片瀬西浜海水浴場はおしゃれなお店が多い若者に人気のビーチ

片瀬西浜海水浴場はおしゃれなお店が多い若者に人気のビーチ

片瀬西浜海水浴場はおしゃれなお店が多い若者に人気のビーチ

人気の湘南エリア、江ノ島、鎌倉、逗子、葉山で一番綺麗な夕日を眺めたいのであれば、片瀬西浜海水浴場がおすすめです。空気が澄んだ晴れた日には富士山も綺麗に見ることができます。片瀬西浜海水浴場は、片瀬東浜海水浴場と比較すると、砂浜の幅が狭く、夏の海の家は、高床式に組み上げられたおしゃれな海の家が沢山並びます。片瀬東浜海水浴場よりも若者が多く、国道134号線にはサーフショップが並び、鵠沼海岸方面側に向ってサーフィンを楽しむ人が多い海岸でもあります。



目次

片瀬西浜海水浴場からの夕日

片瀬西浜海水浴場から眺める夕日のご紹介です。

太陽は東から登り、西に沈むので、片瀬東浜海水浴場から沈む夕日を見ることはできません。夕日を眺めるのであれば、片瀬西浜海水浴場になります。

夕暮れの西浜は、海外からの観光客の方はもちろんのこと、地元の方やカップル、家族連れ、お仕事帰りのサラリーマンの方など、とても多くの方々が夕日を眺めにやってきます。浜辺は高台になっているので、少し離れた距離で富士山と一緒に夕日を眺めるのもおすすめですし、波打ち際まで近づいて、夕日のリフレクション(反射)を楽しむのもおすすめです。

日没直後の海岸線

日没直後の海岸線

こちらは12月の日没直後の海岸線。春夏秋冬で太陽の沈む位置や角度が変わってくるので、同じ夕日であっても季節や天候によって美しさが変わるのも江ノ島海岸の魅力です。

片瀬西浜海水浴場からの夕日

片瀬西浜海水浴場からの夕日

片瀬西浜海水浴場からの夕日

片瀬西浜海水浴場からの夕日

片瀬西浜海水浴場からの夕日

片瀬西浜海水浴場からの夕日

片瀬西浜海水浴場からの夕日

片瀬西浜海水浴場からの夕日

片瀬西浜海水浴場からの夕日

片瀬西浜海水浴場からの夕日

片瀬西浜海水浴場からの夕日

片瀬西浜海水浴場からの夕日

江ノ島の日の出・日没時刻

本日の江ノ島の日の出と日没時刻をプログラムがピンポイントで自動計算して表示しています。情報は毎日更新されますので、「江ノ島の日の出や夕日を楽しみたいんだけれど、今日の日の出・日没時間は?」っと気になった方は、以下で毎日日没時間を正確に確認することができます。お出かけの際の情報としてお役立てください。

2018年08月19日: 日の出時刻 05:07 日没時刻 18:24

片瀬西浜海水浴場以外の江ノ島で、夕日が綺麗に見える場所を以下のページでまとめています。

関連記事:江ノ島で人気の夕日スポット

西浜の雰囲気

江ノ島にあるおしゃれなお店

江ノ島にあるおしゃれなお店

江ノ島にはおしゃれなお店が沢山あります。江ノ島や東浜側はレトロ風なお店が多いですが、西浜側はおしゃれな感じのお店や、ファミリーレストランが海沿いの国道134号線沿いに立ち並んでいます。写真は、片瀬西浜海水浴場のすぐ近くにあるアロハテーブルです。アロハテーブルの詳細は以下よりご確認できます。

関連記事:アロハテーブルの詳細を確認する

サーフィンなどマリンレジャーが楽しめる

江ノ島でマリンレジャーで多いのは、ヨット、釣り、サーフィンです。サーフィンは、片瀬西浜海水浴場の隣にある鵠沼海岸から茅ヶ崎方面へと向う西側の海がサーフスポットになっています。国道134号線沿いにも多くのサーフショップを見かけます。

