江の島で釣りといえば鳥江の島

鎌倉駅から徒歩でやってきた江の島の夕日

鎌倉駅から徒歩でやってきた江の島の夕日

江の島でインスタ映えする絶景夕日スポットは、穴場の鳥江の島です。波が高いと閉鎖されてしまう場所なのですが、波が穏やかな日は釣り人で多くの人たちが集まる場所です。江の島の中でも潮溜まりが浅いため、太陽の光がとても反射しやすく、夕暮れに訪れるとインスタ映えする綺麗な夕日が撮影できる場所でもあります。

14時に鎌倉を出発し、和田塚駅由比ヶ浜海水浴場極楽寺駅稲村ケ崎駅七里ヶ浜鎌倉高校前駅腰越の路面線エリアと徒歩でめぐってきました。

片瀬東浜海水浴場に到着したのは、16時06分。写真を撮影しながら、ふらふら徒歩で約2時間の旅でした。

だいぶ太陽が西に傾いてきました。この時間であれば、まだ江の島に入り、岩屋方面からの夕日も眺めることもできますが、岩屋からの夕日は以前こちらの記事でご紹介していますので、更に絶景が見える江の島の見所スポットをご紹介いたします。

関連記事:江の島岩屋洞窟からの絶景

江の島の岩屋洞窟以外で、夕日が綺麗に見える場所を以下のページでまとめています。



鳥江の島への行き方

江の島大橋入口付近の夕日

江の島大橋入口付近の夕日

だいぶ西日が傾いてきました。江の島大橋を渡り、急いでまずは江の島へと向かいます。

江の島に向かう途中出会った逃げないカモメ

江の島に向かう途中出会った逃げないカモメ

江の島に向かう途中出会った逃げないカモメ

江の島に向かう途中出会った逃げないカモメ

途中、可愛いカモメに出会いました。カメラを構えて撮影しても全然逃げませんでした。むしろカメラ目線って感じです。

江の島入口

江の島入口

江の島の入り口にやってきました。最近の江の島はいつ訪れても海外からの観光客の方々で賑わっています。30年ぐらい前は、海外の方を江の島でみかけることは無かった気がします。

でも昔から訪れている江の島が、賑わってくれるのはよい事です。昭和のレトロ感が溢れる江の島の魅力については、以下のページで詳しく解説しています。

関連記事:昭和のレトロ感あふれる江の島散策

さてさて、今回は、江の島の中には入りません。江の島入口鳥居手前の道を向かって左に入り、ヨットハーバー側へと向かいます。

江の島、いせ・えびの看板

江の島、いせ・えびの看板

方向は、この「いせ・えび」の看板が目印です。

民宿が立ち並ぶ江の島の裏通り

民宿が立ち並ぶ江の島の裏通り

江の島灯籠の風鈴

江の島灯籠の風鈴

この付近一体は、民宿や釣り具店などが軒を連ねていて、夕方になるとほとんど人通りもありません。

この裏通りを通り抜け、更に小田急ヨットハーバーも通り抜け、海に面している湘南港臨港道路附属駐車場を目指します。

2017年1月16日16時36分、湘南港臨港道路附属駐車場付近の夕日

2017年1月16日16時36分、湘南港臨港道路附属駐車場付近の夕日

駐車場に到着したのは16時36分。日没まで残りわずかです。

最終目的地は目の前です。湘南港臨港道路附属駐車場付近の「鳥江の島」というスポットを目指します。

「鳥江の島」付近は、波が高い日は立入禁止のため、中に入ることができません。

この日は運よく、立ち入り禁止が解除されていて、中に入ることができました。

普段は釣り人しかいない場所です。

鳥江の島の夕日

江の島の「鳥江の島」からの景色

江の島の「鳥江の島」からの景色

フェンス越しに夕日を撮影してみました。

潮だまりに反射する「鳥江の島」からの夕日

潮だまりに反射する「鳥江の島」からの夕日と釣り人

鳥江の島からの夕日

鳥江の島からの夕日

鳥江の島の夕日が絶景です。その眺めがこちら。

2017年1月16日。時刻は16時49分。ギリギリ江の島の穴場スポット、「鳥江の島」から潮だまりに反射する夕日を見ることができました。

この付近の潮だまりはとっても浅いので、夕日が綺麗に反射してくれる絶景スポットです。

14時に鎌倉駅を出発した江の島から鎌倉間の徒歩の旅が、17時に完了した瞬間です。

鳥江の島以外で、夕日が綺麗に見える場所を以下のページでまとめています。

関連記事:江の島で人気の夕日スポット

鳥江の島が閉鎖

知る人ぞ知る江の島の穴場スポットだった鳥江の島ですが、2018年3月時点で閉鎖されています。鳥江の島へと向う通路は各所フェンスが設置されているため、中に入ることができません。鳥江の島は、穴場の江の島の観光スポットから、幻の江の島の観光スポットになってしまうのかも?しれません。再び中に入れるようになるとよいなっと思っています。

