一枚板の本木で作られたテーブル席
盤古殿コレド日本橋店
盤古殿コレド日本橋店入口
北京ダックをさばく料理長の佐藤さん
3つある盤古殿の完全個室
盤古殿コレド日本橋店の賑わい
中華の模様が作り出す素敵な陰
店内に現れる虹
とても広くて雰囲気がよい店内
ウェルカムな雰囲気で、盤古殿コレド日本橋店がオープン
Arrow
Arrow
Shadow
ArrowArrow
Slider

2018年1月13日(土)に盤古殿コレド日本橋店がオープンしました。盤古グループは、首都圏を中心に現在拡大中の中華レストラングループで、川崎パールホテル店、新横浜プリンスホテル店、秋葉原UDX店に続く4店舗目の中華レストランとなります。レストランというよりも、接待や歓送迎会、飲み会など、楽しんでお酒を飲むことができる中華居酒屋という雰囲気の中華レストランです。盤古グループの愛好家として利用者目線で、盤古殿コレド日本橋オープン日の様子を中心にまとめてみたいと思います。

中華料理とは

日本人が中華料理と聞くと、ラーメンやチャーハン、餃子や小籠包などをイメージし、あくまで中華料理は、中華料理としか捉えない方がほとんどかと思います。私自身も、盤古殿の中華料理を食べるまでは、中華料理は、中華料理でしかないと思っていたのですが、盤古殿の中華料理を食べてからは、美味しいお店とそうでないお店の区別が付くようになりました。特に中国人の方は、本場中国の味に親しみがあるので、美味しいお店とそうでないお店の判別を一口料理を食べた瞬間に行う方が多くいます。

中華レストランの厨房に入ると、様々な調味料や香辛料が沢山あります。日本人は、調味料を正確に分量を測って調理するといった事が多いかと思いますが、中華レストランの料理人の方々を見ていると、おたまで調味料や香辛料をすくい上げ、目分量で調理していきます。美味しい中華料理は、仕込みももちろん大切だとは思うのですが、調理をするコックさんのセンスがとても表に出やすい料理だと思います。

様々な調味料や香辛料を中華鍋に入れて調理し、味見をしながら理想の味に近づけていくのだと思います。本当に美味しい中華料理とは、素材の味とあわせ、調味料や香辛料の味が深くかもし出されるものであり、日本に住む中国人や海外の方が、好んで足を運ぶ中華レストランは、本場に近い味で、味に深みがある本当の中華料理だと思います。

日本人の方からすると、香辛料が苦手とする方も少なからずいるのではないかと思いますが、好きな人にとって香辛料は、癖になる味で、一度食べたらまたその味を思い出し、二度、三度と何回でも足を運びたくなってしまうものです。

盤古グループの中華レストランは、日本に住む中国人の方や海外の方々、海外から日本に観光に訪れる方々にとても人気があるレストランです。

料理の味に深みと特徴がある中華料理なので、本場の中華料理を食べてみたいと思う方は是非盤古殿コレド日本橋店に訪れてみていただきたいと思います。

特に横浜中華街の中華の味しか味わってこなかったような方々は、本場の味の美味しさに驚くこと間違い無いと思います。私はもともと横浜市中区生まれなので、子供の頃から中華街の味を知っていたのですが、盤古殿の中華料理を食べた時に、今まで食べてきた味とは全然違う事に気が付き、何度もリピートしてしまっています。

中華料理の種類

日本で中華料理というと、山東料理、上海料理、広東料理、四川料理の四大中国料理が有名です。とは言いつつ、「四川料理が辛いのは知っているけれど、それ以外の中華料理は一緒でしょ?」と思っている方も多いのではないかと思います。しかし中国では、八大中華料理と呼ばれ、山東料理、江蘇料理、浙江料理、安徽料理、福建料理、広東料理、湖南料理、四川料理の八つに分類されてきます。

盤古殿は、中国全土のお料理の良いところを複数チョイスできるレストランになります。

それぞれの中華料理の特徴は、以下の通りとなります。

山東料理

山東料理とは北京料理の原型とされているお料理で、魯菜と呼ばれるお料理です。山東省発祥のお料理になりますが、日本人で山東省としてなじみが深い場所と言えば、青島ビールで有名な青島(チンタオ)がある場所となります。昔の中国では、山東料理を宮廷料理としても振舞われていました。中国のお料理は、北に行くほど味が濃くなる傾向があるのですが、山東料理は上海よりも北よりにあるせいか、比較的味は濃いほうで、海が近いことから海鮮系のお料理も多いのが特徴です。

