江ノ島、鎌倉、逗子、葉山でおしゃれでおすすめな海の家(2017年7月編)

江ノ島、鎌倉、逗子、葉山の海の家を巡ってきて、おしゃれな海の家だなっと感じたスポットをご紹介させていただきます。おしゃれで綺麗な海の家から、昔ながらの雰囲気が漂うところまで、湘南エリアには魅力的なおすすめの海の家が沢山あります。

ただ、一人で空き時間に全てめぐっているので、なかなかまだ回りきれていない海の家があるのと、どこも個性があって魅力的な海の家だなっと感じているので、ここはおしゃれだなっとあえて選別するのも気が引けるなっと思い、この記事を書くのを少しためらっていたのですが、せっかく様々な場所を巡ってきたのでまとめてみたいと思います。

逗子

逗子は、時間が無くてほとんど素通り程度ぐらいにしか回ることができていないのですが、そんな中でもここの海の家は気になるなっと思った場所をピックアップしてご紹介します。



HAPPY GO LUCKY

HAPPY GO LUCKY、逗子海水浴場の海の家

HAPPY GO LUCKY、逗子海水浴場の海の家

南国風でオープンな空間に、シンプルに白いテラスとパラソルが配置されているのがとってもおしゃれな海の家です。

時間があれば、カウンターに座り、店内の様子をまた発信できればよいなっと思っています。

HAPPY GO LUCKYの詳細を確認する

Bianchi(ビアンキ)

Bianchi(ビアンキ)、逗子海水浴場の海の家

Bianchi(ビアンキ)、逗子海水浴場の海の家


イタリアの自転車メーカー「Bianchi」の海の家です。湘南エリアには、自転車ツーリングする人も多く、インターネット上を眺めていると、自転車マニアの方々がBianchiの海の家に行ってみたい!っと思っている方が多く目に付きます。

この写真では分かり辛いですが、店内の壁にはBianchiの自転車が飾られていて、とってもおしゃれな雰囲気でした。

Bianchi(ビアンキ)の詳細を確認する

葉山

葉山は長者ヶ埼や森戸海岸にも足を運んでみたいなっと思っているのですが、なかなか時間が無くて、まだ足を運べていません。実際に足を運んだのは一色海岸です。



Blue Moon(ブルームーン)

葉山一色海岸の海の家「Blue Moon」からの景色

葉山一色海岸の海の家「Blue Moon」からの景色

一色海岸で一度は足を運んでみたいと思う海の家といえば、Blue Moon(ブルームーン)です。この海の家は、おしゃれなのもそうですが、葉山は環境省の第三セクターなどもあり、環境問題について意識が高い地域でもあります。

葉山一色海岸の海の家「Blue Moon」のソーラーパネル

葉山一色海岸の海の家「Blue Moon」のソーラーパネル

Blue Moon(ブルームーン)は、リサイクル資材を用いて建てられているのと、屋根に設置されたソーラーパネルが特徴的です。ソーラーパネルを見ると、やっぱり葉山だなぁ~と私は思ってしまいます。

車で走っている際などに、葉山にあるコンビニエンスストアの屋根を見ると、ソーラーパネルが取り付けられている場所があり、地域全体で環境問題に対して力を入れているというのがとても感じられるエリアでもあります。

一色海岸の目の前に広がる緑豊かな自然

一色海岸の目の前に広がる緑豊かな自然

湘南にある海の家の中でも、周りに緑の自然が多く、自然を沢山満喫できるエリアでもあります。

葉山一色海岸の海の家「Blue Moon」スパ入り口

葉山一色海岸の海の家「Blue Moon」スパ入り口

Blue Moon(ブルームーン)には海の家には珍しく、エステスパがあり、南国ムード満載の海の家です。

鎌倉由比ヶ浜にあるLIFULL HOME’Sでは、海の家の中にリビングがあって、訪れた人が体験しながらあわせて企業のプロモーションにもつながる取り組みは、とっても魅力的で面白いなっと感じました。

