魅了について、以下のページで詳しくまとめています。

関連記事:鎌倉のお寺、神社どこが人気?おすすめ比較

鎌倉の観光、デート情報

鎌倉の海の雰囲気や鎌倉の海の家、お寺、神社、レンタサイクル、ホテル情報などをまとめています。鎌倉について更に詳しく知りたい場合は、以下のページもあわせてご覧ください。

関連記事:鎌倉のおすすめ人気観光、デートスポット

鎌倉のホテル比較

鎌倉七里ヶ浜からの夕日と江ノ島

鎌倉観光の際に利用するのにおすすめのホテルは、JRだと藤沢駅、大船駅、鎌倉駅周辺。湘南モノレールだと、湘南深沢駅周辺。江ノ電だと腰越駅、七里ヶ浜駅、極楽寺駅、長谷駅、由比ヶ浜駅、和田塚駅周辺になります。それぞれの駅周辺にあるホテルを一覧にして比較できるようにしました。比較表では、それぞれの最寄駅からの徒歩時間、簡単な特徴、参考宿泊料金、じゃらん、楽天、エクスペディア、Yahoo!トラベル、JTB、ヨヤキュードットコム、一休の各宿泊施設への予約一覧へのURLを記載しています。参考価格は、行楽シーズン外での価格を参考情報として記載しています。初詣がある年末年始や、桜のお花見、あじさい、海水浴、紅葉シーズンなどは、ホテルの価格が高くなる傾向があります。あらかじめ前もって予約をすると安く済む場合や、希望する宿泊施設の予約がし易いので、鎌倉へ宿泊で旅行に訪れる際には、早めに予約をするのがおすすめです。

関連記事:鎌倉のホテル比較