旧横浜港駅プラットホームの見所

旧横浜港駅プラットホームについて

旧横浜港駅プラットホームについて

今は亡き祖父と祖母が横浜高島町で畳屋を営んでおり、横浜港駅の話は昔話でよく聞いていたのですが、旧横浜港駅プラットホームに足を運ぶと、当時若かった二人がこの場所付近に訪れていたんだっと思うと、なんだかいつも一人、不思議な空気に浸ってしまう場所です。横浜市周辺に存在する駅のプラットホームと比較すると、とても小さく、古びた駅ですが、横浜港駅ができた明治44年は革新的な駅であり、当時東京、新橋、品川、横浜港駅間をつないでいたこのプラットホームが無ければ、日本の高度経済成長を遂げる一歩が踏み出せなかったんだろうか?など、いろいろな事を考えさせられる場所でもあります。

港町横浜の魅力

横浜の魅力は、近代的で海が近い港町でありながらも、古い歴史有る建物が至るところに点々とあるところだと思います。古い歴史ある建物がそのまま残っている場所もありながら、赤レンガ倉庫のように再建し、横浜のランドマーク的存在になる建物なども魅力です。生まれ育った街に、祖父や祖母が過ごしていた頃の街並みが少しでも残っていると、その場所を通り過ぎる度に、目に見えない置手紙が残されているような気分になります。私が横浜で生まれた場所は、横浜市中区相生町にあった国際親善病院なのですが、今は泉区の弥生台に移転してしまっているのですが、当時国際親善病院があった相生町の場所には、国際親善総合病院のメダリオンが今もなお残されています。ちなみに私は、生まれたのは中区相生町時代の国際親善病院なのですが、人生初の手術を受けたのは、中区から泉区の弥生台に移転した国際親善病院でした。ここもまた、なんだか不思議な気分になりました。

旧横浜港駅プラットホームがある場所

旧横浜港駅プラットホームがある場所は、マリンアンドウォークの目の前

旧横浜港駅プラットホーム

旧横浜港駅プラットホームがある場所は、赤レンガ倉庫のすぐ側にある赤レンガパークのすぐ隣です。マリンアンドウォークのすぐ目の前と言うとより分かりやすいかと思います。旧横浜港駅プラットホームの目の前は、赤レンガ倉庫になります。

旧横浜港駅プラットホームの目の前は、赤レンガ倉庫

旧横浜港駅プラットホームの目の前は、赤レンガ倉庫

この日訪れた時は、夕暮れの空がとても綺麗だったので、赤レンガ倉庫方面を撮影してみました。

赤レンガ倉庫と夕暮れ

赤レンガ倉庫と夕暮れ

赤レンガ倉庫の詳細については、以下のページでまとめています。

関連記事:赤レンガ倉庫について

この日は夕焼けがとても赤く、ベイブリッジも鶴見つばさ橋も真っ赤に染まっていました。

夕暮れに赤く染まるベイブリッジと鶴見つばさ橋

夕暮れに赤く染まるベイブリッジと鶴見つばさ橋

ベイブリッジの詳細については、以下のページでまとめています。

関連記事:横浜ベイブリッジについて

こちらは、旧横浜港駅プラットホームの夜景です。

旧横浜港駅プラットホームの夜景

旧横浜港駅プラットホームの夜景

旧横浜港駅プラットホームの夜景については、以下のページでご紹介しています。

関連記事:旧横浜港駅プラットホームの夜景

旧横浜港駅プラットホームのスポット情報

旧横浜港駅プラットホームの住所は、〒231-0001 横浜市中区新港1-2-1です。地図とストリートビューをあわせて記載しておきます。

地図

ストリートビュー

以下は、旧横浜港駅プラットホームにあるパネルの説明内容となります。

旧横浜港駅プラットホームについて

「横浜港駅」は、明治44年(1911)、横浜税関構内の荷扱所としてつくられ、大正9年(1920)7月23日、「横浜港駅」となり、東京駅から初の汽船連絡列車が乗りいれました。列車はその後、「岸壁列車」などと呼ばれて親しまれました。関東大震災の復興期、昭和3年(1928)当初の花形外航ターミナルにそって旧「横浜港駅」の「プラットフォーム」が設けられ、華やかな海外航路時代の最盛期をむかえました。「赤レンガパーク」の休憩所として保存再利用にあたり、傷んでいた上屋は新材料で復元しています。

連絡列車のエピソード

  • 大正9年7月23日日本郵船「香取丸」の出港に向け、2等115人3等116人を乗せた連絡列車が、東京からの乗り入れ第一号。
  • 戦後、昭和32年8月28日「氷川丸」出航時に再開。
  • 昭和45年10月10、11、18日SL-D51が東京駅、横浜港駅間を走る。またこれが同区間を走る最後のSLとなった。

プラットホームから見た4号岸壁のイベント(昭和3年~)

  • 昭和3年日本郵船「これあ丸」の出港がプラットホーム利用の第一号。
  • 昭和4年英王室よりグロスター公が「サフォーク号」で来日。
  • 昭和5年「秩父丸」がサンフランシスコへ処女航海。
  • 昭和34年宝塚歌劇団一行「氷川丸」にてカナダ、アメリカ公演に出港、5千人の見送りでにぎわう。
  • 昭和35年、氷川丸最後の航海に出航。(この後氷川丸は横浜港のシンボルとして現在に至る)

東京→横浜港駅の時刻表より

  • 東京駅発午後1時5分→新橋→品川→午後1時56分横浜港駅プラットホーム着所要時間51分、帰りは3時25分横浜港駅発であった(昭和3年)
  • この列車は外航船出帆日の臨時便で「御乗車ノ際ハ予メ御問合セ下サイ」と追記してあった。
  • 運賃は東京・横浜港駅間2等1円6銭、3等53銭。当時はカレーライスが15銭ぐらいである。

見所、夕暮れ、夜景

旧横浜港駅プラットホームの見所、夕暮れ、夜景をご紹介しています。



横浜関連情報

横浜周辺のホテル

横浜、みなとみらい周辺で格安プランが付いたホテルの一覧をご紹介しています。

横浜周辺のホテルを確認する