江蘇料理

江蘇料理は、上海料理の原型とされるお料理です。長江の南の湖水地帯の都会である蘇州が発祥の地とされていて、主に川魚の白身やアヒル(水鳥)といった食材を、素材の味を生かしながら調理される傾向が強いお料理になります。

浙江料理

浙江料理は、東シナ海に面した浙江省を発祥とするお料理で、海鮮系を中心としつつ、江蘇料理と同じく、湖に生息する白身魚や海老、アヒル(水鳥)なども食材にするお料理です。お料理の盛り付けが華やかなのが特徴なのと、味付けは中華料理の中では比較的サッパリとしています。

安徽料理

安徽料理は、江蘇省と浙江省に面した少し内陸部に入った省になります。海のお料理というよりも、お茶やキノコ、タケノコなどといった山菜野菜や、川に生息する魚やカエル、スッポンといった食材を扱うお料理が中心となってきます。安徽料理には、下味や油通しを行わず、熱した中華鍋に材料と調味料、香辛料を入れて一気に炒める滑燒と呼ばれる独特の調理方法があります。お料理は、とろみが付いたコッテリとした味が特徴となります。

福建料理

福建料理は、中国でも南に位置する福建省を発祥とするお料理です。海南料理や台湾料理といったお料理も、福建料理に含まれます。福建省は漁業が盛んな省であり、海鮮物の中でもカキを使ったお料理が有名な場所でもあります。カキは食材としても利用されますが、干したカキを調味料の一部として利用される事もあります。カキが調味料と記載すると、オイスターソースが脳裏に浮かびますが、オイスターソースは福建省発祥では無く、広東省が発祥とされる調味料になります。また福建省といえば、鉄観音、武夷岩茶などといったウーロン茶もとても有名な場所になります。

広東料理

広東省といえば、香港やマカオといった更に南寄りの場所に位置する暑い気候の省になります。よくアメリカやハワイなどに旅行へ行くと、チャプスイという言葉を目にしたり耳にしたりする事がありますが、これは広東料理を元にアレンジされていると言われています。日本で広東料理といえば、八宝菜や中華丼といったお料理が有名です。広東料理は、潮州料理、客家料理、順徳料理と3つに更に分類されますが、燕の巣、フカヒレ、貝柱といった乾物は広東料理の中でも潮州料理が発祥とされています。

湖南料理

湖南料理は、四川料理と並んで、唐辛子をふんだんに利用した辛い中華料理になります。四川料理との大きな違いは、四川は調味料に麻辣が利用されるのに対して、湖南料理は、酸辣が利用されます。湖南省といえば、毛沢東の出身地でもあり、北京、上海を中心として各地域にとても多く存在する中華料理の一つになります。

四川料理

四川料理といえば、日本人にもなじみが深い辛い味の中華料理です。特に有名なお料理でいくと、麻婆豆腐、坦々麺、回鍋肉、麻辣火鍋、辣子鶏などといったところになります。麻辣を中心とした味付けで、食べた後に唇が痺れるといった特徴があるお料理でもあります。中華料理の中でも四川料理については、かなり味の決め手になるお料理だと思っていて、ただ単に辛いだけでなく、食材のうまみを最大限に引き出せる香辛料や調味料の配合がとても奥深いお料理だと思います。よく麻婆豆腐が美味しい中華レストランは、他のお料理も美味しいと言われることがありますが、複雑な味が絡み合う麻婆豆腐を上手く調理できる中華レストランは、腕のよいシェフが存在する事を意味するのかもしれません。

盤古グループとは

盤古グループとは

盤古グループとは

盤古グループは、首都圏を中心とした中華レストラングループです。コレド日本橋の他にも、川崎、新横浜プリンスホテル、秋葉原UDXの中に店舗があります。横浜中華街のような日本人をメインにした観光客向けにアレンジされた味では無く、本場中国の味をそのまま再現してお料理を提供する中華レストランです。

中華レストランというと、お食事を楽しむ場所というイメージがありますが、盤古殿は、お酒に合うお料理も沢山あり、お酒を飲みながらお料理も楽しめる居酒屋風な雰囲気もある店舗です。

特に完全個室が魅力的で、川崎店、新横浜プリンスホテル店、秋葉原UDX店、コレド日本橋店どの場所にも、壁やパーテーションでシッカリと仕切られた完全個室があるのが魅力的です。

盤古殿コレド日本橋店とは

盤古殿コレド日本橋店は、コレド日本橋内のレストランフロア4階にある中華レストランです。東京メトロ日本橋駅に直結しているため、雨に濡れることなく店舗まで足を運ぶことができアクセスがスムーズです。日本橋駅からは、徒歩1分となります。

