鎌倉野菜とは?他の野菜と何が違うの?

鎌倉野菜とは?他の野菜と何が違うの?

鎌倉野菜とは?他の野菜と何が違うの?

鎌倉野菜の一番の特徴は、鎌倉で生産された野菜であるという点です。鎌倉野菜として販売されている野菜の種類には、キュウリやトマト、レタスなど普段どこでも見かけるような野菜の種類から、フェンネル、ビーツ、グリーントマトなど、普段あまり見かけることがない種類までいろいろありますが、鎌倉野菜でなくては手に入らない種類の野菜はありません。鎌倉野菜が他の野菜と何が違うのか?についてまとめてみたいと思います。

鎌倉野菜とは?

鎌倉野菜の大きな特徴は、以下の2点のみです。

  • 鎌倉で生産された野菜。
  • 一般にスーパーで販売されている野菜よりも味が濃い。

鎌倉野菜は鎌倉で生産された野菜であるという点は誰でも分かり易いですが、「なぜ鎌倉野菜は味が濃いのか?」という点について疑問に思ったので、鎌倉の農家が鎌倉野菜を直販する鎌倉市農協連即売所(レンバイ)で確認してきました。

鎌倉野菜の味が濃い理由

鎌倉市農協連即売所(レンバイ)

鎌倉市農協連即売所(レンバイ)

鎌倉は山と海に囲まれた自然豊かな土地で、野菜を育てるのに欠かせない土壌には、ミネラル成分が豊富に含まれています。海の近くで採れる野菜やくだものは美味しいという話をよく聞くのですが、知り合いのシェフの中には、千葉の房総半島の野菜がとても美味しくておすすめという方もいます。実際に鎌倉野菜を食べてみると、普段スーパーで購入して食べる野菜とは、明らかに味が濃いというのが分かります。私の中で特に味の違いを感じる野菜は、ルッコラです。一般のスーパーで市販されているルッコラは、ほとんど味を感じないただの葉っぱなのですが、鎌倉野菜として販売されているルッコラは、とても食べ応えがあるルッコラの味を感じることができます。鎌倉野菜の味が濃い理由は、海と山が多い自然豊かな土地で、ミネラル成分が豊富に含まれた土壌で育てられているという点です。

鎌倉野菜が買える場所

鎌倉市農協連即売所(レンバイ)

鎌倉市農協連即売所(レンバイ)

鎌倉野菜は、鎌倉現地で直接購入するか、インターネット上から通信販売で購入する方法の2種類があります。鎌倉で鎌倉野菜を購入できる場所として有名なのが、鎌倉市農協連即売所(レンバイ)になります。鎌倉市農協連即売所(レンバイ)の詳細については、以下のページでまとめています。

関連記事:鎌倉野菜を買うなら鎌倉市農協連即売所(レンバイ)

豊富な種類

鎌倉野菜は、普段なかなか目にすることがないような珍しい種類もあります。実際にどのような種類が存在して、どれほどの価格で販売されているのかについて、以下のページでまとめてみました。

関連記事:鎌倉野菜の種類

鎌倉ビールの味比べ

鎌倉ビールのおつまみは鎌倉野菜

鎌倉ビールのおつまみは鎌倉野菜

味が濃い鎌倉野菜をおつまみにしながら、江の島ビール、鎌倉ビール、葉山ビール、横須賀ビールの飲み比べをしてみました。詳細については、以下のページでまとめています。

関連記事:江の島ビール、鎌倉ビール、葉山ビール、横須賀ビールを飲み比べてみた

鎌倉野菜のインターネット通販

鎌倉野菜はインターネット通販でも購入することができます。80サイズのダンボールに、12品ピックアップして詰められた鎌倉野菜が一年中クール便で届けられます。不要な野菜のリクエストにも応じてくれるので、苦手な野菜を外して購入することもできます。鎌倉野菜は、新鮮で味が濃く一度食べると癖になる味です。遠方で鎌倉野菜を食べたことがない方は、以下のインターネット通販がおすすめです。

関連記事:鎌倉野菜のインターネット通販