鳥江の島が閉鎖

鳥江の島が閉鎖

鳥江の島が閉鎖

鳥江の島が閉鎖

鳥江の島が閉鎖

鳥江の島が閉鎖

鳥江の島スポット情報

地図

ストリートビュー

江の島の関連情報

江の島の海の雰囲気や江の島の海の家、ホテル、不動産情報などをまとめています。江の島について更に詳しく知りたい場合は、以下のページもあわせてご覧ください。

江の島の海

江ノ島西浜からの夕日

江ノ島の海は、片瀬江ノ島東浜と片瀬江ノ島西浜の二つに分かれます。どっちにしようか?と悩む方もいるかと思うので、それぞれの海の特徴や雰囲気について、まとめていきます。片瀬江ノ島東浜は、波が穏やかで遠浅の海で、砂浜が広く、マリンスポーツを楽しむ人が少ないので、小さな子供がいる家族連れが多く訪れる場所なのに対して、片瀬江ノ島西浜は、砂浜の幅が狭くおしゃれな海の家が沢山軒を連ねる海なのと、夕日がとても綺麗なビーチのため、若者に人気の海となります。

関連記事:江ノ島の海について

江の島の海の家

江ノ島の海の家

江ノ島の海の家

江ノ島の海水浴場は、大きく東浜と西浜に分類されます。東浜は砂浜に海の家が建てられているのに対して、西浜の方はビーチに降りる階段を利用した高床式のような海の家がメインとなってきます。電車でのアクセスの場合、東浜は、江ノ電、湘南モノレールの江ノ島駅からアクセスしやすい浜なのに対して、西浜は、小田急線江ノ島駅からアクセスしやすい浜になっています。

関連記事:江ノ島の海の家について

海の家のアルバイトについて

海の家のアルバイトについて

7月から9月まで、夏のわずか3ヶ月の期間だけ開催されるリゾートな雰囲気が満載の海の家。海の目の前で真っ黒に日焼けした海の家のスタッフにあこがれて、海の家でのアルバイトをやってみたいと思う高校生、大学生からフリーターの男女が多いはずです。人と接触する機会が多いアルバイトでもあるので、多くの出会いもあります。実際に私も若い頃は湘南の海の家でアルバイトをしていたことがあるのですが、当時の想い出を思い出しながら、江ノ島、鎌倉、逗子、葉山のほぼ全ての海の家を巡り、海の家で働くスタッフのみなさんに、海の家で働くことのメリット、デメリットについて確認をしてきました。今年の夏は、海の家のアルバイトにチャレンジしてみようかなっと思う方は、参考になる情報だと思いますので、ぜひご覧ください。

海の家の仕事、アルバイトについて

江の島のホテル

岩屋展望デッキから眺める夕日

江ノ島は綺麗なオーシャンビュー以外にも産地の魚介類を扱った美味しいお料理の数々を楽しめる場所でもあります。遠方から江ノ島に訪れる際には、宿泊前提で訪れた方が満喫できます。デートや観光でカップルや家族連れにも人気の格安プランがついた江ノ島のおすすめホテルをご紹介いたします。

江ノ島で人気のあるホテルの最新格安プランを確認する

江の島の不動産

江ノ島の不動産

江ノ島の魅力は、なんと言っても江ノ島ビーチです。江ノ島のビーチは、片瀬江ノ島海岸東浜と片瀬江ノ島海岸西浜に分かれます。東浜は、家族連れがにぎわう広い浜辺のビーチで、西浜は、夕日が綺麗な若者で賑わうビーチになります。地元で水揚げされた新鮮な海産物が豊富なのと、小田急線江ノ島駅、江ノ電江ノ島駅、湘南モノレール江ノ島駅と3つの路線が乗り入れる場所でもあり、湘南の中でも都心に出るのにアクセスが楽な場所でもあります。幼い頃から江ノ島の近くに住んできた経験を元に、江ノ島に住むメリット、デメリットについてまとめていきたいと思います。

