満福寺の拝観料、拝観時間、ご利益、見所について

鎌倉満福寺は牛若丸源義経と縁があるお寺

鎌倉満福寺は牛若丸源義経と縁があるお寺

鎌倉で江ノ電が境内の目の前を通過する場所といえば満福寺と御霊神社の2箇所です。満福寺の前を通過する江ノ電は、手を伸ばせば江ノ電に触れてしまうぐらい近い距離を通過していきます。満福寺は、腰越駅から徒歩3分の場所にあるお寺です。鎌倉のお寺巡りは、鎌倉駅のロッカーに荷物を預け、自転車をレンタルして巡ると、時間と体力の節約になり、おすすめです。鎌倉駅のロッカーと、レンタサイクルの情報については、以下のページで詳しくまとめています。



源義経と腰越、満福寺の関係

鎌倉時代前期の武将、源義経は幼少期は牛若丸と呼ばれ、後に九郎判官と称されました。父は源頼朝、母は常磐。源頼朝の異母弟にあたります。治承4年、1180年兄頼朝の挙兵に参じ、元暦元年、1184年兄源範頼とともに源義仲を討ち入洛し、次いで摂津一ノ谷で、平氏を破りました。帰洛後、洛中の警備にあたり、後白河法皇の信任を得て、頼朝の許可無く検非違使・左衛門少尉となったため、怒りを買い、平氏追討の任を解かれました。文治元年、1185年再び平氏追討に起用され、讃岐屋島、長門壇の浦に平氏を壊滅させました。しかし、頼朝との不和が深まり、捕虜の平宗盛父子を伴って鎌倉に下向したものの、鎌倉入りを拒否され、腰越に逗留することになりました。この時、頼朝の勘気を晴らすため、大江広元にとりなしを依頼する手紙(腰越状)を送ったとされています。しかし、頼朝の勘気は解けず、かえって義経への追害が続きました。義経の没後、数奇な運命と悲劇から多くの英雄伝説が生まれました。「義経記」や「平家物語」にも著され、さらに能、歌舞伎などの作品にもなり、現在でも「判官もの」として親しまれています。中世には、鎌倉と京とを結ぶ街道筋のうち、腰越は鎌倉から大磯間に設けられた宿駅で、西の門戸でした。義経は満福寺に逗留したと伝えられています。

満福寺への行き方

満福寺は、江ノ電腰越駅から徒歩3分ほどの場所にあるお寺です。最寄には、江ノ島が一望できる小動神社があります。

満福寺の周辺

満福寺の周辺

満福寺前の江ノ電の踏み切り

満福寺前の江ノ電の踏み切り

満福寺前を通過する江ノ電

満福寺前を通過する江ノ電

満福寺の拝観時間

満福寺の拝観時間は、9時から17時です。拝観料はかかりません。

満福寺の見所

江ノ電が目の前を通過する山門をくぐると、目の前が本堂です。

満福寺の山門

満福寺の山門

山門をくぐって左側には鐘があります。

満福寺の鐘

満福寺の鐘

鐘の隣には地蔵菩薩があります。

満福寺の地蔵菩薩

満福寺の地蔵菩薩

本堂の前には慈悲観音が祀られています。

満福寺の慈悲観音

満福寺の慈悲観音

慈悲観音の奥には鎌倉七里ガ浜霊園へと続くトンネルがあります。

鎌倉七里ガ浜霊園へと続くトンネル

鎌倉七里ガ浜霊園へと続くトンネル

拝観料

無し

拝観時間

24時間

ご利益

病気回復

満福寺のスポット情報

住所

神奈川県鎌倉市腰越2丁目4?8

電話

0467-31-3612

地図

ストリートビュー

満福寺のご紹介は以上となります。次は円覚寺についてご紹介いたします。
関連記事:円覚寺について



鎌倉のお寺、神社

鎌倉覚園寺の水がめに反射するもみじの木

鎌倉の魅力といえば、今から800年以上前の鎌倉時代の雰囲気を残しつつ、綺麗な鎌倉の海や自然が楽しめるという点です。お寺の境内から海を眺められる場所は、日本国内の中でもなかなか無いのではないかと思います。鎌倉のお寺や神社といえば、鶴岡八幡宮高徳院(鎌倉大仏)長谷寺円覚寺建長寺などメジャーどころばかりが紹介されがちですが、おすすめという観点には、有名なメジャーどころ、古きよき鎌倉の歴史を心の底から感じられる場所。そして、京都とは違う鎌倉の一番の魅力は、古きよき歴史を感じながら、鎌倉由比ガ浜、材木座といった湘南の海を一望できるという景色の良さという3つの点に大きく分類されてきます。でもメジャーどころでないと、なかなか足を運んでみないとどこがよいのかが分からないというのが実情です。実際に鎌倉の各スポットへ足を運び、写真を撮影しながら、鎌倉にあるお寺や神社で感じた魅了について、以下のページで詳しくまとめています。

関連記事:鎌倉のお寺、神社どこが人気?おすすめ比較

鎌倉の観光、デート情報

鎌倉の海の雰囲気や鎌倉の海の家、お寺、神社、レンタサイクル、ホテル情報などをまとめています。鎌倉について更に詳しく知りたい場合は、以下のページもあわせてご覧ください。

関連記事:鎌倉のおすすめ人気観光、デートスポット

鎌倉のホテル比較

鎌倉七里ヶ浜からの夕日と江ノ島

鎌倉観光の際に利用するのにおすすめのホテルは、JRだと藤沢駅、大船駅、鎌倉駅周辺。湘南モノレールだと、湘南深沢駅周辺。江ノ電だと腰越駅、七里ヶ浜駅、極楽寺駅、長谷駅、由比ヶ浜駅、和田塚駅周辺になります。それぞれの駅周辺にあるホテルを一覧にして比較できるようにしました。比較表では、それぞれの最寄駅からの徒歩時間、簡単な特徴、参考宿泊料金、じゃらん、楽天、エクスペディア、Yahoo!トラベル、JTB、ヨヤキュードットコム、一休の各宿泊施設への予約一覧へのURLを記載しています。参考価格は、行楽シーズン外での価格を参考情報として記載しています。初詣がある年末年始や、桜のお花見、あじさい、海水浴、紅葉シーズンなどは、ホテルの価格が高くなる傾向があります。あらかじめ前もって予約をすると安く済む場合や、希望する宿泊施設の予約がし易いので、鎌倉へ宿泊で旅行に訪れる際には、早めに予約をするのがおすすめです。

関連記事:鎌倉のホテル比較