海の家にスパやリビング。今後はどんなアイディアの海の家が登場してくるのか楽しみでもあります。

Blue Moon(ブルームーン)の詳細を確認する

鎌倉

海の家は、どのエリアもそうですが、昔ながらの古きよき昭和の時代感が漂う海の家と、綺麗で清潔感漂う現代風の海の家に分かれてきます。どこもとってもよい雰囲気なのと、SABONにはまだ足を運べていないのでブログでご紹介できていないのですが、今まで足を運んだ中でチョイスしてご紹介いたします。



真夏のライオンキッチン

おしゃれでマッチョな海の家、真夏のライオンキッチン

おしゃれでマッチョな海の家、真夏のライオンキッチン

筋肉ムキムキのマッチョが沢山スタッフにいる海の家です。筋肉ムキムキでスポンサーが新日本プロレスだと、体育会系の男の世界をイメージする方が多いかと思いますが、店内は白を基調とした椅子やテーブル、ソファーがあって、とってもおしゃれで清潔感があります。

海外からのお客さん

海外からのお客さん

南国ムード満点っといった海の家です。

真夏のライオンキッチンの詳細を確認する

由比ヶ浜2丁目

海の家のゲイバー、由比ヶ浜二丁目

海の家のゲイバー、由比ヶ浜二丁目

かまくら茶屋まるとの中にあるバーカウンターのみのお店です。かまくら茶屋まるとの海の家もそうなのですが、昔懐かしい昭和の雰囲気が漂う今風ではないけど、とってもおしゃれな雰囲気が漂う海の家です。

夏が終わるまでには、もう一度ぐらい足を運びたいなっと思っています。カウンターでお仕事されている方は、神楽坂でゲイバーを営んでいる方で、昼間は海の家、夜はゲイバーという凄いお仕事の両立をされています。

かまくら茶屋海の家の様子

かまくら茶屋海の家の様子

白を基調としたソファーやイスがある海の家でなく、昔懐かしい雰囲気の海の家もとっても魅力的です。

由比ヶ浜「2丁目」…名前の由来がどこから来ているのか?ピンとくる方はお分かりになったかと思います。

由比ヶ浜2丁目の詳細を確認する

フリフリチキンレイズ

フリフリチキン「レイズ」鎌倉由比ヶ浜

フリフリチキン「レイズ」鎌倉由比ヶ浜

ハワイでとっても有名なフリフリチキンのお店レイズです。7月20日にテレビで放送されてから更に人気上昇中です。フリフリチキン目当てに鎌倉由比ヶ浜を訪れている人も、とっても多いと思います。

フリフリチキン「レイズ」鎌倉由比ヶ浜ビーチテラス

フリフリチキン「レイズ」鎌倉由比ヶ浜ビーチテラス

ハワイ本土ですと、ハレイワのローカルな広場で、ワイルドにチキンを焼いているといった印象を受けますが、由比ヶ浜のレイズは、雰囲気的にはホノルルあたりの雰囲気かな?という感じで、ウッドデッキのおしゃれな店内でフリフリチキンを味わうことができます。

フリフリチキンレイズの詳細を確認する

江ノ島

江ノ島は東海岸と西海岸で全然雰囲気が異なります。東海岸は、広く開けた砂浜に広い海の家が並んでいて、大手企業のスポンサーが多いなっという印象が強いです。

学生が夏休みに入り、これからお盆もひかえているので、湘南の海の家に足を運ぶ人はどんどん増えるだろうなっと思うので、ビーチのスポンサー枠はPRとしても効果があるのかもしれないですね。

