瑞泉寺の拝観料、拝観時間、ご利益、見所について

瑞泉寺は錦屏風のように美しい紅葉に囲まれる美しいお寺

瑞泉寺は錦屏風のように美しい紅葉に囲まれる美しいお寺

瑞泉寺は、鎌倉宮の更に奥地にある鎌倉時代にできた庭園がとても綺麗なお寺です。鎌倉のかなり奥地にある場所なので、平日だとほとんど人を見かけることがありません。瑞泉寺の裏山には、覚園寺建長寺の半僧坊へと続く天園ハイキングコースが続いている鎌倉の自然豊かな場所です。鎌倉のお寺巡りは、鎌倉駅のロッカーに荷物を預け、自転車をレンタルして巡ると、時間と体力の節約になり、おすすめです。鎌倉駅のロッカーと、レンタサイクルの情報については、以下のページで詳しくまとめています。



瑞泉寺とは

瑞泉寺とは、鎌倉公方(鎌倉幕府の長)の菩提寺として、嘉暦2年、1327年に夢窓疎石によて開山された鎌倉五山に次ぐ関東十刹に列せられた格式ある寺院です。山号の錦屏山は、寺を囲む山々の紅葉が錦屏風のように美しいことから付けられたといわれています。境内は、四季を通じで様々な花を楽しむことができます。開山者である夢窓疎石(夢窓国師)は後醍醐天皇や足利尊氏も深く帰依し、鎌倉から南北朝期に禅宗で重きをなした僧です。作庭にも才を発揮し、昭和45年に発掘、復元された仏殿背後の庭園は国師の作として、国の名勝に指定されています。

瑞泉寺の文学について

瑞泉寺の境内が史跡、背後の庭園が名勝に指定されている禅刹瑞泉寺には、多くの文人が来訪し、数多くの文学作品が創り出されています。

中世文学遺跡

偏界一覧亭において夢窓国師の草創で、五山文学発祥の地と伝えられています。

文学碑

大宅壮一評論碑「男の顔は履歴書である」(昭和46年建立)
久保田万太郎句碑「いつぬれし松の根方ぞ春しぐれ」(昭和54年建立)
吉野秀雄歌碑「死をいとひ生をもおれそ人間のゆえ定まらぬこころ知るのみ」(昭和43年建立)

ゆかりの文人

  • 大宅壮一(評論家)
  • 大佛次郎(小説家)
  • 梶山秀之(小説家)
  • 川端康成(小説家)
  • 久保田万太郎(小説家、劇作家、俳人)
  • 久米正雄(小説家)
  • 高浜虚子(俳人)
  • 立原正秋(小説家)
  • 永井龍男(小説家)
  • 山崎方代(歌人)
  • 吉野秀雄(歌人)

瑞泉寺への行き方

鎌倉駅からバスで10分。徒歩では30分から40分かかります。距離的には、鎌倉宮から、覚園寺まで歩くぐらいの距離を、鎌倉宮から瑞泉寺に向って歩くぐらいの距離となります。バスの場合は、鎌20・4番、大塔宮行きに乗車し、大塔宮下車後、徒歩10分ほどかかります。

瑞泉寺の拝観時間

瑞泉寺の拝観時間は、9:00~17:00までとなります。拝観には大人200円、子供100円がかかります。

瑞泉寺の見所

鎌倉宮から瑞泉寺へ向うと道の途中で門が出てきます。

道の途中で突如現れる瑞泉寺の門

道の途中で突如現れる瑞泉寺の門

門には拝観受付時間が記載されています。16時30分までの拝観受付となります。

瑞泉寺の拝観時間

瑞泉寺の拝観時間

門を通り、5分ほど歩くと拝観料(200円)を払う受付がでてきます。

瑞泉寺の受付

瑞泉寺の受付

受付の横には沢山の梅の木が植わっています。鎌倉でここまでまとまった梅の木がまとまっているのは、瑞泉寺だけのような気がします。

瑞泉寺受付横の梅の木

瑞泉寺受付横の梅の木

境内へと進んでいくと正面に石階段が出てきます。斜面な急な左側の階段と、斜面がなだらかな右側の階段に別れるのですが、たどり着く先は同じ山門前となります。

瑞泉寺境内へと向う階段

瑞泉寺境内へと向う階段

山門の脇には、吉田松陰留跡碑があります。

瑞泉寺の山門

瑞泉寺の山門

山門から境内に入ると目の前には前庭が広がっています。

境内の前庭

境内の前庭

瑞泉寺の錦屏晩鐘です。

瑞泉寺の錦屏晩鐘

瑞泉寺の錦屏晩鐘

境内の中央部に本堂があります。

瑞泉寺の本堂

瑞泉寺の本堂

本堂の内部には、向って右側に開山者である夢窓国師像、正面は御本尊である釈迦牟尼仏、向って左側には鎌倉市指定の文化財である千手観音像が祀られています。

千手観音像(左)、釈迦牟尼仏(正面)、夢窓国師像(右)