日本橋という場所がら、オフィス街が立ち並ぶ東京の中心であり、アクセスもスムーズなことからビジネスで必要な接待や歓送迎会、会社帰りにちょっと飲んで帰るといった時にもおすすめの場所となります。

中国から取り寄せた高級家具や、有田焼を使ったお皿など、細部にまでこだわりが感じられる雰囲気やセンスがよい中華レストランになります。

接待、歓送迎会など日本橋で飲み会に適した場所

盤古殿コレド日本橋店は、コレド日本橋の中にある中華レストランのため、アクセスがスムーズで、ビジネスの場としても活用することができます。フロアはとても広く全体が見渡せるような作りになっているため、フロア全体を活用した宴会にも活用することができます。収容人数は全部で138人ということだったのですが、かなり広いので、もっと人は入ることができると思います。

なので、会社全体や、部署全体での大規模な宴会にも対応できるレストランだと感じました。

こだわりの家具

本木を利用した一枚板のテーブル

盤古殿が特徴的なのが、中国本土から取り寄せている家具が沢山あることです。特に目玉となる家具が、本木を利用した一枚板のテーブルです。そのテーブルがこちらです。

本木を利用した一枚板のテーブル

本木を利用した一枚板のテーブル

テーブルの上に調味料と楊枝があったのですが、可愛い花も飾られていたので、撮影してみました。

ちょっとしたところに可愛い花が飾られる気配り

ちょっとしたところに可愛い花が飾られる気配り

一枚板のテーブルの上にあったおしぼり置きにも、なんだかこだわりを感じたので撮影してみました。

一枚板のテーブルに置かれたおしぼり置き

一枚板のテーブルに置かれたおしぼり置き

こんなに立派なテーブルは、日本ではなかなか手に入らないのではないかと思います。日本橋店にあるテーブルは、二つのテーブルをつなぎ合わせたタイプなのですが、新横浜プリンスホテル店にある一枚板のテーブルは、長さ4メートルにもなる巨大な本木で作られた厚みのあるテーブルがありました。日本円で購入したら、一体いくらになるんだろう?というような高級感溢れるテーブルです。

おしゃれな照明

照明も中国から取り寄せたということなのですが、日本ではなかなか見かけないようなおしゃれな照明や、巨大なシャンデリアのような照明が天井に飾られています。

中国本土かた取り寄せているおしゃれな照明

中国本土かた取り寄せているおしゃれな照明

こちらは、店内中央付近にある長い照明なのですが、インスタ映えしそうなシンプルでおしゃれな照明だなっと思い撮影してみました。

店内中央付近にある長い照明(消灯時)

店内中央付近にある長い照明(消灯時)

電気を点灯させると、電球の中にあるコイルがオレンジになり、なかなかおしゃれです。

店内中央付近にある長い照明(点灯時)

店内中央付近にある長い照明(点灯時)

店舗奥にあるシャンデリアのような照明です。こちらも中国から取り寄せたそうです。

店舗奥にあるシャンデリアのような照明

店舗奥にあるシャンデリアのような照明

おしゃれな棚

店舗入口には、おしゃれな中国から取り寄せた棚が飾られていました。

店舗入口に飾られた、おしゃれな中国から取り寄せた棚

店舗入口に飾られた、おしゃれな中国から取り寄せた棚

棚には、沢山の有田焼の器が飾られていました。

棚に飾られた有田焼の器

棚に飾られた有田焼の器

中国至宝の酒、五粮液も飾られていました。一度飲んだことがあるお酒なのですが、白酒は香りも一緒に楽しめるお酒で、特に五粮液は白酒の中でも、格段に香りがよいお酒になります。

中国至宝の酒、五粮液

中国至宝の酒、五粮液

おしゃれな柵

そして、どんな場所でも個人的にとても空きなのが、影ができる場所です。盤古殿コレド日本橋店で気になった場所はここ。

なんだかとても素敵な雰囲気だと感じませんか?

中華の模様をした柵が作り出す素敵な陰

中華の模様をした柵が作り出す素敵な陰

こちらの中華柄の柵は、銅で天井と床の寸法にあわせて、中国本土でハンドメイドされているということなのですが、細部がとてもおしゃれです。

中華の模様をした柵

中華の模様をした柵

高級招き猫

この招き猫凄くないですか?レジカウンターで発見したのですが、こんなに綺麗な招き猫、初めてみました。お値段はかなり高いようです。

高級招き猫

高級招き猫

虹が現れる店内

そして、盤古殿コレド日本橋店でとても気になったのが、午後の日差しが店内に入りこむと現れるる綺麗な虹です。店内に、こんなに綺麗な虹が現れ、これもまた驚きです。

店内に現れる虹

店内に現れる虹

店内に現れる虹

店内に現れる虹

雰囲気のよいレストラン風居酒屋

盤古殿は、ラーメンやチャーハン食べる中華レストランというよりは、美味しい中華料理を何種類もオーダーしてつまみならが、お酒を飲むととても楽しめる場所です。宴会コース料理も充実しているので、会社の帰りなどに、複数人のグループで立ち寄るのがおすすめです。雰囲気がよい盤古殿をご紹介いたします。