でもどれほどのスポンサー出稿に対しての費用対効果があるのか、個人的に気になるところでもあります。

ちなみに過去3年間で江ノ島、鎌倉、逗子、葉山の海の家を訪れた来場者の数についても調べてみたので、気になる方はご覧ください。

海の家の利用者数の推移をみると、江ノ島西浜へ足を運ぶ利用者の数が圧倒的に多いことが分かります。

まだまだ全ての海の家に足を運ぶことはできていませんが、今までいろいろと巡ってきて、江ノ島でおしゃれだなっと感じた海の家は以下の通りです。



IBIZA HOUSE(イビザハウス)

江ノ島西海岸のおしゃれな海の家「IBIZA HOUSE」

江ノ島西海岸のおしゃれな海の家「IBIZA HOUSE」

まずはイビザハウス。木の素材をむき出しにしたインテリやちょこんと置かれた観葉植物がとっても素敵でした。

テーブル席に置かれた可愛い観葉植物

テーブル席に置かれた可愛い観葉植物

全ての海の家は一人で巡っているのですが、一人でいくような場所ではありません。

私はもともと一人酒が好きなので、一人でどこにでも足を運びますが、みなさんはちゃんと家族やお友達、恋人同士で足を運んでください。

まったり寝そべってくつろげるスペース

まったり寝そべってくつろげるスペース

海外からのお客さんはまったりと江ノ島の夕暮れの日差しを浴びながらまったりとしていました。

「IBIZA HOUSE」からの夕暮れ

「IBIZA HOUSE」からの夕暮れ

夕暮れが綺麗だったので、夕日にあいそうな普段注文することが無いコロナビールを注文して撮影してみました。いつもはウイスキーかバーボンのストレートかロックしか飲みません。

IBIZA HOUSE(イビザハウス)の詳細を確認する

シーサイドラウンジ

夕暮れのバーカウンター

夕暮れのバーカウンター

今年は海の家で天使の羽を沢山みかけます。海の家が設置された当初は天使の羽が描かれていなかったのに、しばらく経って足を運んでみたら天使の羽が描かれていた場所もありました。

世界中の人たちがInstagramでアップしまくっている愛と平和を運ぶ天使の羽がシーサイドラウンジの壁には描かれています。

ハワイでは、アナフルズシェイブアイスの天使の羽がとっても大人気です。

夕暮れに染まる白いソファー

夕暮れに染まる白いソファー

江ノ島の西浜が人気の理由の一つに、西側に何も隔てるものが無いので夕暮れがとっても綺麗という点もポイントが高いかと思います。

湘南の海は、どこも夕暮れが綺麗かというと実は差があって、湘南の夕暮れは、稲村ヶ崎から西側のエリアで眺めるのがとっても綺麗です。

シーサイドラウンジの詳細を確認する

エルカンティーナ

「エルカンティーナ」国道134号線側入り口

「エルカンティーナ」国道134号線側入り口

エルカンティーナは、この角にある調理場?が窓が無く筒抜けになっていて、この窓の無さ加減が南国風でとってもおしゃれだなっと感じました。

実際店舗内部までには、まだ足を運べていないのですが、テラス席から眺める江ノ島西浜の夕暮れはとってもおしゃれだと思います。

エルカンティーナでは、7月29日(土)、8月26日(土)に街コンジャパン主催のバーベキューパーティー(合コン「海の家コン」)が開催されます。

サンセットタイムとなる17時から開始となるので、エルカンティーナから綺麗な夕暮れを楽しみながら、美味しいお料理を食べて、新たな出会いを求めてみてはいかがでしょうか?

夏は出会いの季節!江ノ島海の家街コンパーティ受付締切間近

湘南エリアの海の家は、今回ご紹介した海の家以外にも沢山おしゃれな海の家が沢山あります。7月がもう終わりです。残すところ一ヵ月のみとなってしまいました。

人によって価値観は様々なので、私が紹介した海の家以外でも、「うーん、ちょっとこの海の家、気になるな…」っと感じたら、ぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか。

2017湘南(鎌倉、江ノ島、逗子、葉山)海の家特集