レインボーブリッジの裏側を撮影。空いてる穴場デート、撮影スポット

レインボーブリッジがあるお台場周辺は平日もいつも大勢の人たちであふれています。でも、いつも空いていて、違った姿のレインボーブリッジが一望できる穴場デート、撮影スポットをご紹介いたします。

場所は、ゆりかもめ線、芝浦ふ頭駅から徒歩5分ほどのところにある港区立芝浦南ふ頭公園運動広場です。



港区立芝浦南ふ頭公園運動広場

港区立芝浦南ふ頭公園運動広場

港区立芝浦南ふ頭公園運動広場

港区立芝浦南ふ頭公園運動広場からは、レインボーブリッジを橋の真下から撮影することができます。

普段、なかなか見ることができないレインボーブリッジの裏側を撮影した写真をインスタグラムにアップしました。この奥行き感がたまりません。

インスタはフィルターを適用させてしまっているので、インスタのフィルターが適用されていない写真もアップ。

港区立芝浦南ふ頭公園運動広場で撮影したレインボーブリッジ

港区立芝浦南ふ頭公園運動広場で撮影したレインボーブリッジ(昼間バージョン)

港区立芝浦南ふ頭公園運動広場で撮影したレインボーブリッジ(夜景バージョン)

港区立芝浦南ふ頭公園運動広場で撮影したレインボーブリッジ(夜景バージョン)

なかなか、迫力満点です。

次に角度を変えて、レインボーブリッジをサイドから撮影してみました。

港区立芝浦南ふ頭公園運動広場で撮影したレインボーブリッジ

港区立芝浦南ふ頭公園運動広場で撮影したレインボーブリッジ

ながーいです。

東京の街並みを撮影することもできます。

港区立芝浦南ふ頭公園運動広場で撮影した東京の街並み

港区立芝浦南ふ頭公園運動広場で撮影した東京の街並み

そして、もう一つおすすめなのが、この場所からはレインボーブリッジを歩いて渡ることができる遊歩道がある点です。

レインボーブリッジ遊歩道

レインボーブリッジは歩いて渡ることができることはご存じですか?ノースレーンとサウスレーンに分かれていて、ノースレーンは東京の街並み側、サウスレーンは海側の遊歩道になります。

ノースレーン側の景色

ノースレーン側の遊歩道

ノースレーン側の遊歩道


ノースレーン側の遊歩道です。奥に進むとお台場方面へと抜けることができます。

ノースレーン側の遊歩道

ノースレーン側の遊歩道


ノースレーン側からは、東京の街並みを見ることができます。

サウスレーン側の景色

サウスレーン側の遊歩道

サウスレーン側の遊歩道


サウスレーン側の遊歩道です。奥がお台場方面です。

サウスレーン側の遊歩道

サウスレーン側の遊歩道


サウスレーン側からは、お台場方面の海の景色を眺めることができます。

外からはガッチリとしたレインボーブリッジですが、橋なだけに歩くと意外と揺れを感じます。

今回は、昼間に訪問したのですが、夕方の景色もおすすめだと思います。また別の機会に夕焼けを撮影してみたいと思います。

港区立芝浦南ふ頭公園運動広場がおすすめなのは、とっても空いている点です。

この写真を撮影した日は、平日の午後だったせいもあるかもしれませんが、芝浦南ふ頭公園運動広場には、私一人しかいませんでした。

混雑していない場所で、レインボーブリッジや、東京や海の景色を眺めたい方におすすめのデート、撮影スポットのご案内でした。

ただし、営業時間がありますので、ご注意ください。

夜は夜景が楽しめます。

レインボーブリッジで撮影したレーザービーム

レインボーブリッジで撮影したレーザービーム

レインボーブリッジの虹色ライトアップ

レインボーブリッジで一番人気の撮影スポットといえば、お台場海浜公園からの期間限定、虹色ライトアップです。

期間限定レインボーライトアップのレインボーブリッジ

期間限定レインボーライトアップのレインボーブリッジ

虹色に輝く、レインボーブリッジのスペシャルライトアップは、以下のページでご紹介しています。

期間限定レインボーブリッジの虹色ライトアップ

スポット情報

港区立芝浦南ふ頭公園運動広場

営業期間

  • 営業:8時~21時

住所

〒108-0022  東京都港区海岸3-33-20

レインボーブリッジ遊歩道

営業期間

  • 営業:9時~21時(11月~3月は10時~18時)
  • 休業:第3月休、定休が祝は翌休、悪天時は休

住所

〒108-0022  東京都港区海岸3-33-19

東京のデート・観光スポットに関する記事一覧