こちらは一枚板の本木で作られたテーブル席。とってもゴージャスな雰囲気です。一見高級そうな感じにも見えますが、お値段は以下とリーズナブルです。

一枚板の本木で作られたテーブル席

一枚板の本木で作られたテーブル席

一枚板の本木で作られたテーブル席

一枚板の本木で作られたテーブル席

一枚板の本木で作られたテーブル席

一枚板の本木で作られたテーブル席

一枚板の本木で作られたテーブル席

一枚板の本木で作られたテーブル席

こちらは、店舗一番奥のテーブル席になります。

店舗一番奥のテーブル席

店舗一番奥のテーブル席

中華レストラン風の丸い形をした席もありました。

中華レストラン風の丸い形をした席

中華レストラン風の丸い形をした席

店内はとても広く、とても雰囲気がよいです。

とても雰囲気がよくて、広い店内

とても雰囲気がよくて、広い店内

とても雰囲気がよくて、広い店内

とても雰囲気がよくて、広い店内

とても雰囲気がよくて、広い店内

とても雰囲気がよくて、広い店内

とても広くて雰囲気がよい店内

とても広くて雰囲気がよい店内

とても雰囲気がよくて、広い店内

とても雰囲気がよくて、広い店内

盤古殿コレド日本橋店がオープンした初日も、宴会を楽しむ沢山の人たちで賑わっていました。

盤古殿コレド日本橋店の賑わい

盤古殿コレド日本橋店の賑わい

盤古殿コレド日本橋店の賑わい

盤古殿コレド日本橋店の賑わい

完全個室も大盛況で、満席状態で賑わっていました。

盤古殿コレド日本橋店の賑わい

盤古殿コレド日本橋店の賑わい

都会の夜景が楽しめるデートにも最適なロケーション

盤古殿コレド日本橋店は、夜景が綺麗で、デートにも最適なロケーションです。「ちょっと私がモデルになるわ。」っということなので、盤古殿のスタッフの黄さんにモデルになっていただき、デート風な雰囲気を撮影してみました。

デートにも最適なロケーション

デートにも最適なロケーション

デートにも最適なロケーション

デートにも最適なロケーション

盤古殿コレド日本橋店からの夜景も撮影してみました。まだ夕暮れ時になったばかりに撮影したので明るいですが、夜が更けると更に美しい都会の夜景が楽しめます。

盤古殿コレド日本橋店からの都会の夜景

盤古殿コレド日本橋店からの都会の夜景

厨房の様子

盤古殿は中国から本場の点心師が来て、調理を行っています。すべて一つ一つ手作りで点心が作られていました。食材は素材の品質に徹底してこだわっているとの事です。食材にこだわっているのは、食べてみれば一目瞭然、一度食べたら忘れられない味です。

中国からやってきた本場の点心師

中国からやってきた本場の点心師

手際よく仕込みが行われていました。

中国からやってきた本場の点心師

中国からやってきた本場の点心師

中国からやってきた本場の点心師

中国からやってきた本場の点心師

スタッフの対応

なかなか、レストランや居酒屋のホームページって、お料理の紹介がメインになってきてしまうところが多いですが、お料理と同じぐらい大切なのがスタッフの対応だと思います。

