鎌倉から江の島までは徒歩2時間以内で散策できる歩ける距離

鎌倉高校前駅から撮影した日没後の感動的な夕焼け空

鎌倉高校前駅から撮影した日没後の感動的な夕焼け空

鎌倉から江の島までの距離は約8キロメートルです。8キロメートルと聞くと歩けるような気になりませんか?普段鎌倉から江の島まで江ノ電や車で向う人が多いと思うのですが、歩いて向うからこそ、目に付く草花といった鎌倉、湘南の自然や、海の波音、海からの風や香り、鎌倉や江の島で暮らす人や働く人たちの生活感などが見えてきます。鎌倉や江の島での写真撮影が目的で訪れるのであれば、なおさら歩いて巡ることによって、今まで気が付かなかったような新たな場面に遭遇する事もあります。実際に鎌倉から江の島まで歩いた記録をまとめて行きたいと思います。



鎌倉から江の島まで歩こうと思ったきっかけ

以下の投稿は、インスタグラムを開始して、一番初めに投稿した内容です。

インスタグラムを開始した一番最初に、鎌倉高校前駅で撮影した日の出を投稿してみたところ、コメント欄で以下のような質問を受けました。

江の島〜稲村ヶ崎 とか年に数回歩きます。どこを歩いても撮影したくなる景色が続きますね。 オススメスポットなどありましたら紹介いただけませんでしょうか?

この投稿のご質問をきっかけに、鎌倉から江の島まで歩いてみました。

鎌倉から江の島までの距離と時間

鎌倉から江の島までの距離は、約8kmになります。私はもう少し内陸部を通って鎌倉駅の西口から江の島まで向ったのですが、海沿いの国道134号線沿いに歩くと、7.8キロメートル。時間にして1時間37分となります。途中で、写真撮影など行いながら、江の島方面へと向ったのでトータルで約3時間の道のりでした。

鎌倉から江の島まで歩いて向うルート

鎌倉駅の西口

鎌倉駅の西口

鎌倉駅から江の島まで歩いて向うルートは、上記の地図に表示されている通り、由比ヶ浜の海岸に出て、そのまま海沿いの国道134号線を通って、稲村ヶ崎、七里ヶ浜、鎌倉高校前駅、腰越海岸を取って江の島に向うルートもあるのですが、国道134号線の海沿いで一番の見所になってくるのは、七里ヶ浜から鎌倉高校前駅までの区間になってきます。なので、鎌倉駅西口から由比ヶ浜に向い、由比ヶ浜で海を見たら、一旦内陸部の長谷方面に入り、江ノ電沿いに極楽寺駅、稲村ヶ崎駅を通過してから、七里ヶ浜付近で海沿いの国道134号線に出て、鎌倉の絶景ポイントである鎌倉高校前駅に向うのがベストなルートです。鎌倉高校前駅から綺麗な景色を眺めたら、江ノ電の路面区間である腰越駅方面に向い、江ノ電の路面区間のレトロな雰囲気を味わいながら、江の島へと向うのがおすすめのルートになります。実際にこのルートで巡った道順をまとめると、以下の通りとなります。現在いる時点(今読んでいる本ページ)を、水色で網掛けしています。

このルートが、海だけでなく、鎌倉の江の島の街の雰囲気も感じ取ることができるおすすめのルートとなります。

鎌倉から江の島に向った方がよい理由

ちなみに、江の島から鎌倉に向うのではなく、鎌倉から江の島方面に向った方がよい理由があります。その理由は、鎌倉駅西口をお昼過ぎに出発して、写真撮影や鎌倉の街の雰囲気を楽しみながら歩いていると、だんだんと西側に日が傾いて夕暮れになってくるのですが、江の島方面は西側なので、鎌倉駅西口から江の島方面へと歩いていると、時間の経過と共に進んでいく夕暮れの景色が、風情ある鎌倉や江の島の街を更に魅力的に照らしてくれるからです。逆に江の島から鎌倉に向ってしまうと、東に向う事になってしまうので、夕日が背中越しとなってしまいます。綺麗な景色や雰囲気を楽しみながら、鎌倉と江の島の散策をしたいのであれば、鎌倉駅西口から江の島方面へと進むのがおすすめです。鎌倉と江の島で綺麗な夕日を眺めることができるスポットについては、以下のページで詳しく解説しています。

鎌倉駅西口から江の島までの散策スタート

それでは、実際に鎌倉駅西口から江の島まで歩いた際に撮影した綺麗な風景の写真も御紹介しながら、鎌倉から江の島まで歩いた記録をご紹介していきたいと思います。もし、鎌倉駅から江の島まで身軽な格好で向いたい場合は、鎌倉駅はコインロッカーの数が豊富なので、鎌倉駅のコインロッカーに荷物を預けてから、江の島方面へと向うのがおすすめです。鎌倉駅のコインロッカーについては、以下のページで詳しく解説しています。

関連記事:鎌倉駅周辺のコインロッカー(駅中、駅外、穴場、無料の場所)

それでは、鎌倉から江の島間を徒歩で散策した記録をご紹介させていただきます。まずは、以下より和田塚駅へと進んでいきます。

和田塚駅へと進む



鎌倉、江ノ島散策

鎌倉高校前駅から撮影した日没後の感動的な夕焼け空

鎌倉から江ノ島までの距離は約8キロメートルです。8キロメートルと聞くと歩けるような気になりませんか?普段鎌倉から江ノ島まで江ノ電や車で向う人が多いと思うのですが、歩いて向うからこそ、目に付く草花といった鎌倉、湘南の自然や、海の波音、海からの風や香り、鎌倉や江ノ島で暮らす人や働く人たちの生活感などが見えてきます。鎌倉や江ノ島での写真撮影が目的で訪れるのであれば、なおさら歩いて巡ることによって、今まで気が付かなかったような新たな場面に遭遇する事もあります。実際に鎌倉から江ノ島まで歩いた記録をまとめて行きたいと思います。

関連記事:鎌倉から江ノ島までは徒歩2時間以内で散策できる歩ける距離

鎌倉の観光、デート情報

鎌倉の海の雰囲気や鎌倉の海の家、お寺、神社、レンタサイクル、ホテル情報などをまとめています。鎌倉について更に詳しく知りたい場合は、以下のページもあわせてご覧ください。

関連記事:鎌倉のおすすめ人気観光、デートスポット

鎌倉のホテル比較

鎌倉七里ヶ浜からの夕日と江ノ島

鎌倉観光の際に利用するのにおすすめのホテルは、JRだと藤沢駅、大船駅、鎌倉駅周辺。湘南モノレールだと、湘南深沢駅周辺。江ノ電だと腰越駅、七里ヶ浜駅、極楽寺駅、長谷駅、由比ヶ浜駅、和田塚駅周辺になります。それぞれの駅周辺にあるホテルを一覧にして比較できるようにしました。比較表では、それぞれの最寄駅からの徒歩時間、簡単な特徴、参考宿泊料金、じゃらん、楽天、エクスペディア、Yahoo!トラベル、JTB、ヨヤキュードットコム、一休の各宿泊施設への予約一覧へのURLを記載しています。参考価格は、行楽シーズン外での価格を参考情報として記載しています。初詣がある年末年始や、桜のお花見、あじさい、海水浴、紅葉シーズンなどは、ホテルの価格が高くなる傾向があります。あらかじめ前もって予約をすると安く済む場合や、希望する宿泊施設の予約がし易いので、鎌倉へ宿泊で旅行に訪れる際には、早めに予約をするのがおすすめです。

関連記事:鎌倉のホテル比較