関連記事:江ノ島に住むメリット、デメリットと家賃相場と物件相場

湘南の関連情報

江の島以外の鎌倉、逗子、葉山にある海や海の家、デートや観光情報についてまとめています。江の島以外の人気の湘南エリアに関する情報について知りたい場合は、以下のページもあわせてご覧ください。

湘南の海

江ノ島西浜からの夕日

江ノ島西浜からの夕日

湘南で人気の海といえば、江ノ島、鎌倉、逗子、葉山の海になります。江ノ島は、片瀬江ノ島東浜、片瀬江ノ島西浜。鎌倉は、材木座海岸、由比ヶ浜海岸、稲村ヶ崎、七里ヶ浜、腰越海岸。逗子は、逗子海岸、逗子マリーナ。葉山は、葉山マリーナ、芝崎海岸、森戸海岸、森戸神社、一色海岸、長者ヶ崎、久留和海岸、立石公園、秋谷海岸に分かれてきます。それぞれの海によって、雰囲気や特徴が異なってきます。それぞれの海について、以下でご紹介いたします。特に、由比ヶ浜、七里ヶ浜はどっちの海に行けばよいの?や、江ノ島の西浜、東浜はどっちがよいの?など気になる方にも参考になるようにまとめています。

関連記事:湘南の海について

湘南の海の家

葉山一色海岸の海の家「Blue Moon」からの景色

葉山一色海岸の海の家「Blue Moon」からの景色

江ノ島、鎌倉、逗子、葉山の海の家についてまとめています。湘南の海の家は、江ノ島、鎌倉、逗子、葉山で特徴が異なるのと、海の家によっても、昔ながらの昭和の時代を感じるようなレトロな雰囲気の海の家から、若者ウケする綺麗でおしゃれな海の家など様々な種類があります。海の家が開催されるのは、夏の間のわずか2ヶ月の期間です。自分にあった海の家を探して、訪れてみてはいかがでしょうか。

関連記事:湘南の海の家について

湘南のデート観光情報

湘南エリアでおすすめのデートスポットといえば、江ノ島、鎌倉、逗子、葉山の4箇所です。江ノ島は夕暮れの景色がとても美しい場所。鎌倉は古い街並みやお寺、神社を巡りながら綺麗な海や自然を感じられる場所。逗子は雰囲気がよい逗子マリーナや高級な住宅街が立ち並ぶ場所。葉山は綺麗な海とおしゃれな街並みなどが楽しめる場所です。江ノ島、鎌倉、逗子、葉山の魅力を実際にその場を訪れた視点で、魅力をまとめています。

江ノ島

江ノ島西海岸の美しい眺め

江ノ島、イルミネーション、片瀬海岸の夕暮れから穴場のデート、観光スポットの鳥江ノ島など、江ノ島の魅力をまとめています。

詳細を確認する

鎌倉

由比ヶ浜海水浴場の眺め

鎌倉といえば、お寺、神社、材木座海岸、由比ヶ浜、稲村ヶ崎、七里ヶ浜から江ノ電とデートや観光で訪れたいスポットが盛りだくさん。

詳細を確認する

逗子

逗子マリーナの夕暮れ

逗子でデート、観光といえば逗子マリーナ。どこか異国情緒ただようセレブな雰囲気をかもし出すドライブにも最適なスポットです。

詳細を確認する

葉山

葉山でおすすめの観光、デートスポット一覧

葉山は江ノ島、鎌倉、逗子とはまた異なった雰囲気が漂うデートや観光で訪れたいスポットです。夕暮れの葉山の海からの眺めは絶景です。

詳細を確認する

湘南の不動産

湘南に住むメリット、デメリットと家賃相場と物件相場

湘南の人気エリアの江ノ島、鎌倉、逗子、葉山のメリット、デメリットと、家賃相場と物件相場についてご紹介しています。実際同じような海沿いのエリアでも、実際に住んでみるとエリアごとの雰囲気の違いや、住みやすさの違いなどがあります。周辺の観光スポットの情報なども交えながら現地の様子についてまとめています。江ノ島、鎌倉、逗子、葉山での生活をしてみたいとお考えの方は、ご参考にしてみてください。

関連記事:湘南に住むメリット、デメリットと家賃相場と物件相場