盤古殿コレド日本橋オープン初日ということで、緊張感が張り詰めているなか、スタッフのみなさんのミーティングにもおじゃまさせていただきました。

真剣な眼差しでミーティングをするスタッフのみなさん

真剣な眼差しでミーティングをするスタッフのみなさん

現場を取り仕切る店長が、緊張せず、いつも通りの対応をしていきましょうと、みなさんに説明を行っています。

盤古殿の森田店長

盤古殿の森田店長

オープン初日ということで、メニューの内容や値段のチェックも入念に行われていました。

メニューをチェックするスタッフ

メニューをチェックするスタッフ

盤古殿はみんなで助け合いながら、オープン前の準備が進められていました。

オープンに向けて身支度をするスタッフ

オープンに向けて身支度をするスタッフ

オープンに向けて準備をするスタッフ

オープンに向けて準備をするスタッフ

レストランは、スタッフの明るさもとても大切だと思います。

店舗入口でスタッフを撮影

店舗入口でスタッフを撮影

手をつなぐ必要はあるのか?!と思いましたが、これも愛敬だと思います(笑)。

店舗入口でスタッフを撮影

店舗入口でスタッフを撮影

オープン初日は、全店舗から精鋭なスタッフが集められていました。

全店舗から集められた精鋭なスタッフ

全店舗から集められた精鋭なスタッフ

森田社長もオープンに向けてイキイキしていました。

オープン前に記念撮影する森田社長

オープン前に記念撮影する森田社長

盤古殿コレド日本橋店オープンに向けて中心人物だった森田社長と高橋部長のツーショットです。オープン前は、少し準備に疲れたご様子でしたが、オープン直前は、笑顔が耐えませんでした。

森田社長と高橋部長のツーショット

森田社長と高橋部長のツーショット

ウェルカムな雰囲気で、盤古殿コレド日本橋店がオープンしました。

ウェルカムな雰囲気で、盤古殿コレド日本橋店がオープン

ウェルカムな雰囲気で、盤古殿コレド日本橋店がオープン

盤古殿コレド日本橋店は、常時スタッフを募集しているということでした。こんな素敵な明るい職場で働いてみたいと思う方は、求人情報をチェックしてみてください。

関連記事:盤古殿コレド日本橋店の求人情報

おすすめのお料理

盤古殿で一番おすすめのお料理はなんといっても北京ダックです。

盤古殿で一番おすすめのお料理はなんといっても北京ダック

盤古殿で一番おすすめのお料理はなんといっても北京ダック

北京ダックというと、ダックの皮だけをヤーピンに巻いて食べるというイメージが強いかと思いますが、盤古殿の北京ダックは肉まで食べれます。

肉まで食べることができる盤古殿の北京ダック

肉まで食べることができる盤古殿の北京ダック

料理長の佐藤さん直々に北京ダックをさばいていただきました。

北京ダックをさばく料理長の佐藤さん

北京ダックをさばく料理長の佐藤さん

肉まで食べることができる北京ダックは、鮮度が高いそうです。しかも、調理に丸二日間仕込んでいるということなので、うまみが凝縮され、他では味わえない美味しさに、大行列ができるのもうなずけます。

北京ダックをもとめて盤古殿の店内は大行列

北京ダックをもとめて盤古殿の店内は大行列

北京ダックをもとめて盤古殿の店内は大行列

北京ダックをもとめて盤古殿の店内は大行列

盤古殿で個人的に一番のおすすめは北京ダックですが、女性に人気の火鍋や、フカヒレスープなど、どのお料理を食べてもとても美味しいです。

まずは盤古殿の様々なお料理を楽しんでみるのが一番だと思うので、何人かグループで訪れて、北京ダックがセットになった宴会メニューを注文してみるのが一番おすすめです。

都内で完全個室といえば盤古殿

盤古殿の魅力は、なんといっても完全個室の宴会部屋です。都内で個室というと、半個室のお店が多いですが、盤古殿は上から下まで壁やパーテーションで区切られた完全個室になっているので、歓送迎会はもちろんのこと、重要な接待の場所としても活用できます。

壁でシッカリと区切られた完全個室

壁でシッカリと区切られた完全個室

宴会個室は、3部屋あるのですが、全てをつないで一つの個室にすることも可能ということでした。

3つある盤古殿の完全個室

3つある盤古殿の完全個室

3つある盤古殿の完全個室

3つある盤古殿の完全個室

3つある盤古殿の完全個室

3つある盤古殿の完全個室

店舗情報

盤古殿コレド日本橋店は、コレド日本橋のレストランフロア4階です。

  • 住所:〒103-0027 東京都中央区日本橋1丁目4-1 コレド日本橋 4F
  • 電話番号:03-6281-9991
  • 公式サイト:https://coredo.bankogroup.jp/

飲み放題付きの宴会コース

盤古殿のおすすめは、なんといっても宴会コース料理です。アラカルトで好きなお料理をオーダーするのもおすすめですが、複数人で訪れて盤古殿の味を隅々まで味わえる宴会コースが一番の人気メニューということでした。

完全個室は大人気で、予約がなかなかおさえられない事もあるそうなので、早めのご予約がおすすめです。

キャンペーンも随時実施中とのことなので、気になるコースをぜひチェックしてみてください。一利用ユーザとしては、北京ダックを絶対に食べてもらいたいので、北京ダックがセットになった6,000円以上のコースがとてもおすすめです。

5,000円宴会コース

5,000円コース

6,000円宴会コース

6,000円コース

7,000円宴会コース

7,000円コース