英勝寺の拝観料、拝観時間、ご利益、見所について

鎌倉で人気の竹林といえば、報国寺だけでなく英勝寺もおすすめ

鎌倉で人気の竹林といえば、報国寺だけでなく英勝寺もおすすめ

鎌倉で竹林といえば報国寺が有名ですが、英勝寺にも背の高い竹林があります。英勝寺の前には人力車がよく止まっていて、車夫が観光客を引き連れて英勝寺の中をガイドする姿を見かけます。車夫が頻繁にガイドする英勝寺は、観光客にとっても評判の人気のお寺です。英勝寺の境内で特に人気なのが、竹林と仏殿に祀られている美しい阿弥陀三尊立像です。実際境内の中に入ってみて感じるのは、他のお寺と比較して、ギュッと凝縮された空間にいくつもの見所があるというような印象を受けます。鎌倉のお寺巡りは、鎌倉駅のロッカーに荷物を預け、自転車をレンタルして巡ると、時間と体力の節約になり、おすすめです。鎌倉駅のロッカーと、レンタサイクルの情報については、以下のページで詳しくまとめています。



英勝寺とは

英勝寺が建立したのは寛永13年、1636年です。初期の江戸城を築城した大田道灌の子孫で、徳川家康に供えた英勝院尼が建てた尼寺です。江戸時代には、総門に三葉葵の紋が挙げられ、水戸御殿と呼ばれ格式が高い場所でした。仏殿、祠堂、唐門、鐘楼は江戸時代初期に建築されたもので、鎌倉だけでなく、江戸時代当時の状態でそのまま残っているお寺は貴重です。

鎌倉の尼寺

英勝寺は鎌倉で唯一の尼寺です。離縁のお寺として有名な東慶寺ももともと尼寺でしたが、明治35年に寺法が変わり、その後、釈宗演禅師を中興開山とする臨済宗円覚寺派の男僧寺へと変わっています。

英勝寺内には、建造物、仏像彫刻、石塔、石仏、絵画、書跡、工芸、典籍など300点もの宝物類が貯蔵されており、その多くが、国や神奈川県、鎌倉市などの指定文化財となっています。

英勝寺への行き方

英勝寺は、鎌倉駅から徒歩10分から15分ほどのお寺で、目の前を横須賀線が走る線路沿いにあります。境内を拝観するには、通用門を入った目の前にある受付で300円を払います。拝観料は、大人が300円、高校生が200円、中学生以下は100円です。

英勝寺の拝観時間

英勝寺の拝観時間は、9時から16時までです。毎週木曜日は定休日になります。

英勝寺の見所

鎌倉駅から英勝寺に向うと目の前に現れる門

鎌倉駅から英勝寺に向うと目の前に現れる門

英勝寺でもっとも人気なのは、竹林と美しい仏殿の内部です。鎌倉駅から英勝寺に向うと英勝寺の門構えが目の前に現れますが、この門から境内に入ることはできないので、そのまま横須賀線の線路沿いを北鎌倉方面に進み、しばらくすると左手に通用門が出てきます。通用門を入ると目の前が英勝寺の受付です。

英勝寺の受付

英勝寺の受付

境内には静かな空間の中に綺麗な自然があります。

英勝寺の境内の自然

英勝寺の境内の自然

鐘楼

しばらく境内を進むと江戸時代初期に建築された当時そのままの鐘楼があらわれます。

英勝寺の鐘楼

英勝寺の鐘楼

総門

英勝寺の総門

英勝寺の総門

鐘楼の前には、国の重要文化財に指定されている見事な総門があります。

英勝寺の総門

英勝寺の総門

英勝寺の総門

英勝寺の総門

聖勧菩薩像と太子堂

総門の前には、聖勧菩薩像と太子堂へと続く階段があります。

聖勧菩薩像と太子堂へと続く階段

聖勧菩薩像と太子堂へと続く階段

聖勧菩薩像

階段を登りきると正面にとても綺麗な表情をした聖勧菩薩像が祀られています。屋外に設置されているのに、とても綺麗な印象を受けます。日頃の手入れが行き届いているのかもしれません。

聖勧菩薩像

聖勧菩薩像

太子堂

聖勧菩薩像の左側には、太子堂があります。内部にはとても小さな仏像が祀られています。

太子堂

太子堂

洞窟

総門を過ぎると、洞窟のような場所があります。ちょうど洞窟の中央付近には仏像が祀られています。天井がとても低いので、中に入る際には頭をぶつけないように注意が必要です。

英勝寺の洞窟

太子堂内部の仏像

英勝寺の洞窟

英勝寺の洞窟

英勝寺の洞窟

英勝寺の洞窟

英勝寺の洞窟

英勝寺の洞窟

仏殿

総門の下を通り抜けると、目の前に見事な仏殿があります。

英勝寺の仏殿

英勝寺の仏殿

唐門

仏殿の脇には唐門があります。唐門というとギラギラ派手な装飾をイメージしたのですが、英勝寺の唐門は繊細な装飾がされた見事な門になっています。

英勝寺の唐門

英勝寺の唐門

英勝寺の唐門

英勝寺の唐門

十二支

仏殿の周りをよく見ると、十二支の動物が刻まれています。

英勝寺の仏殿に彫られている十二支(子「ねずみ」)

英勝寺の仏殿に彫られている十二支(子「ねずみ」)

英勝寺の仏殿に彫られている十二支(丑「うし」)

英勝寺の仏殿に彫られている十二支(丑「うし」)

英勝寺の仏殿に彫られている十二支(寅「とら」)

英勝寺の仏殿に彫られている十二支(寅「とら」)

英勝寺の仏殿に彫られている十二支(卯「うさぎ」)

英勝寺の仏殿に彫られている十二支(卯「うさぎ」)

