江ノ島、島内の駐車場料金比較

江ノ島の駐車場情報

江ノ島の駐車場情報

江ノ島の内部(島内)にある駐車場は、江ノ島なぎさ駐車場、藤沢市観光協会江ノ島駐車場、江ノ島かもめ駐車場、県営有料駐車場(湘南港臨港道路付属駐車場)の4箇所です。夏の駐車場料金が上がる時期の1時間あたりの駐車料金の価格を比較して、江ノ島の中にある駐車場で、一番価格が安い駐車場を最新の情報をもとに調べてみました。江ノ島の駐車場は、シーズンなどによって料金や営業時間が異なる場合があります。以下に記載する価格や営業時間については、参考情報となります。最大料金の比較は、平日、休日、夜間、夏季、夏季以外や、24時間制限、12時間制限など、駐車場によって料金体系が複雑に設定されているため、一律に比較することができません。駐車場の最大料金を知りたい場合は、各駐車場詳細ページに最大料金の有無とあわせて記載しておりますのでご確認ください。



江ノ島の島内ある駐車場

江ノ島にある駐車場は、江ノ島なぎさ駐車場、藤沢市観光協会江ノ島駐車場、江ノ島かもめ駐車場、県営有料駐車場(湘南港臨港道路付属駐車場)の4箇所です。

江ノ島なぎさ駐車場

江ノ島なぎさ駐車場

江ノ島なぎさ駐車場

江ノ島なぎさ駐車場は、江ノ島入口の交差点から江ノ島大橋を渡った先にある駐車場です。江ノ島にある駐車場の中では、江ノ島に入って一番手前にある駐車場になります。江ノ島なぎさ駐車場は立体式の駐車場のため、江ノ島にある駐車場の中では、唯一高さ制限と重量制限がある駐車場です。高さ制限と、重量制限を越える車体については駐車することができませんので注意が必要です。詳細については、以下のページでまとめています。

関連記事:江ノ島なぎさ駐車場

藤沢市観光協会江ノ島駐車場

藤沢市観光協会江ノ島駐車場

藤沢市観光協会江ノ島駐車場

江ノ島なぎさ駐車場から道路を挟んで、斜め目の前ぐらいにあるのが藤沢市観光協会が運営する江ノ島駐車場です。江ノ島なぎさ駐車場と異なり、平置きの駐車場になることから、大型車も停車することができます。大型車は、全高2.3メートル以上の車が対象となってきます。詳細については、以下のページでまとめています。

関連記事:藤沢市観光協会江の島駐車場

江ノ島かもめ駐車場

江ノ島かもめ駐車場

江ノ島かもめ駐車場

江ノ島かもめ駐車場は、無人の自動発券型の大型駐車場です。江ノ島の中では一番新しい駐車場で、普通車は503台、大型のバスは14台まで停車することができます。精算機での事前精算には対応しておらず、精算時には、1000円札以外の紙幣は利用できないので、注意が必要です。また、障害者手帳、神奈川県EV、FCV認定カードを持っている場合は、出口精算機のオートホンでコールセンターに連絡し、ゲートに設置されているWebカメラに手帳等を提示すると、駐車場の料金を半額にすることができます。詳細については、以下のページでまとめています。

関連記事:江ノ島かもめ駐車場

県営有料駐車場(湘南港臨港道路付属駐車場)

県営有料駐車場(湘南港臨港道路付属駐車場)

県営有料駐車場(湘南港臨港道路付属駐車場)

県営有料駐車場は昔からある県営の駐車場です。子供の頃から利用している記憶があるので、30年近く前からある駐車場です。また江ノ島の中にある駐車場では、唯一二輪車が駐車できる駐車場です。詳細については、以下のページでまとめています。

関連記事:湘南港臨港道路附属駐車場

江ノ島の中の駐車場料金比較

夏の駐車場料金が上がる時期の1時間あたりの駐車料金の価格を比較して、江ノ島の中にある駐車場で一番価格が安い駐車場を調べてみました。江ノ島なぎさ駐車場、藤沢市観光協会江ノ島駐車場、江ノ島かもめ駐車場、県営有料駐車場(湘南港臨港道路付属駐車場)の4箇所の駐車場を比較した場合、どの駐車場が一番安いのか?を比較してみました。一番価格が安い駐車場の部分には、確認しやすいように赤で色を付けています。

※スマートフォンからアクセスの場合は表が横スライドします。

江ノ島の駐車場に確実に車を駐車したい場合は、軒先パーキング、もしくはakippa (あきっぱ)で事前予約すると便利です。

江ノ島の駐車場は、県営有料駐車場(湘南港臨港道路付属駐車場)が一番安いです。

関連記事:湘南港臨港道路附属駐車場

江ノ島の駐車場

腰越海水浴場方面、片瀬東浜海水浴場、江ノ島の島の中、片瀬西浜海水浴場から鵠沼方面にある駐車場に全て実際に訪れて、現地の様子を撮影したり駐車場の料金を調べてきました。「江ノ島で安い駐車場はどこ?」が把握できるように、一覧表にまとめてみました。

関連記事:江ノ島の駐車場料金比較