湘南のコインロッカー

鎌倉駅西口改札を出て右側にあるコインロッカー

鎌倉駅西口改札を出て右側にあるコインロッカー

湘南で人気の江ノ島、鎌倉、逗子駅周辺にあるコインロッカーについて、以下のページでまとめています。



江ノ島

江ノ島周辺にあるコインロッカーは、小田急線の片瀬江ノ島駅、江ノ電の江ノ島駅、湘南モノレールの湘南江ノ島駅、片瀬江ノ島駅と片瀬西浜海水浴場の間にある穴場のコインロッカー、江の島アイランドスパ、湘南海岸公園サーフビレッジの合計6箇所になります。鎌倉駅と比較して、江ノ島にある各駅のコインロッカーの数はとても少ないのが特徴です。江ノ島に観光やデート、海の家などで訪れる際に、コインロッカーを利用したい場合は、あらかじめ場所を把握しておくのがおすすめです。江ノ島周辺にあるコインロッカーの詳細について、以下のページで詳しくまとめています。

関連記事:江ノ島周辺のコインロッカー

鎌倉

観光やデートで鎌倉駅を拠点にされる方が多いと思いますが、なるべく荷物は駅のコインロッカーに預けて身軽になった方が、行動しやすくなります。夏の海の家に行く際も、貴重品が心配な場合は、駅のロッカーにメインの荷物を預け、必要最小限の手荷物と小銭で海の家に行くのも手段です。鎌倉駅構内(駅の中)と、構外(駅の外)。鎌倉駅でロッカー以外で手荷物を預けることができる穴場の鎌倉市観光協会事務局と、鎌倉駅から離れますが、鎌倉で唯一無料のコインロッカーがある場所の情報とあわせてご紹介いたします。
関連記事:鎌倉駅周辺のコインロッカー

逗子

逗子駅のコインロッカーは、駅構内(駅の中)と駅構外(駅の外)の2箇所にあります。鎌倉や江ノ島周辺のコインロッカーの数と比較すると、とても数は少ないです。特に夏の海水浴シーズンは、大勢の人たちが逗子駅を訪れるので、逗子駅のコインロッカーはあまりあてにしないようにしておいた方がよいかもしれません。また、逗子駅には逗子海水浴場がある東口と、西口に分かれますが、コインロッカーがあるのは、東口のみとなります。逗子駅にあるコインロッカーについて、実際に現地へ足を運び、写真を撮影してきましたので、ご紹介いたします。

関連記事:逗子駅のコインロッカー

関連記事:海水浴での忘れ物や盗難、紛失防止に役立つ対策とアイテム

海の家の持ち物チェックリスト

海の家の持ち物チェックリスト

海の家へ海水浴に行く際に役立つ持ち物のチェックリストです。必ず持っていくもの、あると便利なもの、マリンレジャーアイテム、赤ちゃん用持ち物に分類してご紹介いたします。磯でシュノーケリングを楽しむ場合は、海の水の透明度が高い葉山の海がおすすめです。また、江ノ島、鎌倉、逗子は浜辺でのバーベキューが禁止されているため、浜辺でバーベキューを楽しむ場合も葉山の海に訪れるのがおすすめです。

関連記事:海の家の持ち物チェックリスト

湘南の海の家

「IBIZA HOUSE」からの夕暮れ

湘南で人気の海の家は、江ノ島、鎌倉、逗子、葉山になります。それぞれの場所で、海の家の雰囲気などが異なってきます。それぞれの場所にある海の家の様子を実際に現地へ訪れて撮影してきましたので、ご紹介いたします。

関連記事:湘南の海の家

湘南、海の家のアルバイト

Asiaのバーカウンター

7月から8月まで、夏のわずか2ヶ月の期間だけ開催されるリゾートな雰囲気が満載の海の家。海の目の前で真っ黒に日焼けした海の家のスタッフにあこがれて、海の家でのアルバイトをやってみたいと思う高校生、大学生からフリーターの男女が多いはずです。人と接触する機会が多いアルバイトでもあるので、多くの出会いもあります。実際に私も若い頃は湘南の海の家でアルバイトをしていたことがあるのですが、当時の想い出を思い出しながら、江ノ島、鎌倉、逗子、葉山のほぼ全ての海の家を巡り、海の家で働くスタッフのみなさんに、海の家で働くことのメリット、デメリットについて確認をしてきました。今年の夏は、海の家のアルバイトにチャレンジしてみようかなっと思う方は、参考になる情報だと思いますので、ぜひご覧ください。

関連記事:湘南、海の家のアルバイトについて