英勝寺の仏殿に彫られている十二支(辰「たつ」)

英勝寺の仏殿に彫られている十二支(辰「たつ」)

英勝寺の仏殿に彫られている十二支(巳「へび」)

英勝寺の仏殿に彫られている十二支(巳「へび」)

英勝寺の仏殿に彫られている十二支(午「うま」)

英勝寺の仏殿に彫られている十二支(午「うま」)

英勝寺の仏殿に彫られている十二支(未「ひつじ」)

英勝寺の仏殿に彫られている十二支(未「ひつじ」)

英勝寺の仏殿に彫られている十二支(申「さる」)

英勝寺の仏殿に彫られている十二支(申「さる」)

英勝寺の仏殿に彫られている十二支(酉「とり」)

英勝寺の仏殿に彫られている十二支(酉「とり」)

英勝寺の仏殿に彫られている十二支(戌「いぬ」)

英勝寺の仏殿に彫られている十二支(戌「いぬ」)

阿弥陀三尊立像

仏殿の脇には小さなな小窓があり、内部を覗く事ができるのですが、黄金に輝く阿弥陀三尊立像を見ることができます。この阿弥陀三尊立像は、運慶作と言われています。

仏殿の脇にある小窓から見える阿弥陀三尊立像

仏殿の脇にある小窓から見える阿弥陀三尊立像

英勝寺の仏殿はとても綺麗です。鳳凰の色鮮やかな綺麗な装飾も見ることができます。

黄金に輝く英勝寺の仏殿

黄金に輝く英勝寺の仏殿

書院

仏殿の先にある書院があります。

英勝寺の書院

英勝寺の書院

竹林

英勝寺の竹林

英勝寺の竹林

書院の目の前が竹林となっていて、内部に入ることができます。

英勝寺の竹林

英勝寺の竹林

英勝寺の竹林

英勝寺の竹林

午後に訪れると、竹林の隙間に輝く西日を見ることができます。

竹林の広さでいくと、報国寺の方が広い印象がありますが、英勝寺の竹林もとても綺麗です。

報国寺の竹林も合わせてご覧ください。

金毘羅宮

金毘羅宮

金毘羅宮

竹林の前には金毘羅宮があり、参拝することができます。英勝寺はお寺にも関わらず、宮?っと少し疑問が脳裏を巡りました。

英勝寺の桜について

仏殿前の散策路にある桜

仏殿前の散策路にある桜

英勝寺の境内にある桜は、JR横須賀線で北鎌倉から鎌倉方面へと向う電車の中からも見ることができます。英勝寺の桜は、仏殿前の散策路付近にあります。詳しくは以下のページでご紹介しています。

関連記事:英勝寺の桜について

英勝寺のスポット情報

住所

神奈川県鎌倉市扇ガ谷1丁目1-16-3

電話

0467-22-3534

地図

ストリートビュー

英勝寺のご紹介は以上となります。次は、寿福寺についてご紹介いたします。
関連記事:寿福寺について



鎌倉のお寺、神社

鎌倉覚園寺の水がめに反射するもみじの木

鎌倉の魅力といえば、今から800年以上前の鎌倉時代の雰囲気を残しつつ、綺麗な鎌倉の海や自然が楽しめるという点です。お寺の境内から海を眺められる場所は、日本国内の中でもなかなか無いのではないかと思います。鎌倉のお寺や神社といえば、鶴岡八幡宮高徳院(鎌倉大仏)長谷寺円覚寺建長寺などメジャーどころばかりが紹介されがちですが、おすすめという観点には、有名なメジャーどころ、古きよき鎌倉の歴史を心の底から感じられる場所。そして、京都とは違う鎌倉の一番の魅力は、古きよき歴史を感じながら、鎌倉由比ガ浜、材木座といった湘南の海を一望できるという景色の良さという3つの点に大きく分類されてきます。でもメジャーどころでないと、なかなか足を運んでみないとどこがよいのかが分からないというのが実情です。実際に鎌倉の各スポットへ足を運び、写真を撮影しながら、鎌倉にあるお寺や神社で感じた魅了について、以下のページで詳しくまとめています。

関連記事:鎌倉のお寺、神社どこが人気?おすすめ比較

鎌倉の観光、デート情報

鎌倉の海の雰囲気や鎌倉の海の家、お寺、神社、レンタサイクル、ホテル情報などをまとめています。鎌倉について更に詳しく知りたい場合は、以下のページもあわせてご覧ください。

関連記事:鎌倉のおすすめ人気観光、デートスポット

鎌倉のホテル比較

鎌倉七里ヶ浜からの夕日と江ノ島

鎌倉観光の際に利用するのにおすすめのホテルは、JRだと藤沢駅、大船駅、鎌倉駅周辺。湘南モノレールだと、湘南深沢駅周辺。江ノ電だと腰越駅、七里ヶ浜駅、極楽寺駅、長谷駅、由比ヶ浜駅、和田塚駅周辺になります。それぞれの駅周辺にあるホテルを一覧にして比較できるようにしました。比較表では、それぞれの最寄駅からの徒歩時間、簡単な特徴、参考宿泊料金、じゃらん、楽天、エクスペディア、Yahoo!トラベル、JTB、ヨヤキュードットコム、一休の各宿泊施設への予約一覧へのURLを記載しています。参考価格は、行楽シーズン外での価格を参考情報として記載しています。初詣がある年末年始や、桜のお花見、あじさい、海水浴、紅葉シーズンなどは、ホテルの価格が高くなる傾向があります。あらかじめ前もって予約をすると安く済む場合や、希望する宿泊施設の予約がし易いので、鎌倉へ宿泊で旅行に訪れる際には、早めに予約をするのがおすすめです。

関連記事:鎌倉のホテル比較