江ノ島の海の家について

江ノ島の海の家

江ノ島の海の家

江ノ島の海水浴場は、大きく東浜と西浜に分類されます。東浜は砂浜に海の家が建てられているのに対して、西浜の方はビーチに降りる階段を利用した高床式のような海の家がメインとなってきます。電車でのアクセスの場合、東浜は、江ノ電、湘南モノレールの江ノ島駅からアクセスしやすい浜なのに対して、西浜は、小田急線江ノ島駅からアクセスしやすい浜になっています。

関連記事:江ノ島の海の家について

アクセス方法

江ノ電駐車センター前で撮影した夕暮れ

江ノ電駐車センター前で撮影した夕暮れ

車と電車で、片瀬西浜海水浴場へ訪れる際のアクセス方法について、以下のページでまとめています。

関連記事:江ノ島、片瀬海水浴場への車と電車でのアクセス方法

片瀬西浜海水浴場周辺の駐車場

夏の駐車場料金が上がる時期の1時間あたりの駐車料金の価格を比較して、片瀬西浜海水浴場周辺にある駐車場で一番価格が安い駐車場を調べてみました。江ノ電駐車センター駐車場、県営片瀬海岸地下駐車場、バス駐車場、中部駐車場、西部駐車場、サーフビレッジ駐車場(緑陰広場駐車場)、焼肉屋さかいの駐車場、タイムズ鵠沼シーサイド駐車場、マクドナルド江ノ島店駐車場、タイムズモスカフェ江ノ島店駐車場、パークネット駐車場、タイムスペースくげぬま海岸駐車場、タイムズプラッシングウェーブ江の島駐車場、鵠沼海岸第1駐車場、相石パーク鵠沼海岸駐車場、レッドロブスター江ノ島店駐車場、ピットデザイン片瀬海岸西浜駐車場、パカラ片瀬海岸第1駐車場、デニーズ江ノ島店駐車場、江の島ボウル駐車場、カプリチョーザ駐車場、JPARK江ノ島第2駐車場、グリーンパーク片瀬江ノ島駐車場の23箇所の駐車場を比較した場合、どの駐車場が一番安いのか?実際に比較してみると、以下の通りとなります。一番価格が安い駐車場の部分には、確認しやすいように赤で色を付けています。

※スマートフォンからアクセスの場合は表が横スライドします。

駐車場の場所駐車場の名前平日土日祝
片瀬西浜周辺江ノ電駐車センター駐車場400円400円
片瀬西浜周辺県営片瀬海岸地下駐車場520円520円
片瀬西浜周辺バス駐車場420円420円
片瀬西浜周辺中部駐車場420円420円
片瀬西浜周辺西部駐車場420円420円
片瀬西浜周辺サーフビレッジ駐車場(緑陰広場駐車場)2,060円2,060円
片瀬西浜周辺焼肉屋さかいの駐車場400円400円
片瀬西浜周辺タイムズ鵠沼シーサイド駐車場400円400円
片瀬西浜周辺マクドナルド江ノ島店駐車場1,000円1,000円
片瀬西浜周辺タイムズモスカフェ江ノ島店駐車場600円1,000円
片瀬西浜周辺パークネット駐車場900円900円
片瀬西浜周辺タイムスペースくげぬま海岸駐車場200円400円
片瀬西浜周辺タイムズプラッシングウェーブ江の島駐車場1,000円1,000円
片瀬西浜周辺鵠沼海岸第1駐車場500円500円
片瀬西浜周辺相石パーク鵠沼海岸駐車場400円400円
片瀬西浜周辺レッドロブスター江ノ島店駐車場800円1,000円
片瀬西浜周辺ピットデザイン片瀬海岸西浜駐車場400円800円
片瀬西浜周辺パカラ片瀬海岸第1駐車場600円800円
片瀬西浜周辺デニーズ江ノ島店駐車場800円1,200円
片瀬西浜周辺江の島ボウル駐車場2,000円2,000円
片瀬西浜周辺カプリチョーザ駐車場2,000円2,000円
片瀬西浜周辺JPARK江ノ島第2駐車場600円1,000円
片瀬西浜周辺グリーンパーク片瀬江ノ島駐車場800円1,000円
江ノ島の駐車場に確実に車を駐車したい場合は、軒先パーキング、もしくはakippa (あきっぱ)で事前予約すると便利です。

