江の島シーキャンドルからの夜景

湘南エリアの中でも人気が高い江ノ島、鎌倉、逗子、葉山の中で、唯一夜景を楽しむことができるスポットといえば、江ノ島のシーキャンドルです。晴れた空気が澄んだ日には、江の島シーキャンドルから、遠くに横浜ランドマークタワー、晴れていれば東京タワーや、東京スカイツリーや富士山も眺めることができる夜景のおすすめスポットです。私がこの場所で一番好きなのは、国道134号線から西湘バイパス沿いに続くキラキラ輝く道と街並みです。シーサイドの夜景もなかなかワクワクします。



江ノ島の夜景

こちらは江ノ島シーキャンドルから撮影した夜景の写真です。一枚目は横浜方面を撮影した夜景の写真になります。右側の奥に小さな横浜ランドマークタワーが見えます。

江ノ島展望台からの夜景

江ノ島展望台からの夜景

こちらは西湘バイパス方面の夜景を撮影した写真です。西湘バイパスは、神奈川県中郡大磯町から小田原市を結ぶ自動車専用道路です。江ノ島方面から熱海や伊豆などに向う際に西湘バイパスを利用します。

江ノ島展望台からの夜景

江ノ島展望台からの夜景

西湘バイパスの夜景と富士山を撮影してみました。日が沈んだ日没直後ぐらいのマジックアワーの時間帯に撮影した写真なので、薄っすらとまだ空がオレンジ色になっています。

江ノ島には夕日を楽しむスポットが沢山あります。江ノ島で人気の夕日スポットを以下のページでまとめています。

関連記事:江ノ島で人気の夕日スポット

江ノ島展望台からの夜景

江ノ島展望台からの夜景

江ノ島で夜景を楽しんだ後は、イルミネーションがおすすめです。江ノ島で見れるイルミネーションについて、以下のページでまとめています。

関連記事:冬の江ノ島のイルミネーション

海沿いの夜景といえば、横浜の夜景がとても綺麗です。続けて、横浜の夜景についてご紹介いたします。

関連記事:横浜みなとみらいで人気の夜景スポット

湘南で人気の夕日スポット

湘南で人気の夕日スポットといえば、江ノ島、鎌倉、逗子、葉山のエリアになります。インスタグラムでもインスタ映えを狙った湘南の夕暮れの夕日を撮影した写真を沢山みかけます。湘南の海は、場所によって東側の入り江に位置しているところがあり、夕日が地平線に最後まで沈むところまで眺めることができない場所もあります。自ら足を運び撮影し、インスタグラムに投稿した情報をもとに、「えっ?こんな場所があったの?」と思うような穴場的な場所も交えながら、地元に住んでいる利点を生かしてまとめてみたいと思います。

関連記事:湘南で人気の夕日スポット

江ノ島の観光、デート情報

江ノ島の海の雰囲気や江ノ島の海の家、お寺、神社、ホテル情報などをまとめています。江ノ島について更に詳しく知りたい場合は、以下のページもあわせてご覧ください。

関連記事:江ノ島のおすすめ人気観光、デートスポット

江ノ島のホテル比較

片瀬西浜海水浴場からの夕日

江ノ島観光の際に利用するのにおすすめのホテルは、JRだと辻堂駅、藤沢駅、大船駅、鎌倉駅周辺。小田急線だと、片瀬江ノ島駅、鵠沼海岸駅、湘南台駅周辺。湘南モノレールだと、湘南江ノ島駅周辺。江ノ電だと湘南海岸公園駅、腰越駅周辺になります。それぞれの駅周辺にあるホテルを一覧にして比較できるようにしました。比較表では、それぞれの最寄駅からの徒歩時間、簡単な特徴、参考宿泊料金、じゃらん、楽天、エクスペディア、Yahoo!トラベル、JTB、ヨヤキュードットコム、一休の各宿泊施設への予約一覧へのURLを記載しています。参考価格は、行楽シーズン外での価格を参考情報として記載しています。初詣がある年末年始や、桜のお花見、あじさい、海水浴、紅葉シーズンなどは、ホテルの価格が高くなる傾向があります。あらかじめ前もって予約をすると安く済む場合や、希望する宿泊施設の予約がし易いので、江ノ島へ宿泊で旅行に訪れる際には、早めに予約をするのがおすすめです。

関連記事:江ノ島のホテル比較