千手観音像(左)、釈迦牟尼仏(正面)、夢窓国師像(右)

境内はとても綺麗に整備されています。

瑞泉寺の境内

瑞泉寺の境内

瑞泉寺の境内

瑞泉寺の境内

本堂から更に奥へと進むと、開山堂があり、内部にはどこもく地蔵尊が祀られています。

開山堂に祀られるどこもく地蔵尊

開山堂に祀られるどこもく地蔵尊

拝観料

大人200円、子供100円

拝観時間

9時から17時(受付16時30分)

ご利益

子授け、子育て

瑞泉寺のスポット情報

住所

神奈川県鎌倉市二階堂710

電話

0467-22-1191

地図

ストリートビュー

瑞泉寺のご紹介は以上となります。次は、覚園寺についてご紹介いたします。
関連記事:覚園寺について

鎌倉二階堂

鎌倉の二階堂は、鶴岡八幡宮の東側に広がるエリアで、学問の神様として有名な荏柄天神社、鎌倉の七五三で多くの人が集まる鎌倉宮、鎌倉最古のお寺である杉本寺、秋の紅葉がとても美しい瑞泉寺などがあるエリアになります。2018年5月26日にアド街ック天国でも放送された鶴岡八幡宮から、二階堂方面の魅力についてご紹介いたします。

関連記事:アド街ック天国で紹介された鎌倉二階堂を散策



鎌倉のお寺、神社

鎌倉覚園寺の水がめに反射するもみじの木

鎌倉の魅力といえば、今から800年以上前の鎌倉時代の雰囲気を残しつつ、綺麗な鎌倉の海や自然が楽しめるという点です。お寺の境内から海を眺められる場所は、日本国内の中でもなかなか無いのではないかと思います。鎌倉のお寺や神社といえば、鶴岡八幡宮高徳院(鎌倉大仏)長谷寺円覚寺建長寺などメジャーどころばかりが紹介されがちですが、おすすめという観点には、有名なメジャーどころ、古きよき鎌倉の歴史を心の底から感じられる場所。そして、京都とは違う鎌倉の一番の魅力は、古きよき歴史を感じながら、鎌倉由比ガ浜、材木座といった湘南の海を一望できるという景色の良さという3つの点に大きく分類されてきます。でもメジャーどころでないと、なかなか足を運んでみないとどこがよいのかが分からないというのが実情です。実際に鎌倉の各スポットへ足を運び、写真を撮影しながら、鎌倉にあるお寺や神社で感じた魅了について、以下のページで詳しくまとめています。

関連記事:鎌倉のお寺、神社どこが人気?おすすめ比較

鎌倉の観光、デート情報

鎌倉の海の雰囲気や鎌倉の海の家、お寺、神社、レンタサイクル、ホテル情報などをまとめています。鎌倉について更に詳しく知りたい場合は、以下のページもあわせてご覧ください。

関連記事:鎌倉のおすすめ人気観光、デートスポット

鎌倉のホテル比較

鎌倉七里ヶ浜からの夕日と江ノ島

鎌倉観光の際に利用するのにおすすめのホテルは、JRだと藤沢駅、大船駅、鎌倉駅周辺。湘南モノレールだと、湘南深沢駅周辺。江ノ電だと腰越駅、七里ヶ浜駅、極楽寺駅、長谷駅、由比ヶ浜駅、和田塚駅周辺になります。それぞれの駅周辺にあるホテルを一覧にして比較できるようにしました。比較表では、それぞれの最寄駅からの徒歩時間、簡単な特徴、参考宿泊料金、じゃらん、楽天、エクスペディア、Yahoo!トラベル、JTB、ヨヤキュードットコム、一休の各宿泊施設への予約一覧へのURLを記載しています。参考価格は、行楽シーズン外での価格を参考情報として記載しています。初詣がある年末年始や、桜のお花見、あじさい、海水浴、紅葉シーズンなどは、ホテルの価格が高くなる傾向があります。あらかじめ前もって予約をすると安く済む場合や、希望する宿泊施設の予約がし易いので、鎌倉へ宿泊で旅行に訪れる際には、早めに予約をするのがおすすめです。

関連記事:鎌倉のホテル比較