関連記事:片瀬西浜海水浴場周辺の駐車場料金比較

片瀬西浜海水浴場のスポット情報

地図

片瀬東浜海水浴場について

江ノ島東海岸ビーチの特徴

江ノ島東海岸ビーチの特徴

片瀬東浜海水浴場は、西浜と比較するとビーチの幅が広く、平屋建ての大きな海の家があるビーチです。砂浜が広く遠浅の海で、サーフィンを行う人もいないので、小さな子供がいる家族連れに人気です。西浜はおしゃれなお店が多く立ち並ぶのに対して、東浜は江ノ電の路面区間があるエリアで、昔ながらの昭和の雰囲気が残る静かで雰囲気がよい街です。

関連記事:片瀬東浜海水浴場の詳細について

江ノ島の駐車場

腰越海水浴場方面、片瀬東浜海水浴場、江ノ島の島の中、片瀬西浜海水浴場から鵠沼方面にある駐車場に全て実際に訪れて、現地の様子を撮影したり駐車場の料金を調べてきました。「江ノ島で安い駐車場はどこ?」が把握できるように、一覧表にまとめてみました。

関連記事:江ノ島の駐車場料金比較

江ノ島の海

片瀬西浜海水浴場はおしゃれなお店が多い若者に人気のビーチ

江ノ島の海は、片瀬東浜海水浴場と片瀬西浜海水浴場の二つに分かれます。どっちにしようか?と悩む方もいるかと思うので、それぞれの海の特徴や雰囲気について、まとめていきます。片瀬東浜海水浴場は、波が穏やかで遠浅の海で、砂浜が広く、マリンスポーツを楽しむ人が少ないので、小さな子供がいる家族連れが多く訪れる場所なのに対して、片瀬西浜海水浴場は、砂浜の幅が狭くおしゃれな海の家が沢山軒を連ねる海なのと、夕日がとても綺麗なビーチのため、若者に人気の海となります。

関連記事:江ノ島の海について

江ノ島の観光、デート情報

江ノ島の海の雰囲気や江ノ島の海の家、お寺、神社、ホテル情報などをまとめています。江ノ島について更に詳しく知りたい場合は、以下のページもあわせてご覧ください。

関連記事:江ノ島のおすすめ人気観光、デートスポット

江ノ島のホテル比較

片瀬西浜海水浴場からの夕日

江ノ島観光の際に利用するのにおすすめのホテルは、JRだと辻堂駅、藤沢駅、大船駅、鎌倉駅周辺。小田急線だと、片瀬江ノ島駅、鵠沼海岸駅、湘南台駅周辺。湘南モノレールだと、湘南江ノ島駅周辺。江ノ電だと湘南海岸公園駅、腰越駅周辺になります。それぞれの駅周辺にあるホテルを一覧にして比較できるようにしました。比較表では、それぞれの最寄駅からの徒歩時間、簡単な特徴、参考宿泊料金、じゃらん、楽天、エクスペディア、Yahoo!トラベル、JTB、ヨヤキュードットコム、一休の各宿泊施設への予約一覧へのURLを記載しています。参考価格は、行楽シーズン外での価格を参考情報として記載しています。初詣がある年末年始や、桜のお花見、あじさい、海水浴、紅葉シーズンなどは、ホテルの価格が高くなる傾向があります。あらかじめ前もって予約をすると安く済む場合や、希望する宿泊施設の予約がし易いので、江ノ島へ宿泊で旅行に訪れる際には、早めに予約をするのがおすすめです。

関連記事:江ノ島のホテル比較